ホーム > cakephp | 技術系 > CakePHPのFlashComponentについて

CakePHPのFlashComponentについて

CakePHPのFlashComponentについての解説です。

公式サイトでは以下のページに解説があります。

フラッシュ

公式サイトの解説が分かりにくいので、自分流の解釈ですが、FlashComponentは、特定のメッセージをサイトで表示するのに使います。

Sessionに表示するデータを保存して、画面遷移後に表示することが可能です。

普通にエラーメッセージを表示する場合と比較すると、表示するメッセージを保存して、画面遷移後の表示に使う事ができる特徴があります。

使い方

Controllerで以下の定義

public function initialize() {

parent::initialize();
$this->loadComponent(‘Flash’); // Include the FlashComponent

}

表示したいデータを以下のように使う。

//成功した場合出力。リダイレクト後のページで表示される

successやerrorなどのテンプレートは、/sec/Template/Element/Flash以下にあるので追加や編集も可能。

$this->Flash->success(__(‘Your article has been saved.’));

$this->Flash->error(__(‘Unable to add your article.’));

テンプレートの以下の記述の場所にFlashメッセージが表示される

<?= $this->Flash->render() ?>

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9931
トラックバックの送信元リスト
CakePHPのFlashComponentについて - ITblog より

ホーム > cakephp | 技術系 > CakePHPのFlashComponentについて

フィード

ページの上部に戻る