ホーム > 雑記

雑記のアーカイブ

ソフトバンクからMVNOのmineo(マイネオ)に乗り換えてみた感想

  • 2018年12月12日 10:52 AM
  • 雑記

使っていたスマートフォンのキャリアを、ソフトバンクからMVNOのmineo(マイネオ)に乗り換えて使ってみたので、感想を書いてみます。

ソフトバンクから乗り換えた理由

ソフトバンクを解約して安いMVNOに乗り換えた理由はただ一つで、月額料金の安さです。

ソフトバンクを利用していたときは、毎月7000円〜8000円の月額料金を支払っていましたが、mineo(マイネオ)に乗り換えてから毎月2500円程度の月額費用ですむ計算になります。

実に半額以下の利用料金になっている計算になります。

ソフトバンクからMVNOに乗り換えると本当に、半額以下になって単純にお得なのか?

ソフトバンクからmineo(マイネオ)に乗り換えることで、半額以下の月額料金になりましたが、ここにはカラクリがあって、単純にまるまる半額安くなったというわけではありません。

ソフトバンクは、機種本体代金の割引でお得感を出している

ソフトバンクは携帯電話の機種本体の代金を2年縛りで本体代金を割引(実質無料)のような形にすることで、お得感を出しています。

例えばiPhoneは、シムフリーの新製品を買うと10万円くらいしますが、これはMVNOを利用している場合、機種代金は別なので

MVNOの場合
月額2500円×24 + 10万円 = 16〜17万くらい

ソフトバンクの場合
月額8000円×24 + 本体割引で実質無料 = 17万くらい

ということで、新機種の携帯電話を2年ごとに買い換えることを考えた場合、MVNOでもソフトバンクでも総費用にそこまで差はありません。
(もっとも、MVNOで2年毎に新製品を買い換える場合、旧製品を売ることで少しお得になると思いますが)

しかし、携帯電話を4年使う事を考えた場合

MVNOの場合
月額2500円×48 + 10万円 = 22万くらい

ソフトバンクの場合
月額8000円×48 = 38万4000円くらい

と、15万円以上MVNOのほうがお得という計算になります。

つまり、MVNOは、1つの機種を長く使い続ければ続けるほど、また、スマホ本体の機種料金が安ければ安いほどお得になります。

一方、ソフトバンクなどの3大キャリアは、2年ごとにiPhoneを最新機種に買い換えることを考えるとMVNOを比較してもそこまで遜色ある内容ではありません。

以上のことを考えて、どちらが自分に合っているかを考えてみるといいでしょう。

自分の場合は、これまではiPhoneを2年おきに新しくしていたのですが、やめてできるだけ長く使い続けることにしました(といっても、4年おきくらいになると思いますが)

そのため、今後はこれまでよりもトータルで見て安くなると思います。

また、機種をiPhoneの最新の機種でなくて少し古い機種で我慢したり、Androidにすればよりコストパフォーマンスはよくなるでしょう。

デメリットは何なのか

ソフトバンクからmineoに乗り換えたことによるデメリットは何があるか

1・月額容量

月額容量が、ソフトバンクのときは月7GBでしたが、一方でmineo(マイネオ)にすることで、月3GBの契約にしています。

そのため、月に利用できる容量は減っていますが、これまでの利用履歴を確認したところ、平均月2GBくらいの使用だったので概ね問題ないと思います。

これは、自分の使い方が、自宅のWi-Fiがメインで、キャリアでの通信はおまけだからです。

こでも、自分がどのくらい毎月使うかを考えて選ぶと良いと思います。

2・混み合っている時間の遅さ

次に、昼どきなど混み合っている時間に通信帯域が制限されて遅くなるという点についてです。

これは実際あると思うのですが、私の場合はほとんど気になりませんでした。

理由としては1と同じで、Wi-Fiでの使うのがメインでキャリアの通信はおまけ程度だからです。

これが自宅にWi-Fiがなしでキャリアがメインでとなると、また違ってくるかもしれません。

今のところ問題は上記の2点だけです。

値段以外でmineoにしてよかったこと

値段以外の点で、mineoにしてよかったことも使ってみると何個かありました。

1.未使用帯域を翌月に繰り越せる

現在の契約では月の帯域は3GBですが、使わなかった場合、未使用分を翌月に繰り越すことができます。
例えば、1GBしか使わなかった月は、余りの2GBは翌月に繰り越せるので、翌月は5GB使うことができます。
そのため、実質的には3GBよりは多く使えるイメージです。

2.テザリングが無料

ソフトバンクのときは、テザリングオプションが月額500円かかっていました。
mineoではテザリングオプションがなくてもテザリングが可能です。

3.専用の通話アプリを使うことで通話料金が安い

ソフトバンクは、ソフトバンク同士の電話での通話料金は時間帯によっては無料ですが、それ以外のキャリアに電話した場合、30秒20円の通話料金がかかります。

mineoの場合、普通に電話した場合キャリア関係なく30秒20円の通話料金ですが、専用の通話アプリ「mineoでんわ」を使って通話をした場合、30秒10円の通話料金になります。
また、この通話アプリも使い勝手はそこまで悪くありませんでした。

トータルで見た満足度:非常に高い

ソフトバンクからmineoに乗り換えてしばらくたちましたが、総合的に見て満足度は非常に高いです!

今のところ他のMVNOに替えようかとか、3大キャリアにしようかという不満はありません。

ポイントとして、自分の利用の仕方がWi-Fiメインか、そうでないかというのは重要なポイントとなると思うので、迷っている人はその点を踏まえて検討されてはと思います。

MacbookでマクドナルドのWi-Fiに繋がらなかったときの対応メモ

マクドナルドにMacbookを持っていって、繋がらなかったときの対応のメモです。

状況

Macbook Proをマクドナルドの無線LANに接続して、ブラウザを開く

ポップアップでマクドナルドのWi-Fiログインの画面が出てこようとするが、「証明書が無効です」と出てくる→証明書の設定と出てくるので、証明書の設定をクリックして、常に信頼にチェックを入れる

やはりポップアップが真っ白のままでログイン画面が出てこない

対応

ブラウザを開くと、ネットにはつながらないが、ブラウザの画面に「時計が遅れています」→「PCの時刻と時計が合っていません」というエラーが表示されていることを確認。

PCの時計設定を見ると、確かに1月1日になって時間とずれていた。

そこで、MacbookProのWi-Fiの設定をスマホとテザリングでスマホのネットワークにつなぎ直し、Macbookの時刻設定をネットにつなげて一旦合わせる

この後に再度マクドナルドのWi-Fiにつなぎ直すことで無事にポップアップでのログイン画面が表示されてつながるようになりました。

靴の臭いを取るのに冷凍、熱湯に浸すのを試してみた

  • 2018年12月10日 7:50 PM
  • 雑記

靴を毎日長いことはいていたら、臭いがついて自分でも少し気になるようになってしまいました。

靴の臭いを簡単に取る方法というのをネットで調べていると、「冷凍庫で1日冷凍すると菌が死んで臭いが取れる」という記述があったので試してみました。

1日冷凍してみた結果

1日靴を冷凍してみたところ、出した直後は臭いが確かになくなっていたのですが、しばらく時間が経つとまた臭いが少し戻ってきました。
つまり、冷凍したら臭いが消えるというのはでたらめで、菌は冷凍することで冷凍されている間は活動を停止するのですが、気温が戻ることで活動は再開されます。
臭いの原因は菌なので、冷凍したからといって菌が死ぬことはありません。(あくまで出した直後だけです)

熱湯に浸してみた結果

臭いの原因は菌ということは、逆に熱湯に浸すと菌は死滅するのでは?
ということで、煮沸した熱湯に靴を浸してみると臭いは消えるのか実際に試して実験してみました。

靴を鍋に入れて煮込む・・・というかんじではなく、煮沸したお湯に靴を数秒間浸してから抜き出すという程度です。
(さすがに煮沸まですると靴がおかしくなりそうなので)

熱湯は効果があった・・・しかし別の注意が必要

靴を熱湯を浸してみると、臭いが消えました。

これは、やはり一定以上の温度の熱で菌が死滅するからだと思います。

肉などの生鮮食品が、加熱すると安心というのと理屈は同じですね。

しかし、熱湯の熱は、靴の素材によっては、素材がおかしくなってしまうデメリットがあります。

私の試した靴では、靴の中敷きにしている素材がゴムのような素材だったので、熱で少し変形というか、歪むようなかんじになってしまいました。

こういうことがあるので、靴も素材を確認してふやけたりしそうであればやめたほうがいいでしょう。

しかし、臭いは乾かすと見事になくなりました。

靴は毎日同じ靴を履いていて蒸れたりすると臭いがつくのであくまで一時的な対処にしか過ぎないと思いますが、熱湯に浸すのは確かに効果があったので、臭いが気になる人は自己責任でやられてはと思います。

また、細菌は靴の中の何らかの汗や垢などを食事にしているようなので、単純に靴を何足か持っておいて、臭いが気になりだしたら予備の靴を準備しておいて、そちらに履き替えて臭いが取れるまで放置するのもおすすめです。
(というか、どちらかというと熱湯に浸すのも荒療治で素材に影響があるので、靴の臭いが気になる方は、できればそちらのほうがおすすめです)

絶食(ファスティング)を1日やってみた減量結果と体験の考察

  • 2018年11月19日 5:16 PM
  • 雑記

ダイエットをしたいと思っている人は思いと思いますが、運動やカロリー制限、◯◯食ダイエットなど様々な種類があります。

その中でも最もシンプルかつ短期間で見たときに効果が大きいと思われるダイエット方法は絶食(ファスティング)です。

当たり前ですが、食べなければ体重は減少します。

当たり前ですが・・・。

しかし、絶食をするのはおいしいものを目の前にしても我慢する意思が必要になり、またリバウンドにも注意が必要です。

かくいう私も常にダイエットをしているつもりにはなっているのですが、実際にファスティングをやった経験はなかったので、ものは試しと1日やってみたので、減量効果と体験について書いてみたいと思います。

水分のみは補給して、水分以外の食べ物は1日の間全く口にしませんでした。

運動は犬の散歩以外していません。

減量結果

まず、結果から書くと1日で0.8kg減という結果でした。

1日絶食すると1kg以上は減ると思っていたのですが、あまり大きく減少しなかったのに少しショックを受けました。

しかし、ダイエットをしていて、例えば野菜だけ食べて炭水化物はパン1枚なんていうダイエットをしても、1kg以上体重は減ることがあります。

そのため、計測誤差や前日に食べたものの影響、運動量など様々な要因があると思うので、日によっては1kg以上減ったり人によっては3kg以上減るなんていう人もいるかもしれません。

またファスティングをする日があれば、結果を追記したいと思います。

体験としてはどうだったか

この日は、前日はしっかりと食事をとっていたのもあり、日中は、例えばテーブルの上に置かれたコロッケを見てぐっと我慢するというシーンもありましたが、それくらいで寝る時までそこまで食べたいという気持ちが押し寄せてくることはありませんでした。

しかし、夜寝てから朝起きるまでの間にグーっという苦しさというか、理由はよく分からないのですが、何も食べていないからか空腹のかんじがあって少し辛かったのですが、ある程度時間が経ってすぎるとおさまって普通の状態に戻りました。

次の日、朝起きてもどうしても何か食べたいというかんじがあるかと思ったのですがそれほどではなく、ただ1日何も食べなかったので何かは食べたほうがいいだろうというかんじできちんと食事を取りました。

ホーム > 雑記

フィード

ページの上部に戻る