ホーム > 雑記 > 2019年10月1日の消費税増税対応メモ

2019年10月1日の消費税増税対応メモ

2019年10月1日の消費税関連の対応で、今後また消費税増税になったときのためにメモしておく。(何年後になるか分からないけど・・・)

やった作業

item Robot、EC-CUBE、楽天、Yahooショップとして稼働しているECサイトの消費税対応。

当日の作業

Yahooは勝手に変わってくれるとのことだったので、item Robot、楽天、EC-CUBEのサイトの更新。

item Robotの更新は楽。一括更新というのがあったので、税込みで一括で対応が終わった。

EC-CUBEも楽。SQLを準備しておいて実行するだけ。5分で終わったが、SQLの失敗が怖かったので、事前に十分にテストしておきつつ、データベースのバックアップは重要。

問題は楽天だった・・。

まず、item Robotから価格更新用CSVというのをダウンロードしてアップしてみると・・・。

エラーがでまくり。ろくに更新できない。

これには焦った・・・。「価格更新用CSV」って何なのよ。エラーが出て更新できないじゃん。何のための価格更新用CSVなのよ。

そして、item Robotのほうで色々試行錯誤してみて、必要な形式のCSVをCSVダウンロード項目設定から設定して何とかダウンロードすることに成功。

アップロードして、これで勝つる・・・!!

やっぱりけっこうエラーが出て撃沈・・・。

何なのよ楽天。エラーチェックが面倒すぎるんだよ。価格更新するだけなのになんで関係ない変なところでエラーがかかるのよ。いや、8割方は変更できたけど、2割くらいいろんなエラーが出て失敗してるし。

そこで作戦を変更。

事前に楽天の価格更新用のCSVをバックアップとしてRMSからダウンロードしておいたので、それを編集して更新をかけにいくことに。

しかし、またエラーと格闘。

しかも、商品件数が多いのもあってか、CSVをアップして結果が帰ってくるのに1時間以上かかる。

エラーが出てリトライするのに1時間半かかるとは。

そうやって格闘しているうちに朝になる。すでに消費税対応作業開始から6時間以上が経過。

困った、、、このままでは会社行くまでに終わらないよ!!

しかし、神が手を差し伸べてくれたのか、家を出るぎりぎり直前で30件を除いてアップ完了。その30件だけはお客さんに報告し、作業完了。

楽天がこんなに苦労するとは思いませんでした。

しかし、後で気がついたこととしては、そもそもお客さんサイトではitem Robotと楽天の価格が違う商品もあったので、最初からitem Robotから楽天にアップする流れは間違えていた。最初から楽天からダウンロードした価格変更用CSVをダウンロードし、それを上書きする作戦でいけばよかった。

今回の反省

  • 楽天のめんどくささをなめてた。
  • CSVは楽天からダウンロードして楽天にアップ
  • アップできるCSVフォーマットの検証はテスト商品で試してみて事前に要検証。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9936
トラックバックの送信元リスト
2019年10月1日の消費税増税対応メモ - ITblog より

ホーム > 雑記 > 2019年10月1日の消費税増税対応メモ

フィード

ページの上部に戻る