ホーム > ゲーム > PS3

PS3のアーカイブ

ダークソウル2のメッセージの書き方

ダークソウル2でのメッセージの書き方についてです。

ダークソウル2では、メッセージの残し方が前作と変更されています。

スタートボタンでメッセージを開くと、「メッセージ」というメニューがあるので、そこからメッセージを書くことが出来ます。

メッセージの書き方

前作では、「オレンジ色のろう石」が必要でしたが、本作では必要なくゲーム開始直後からメニューからメッセージを書くことが出来ます。

自分が残したメッセージが他人に評価されると、ライフが少し回復します。

ダークソウル2でレベルアップの方法

ダークソウル2で、レベルアップの方法についての解説です。

ダークソウル2では、ゲーム開始後少しの間は、ソウルを入手してもレベルアップすることができません。

レベルアップは、最初のエリアである「隙間の洞」を抜けて次のエリアの「マデューラ」に到着し、マデューラにある篝火の近くに立っている女に話しかけると、エスト瓶を入手した上で、レベルアップが可能になったと表示されます。

これ以降、マデューラにある篝火に転送したときやロストしたとき、篝火の前に女(緑衣の巡礼)がいるようになるので、話しかけるとソウルを払ってレベルアップが可能になります。また、ここでエスト瓶を強化すことも可能です。

ドラッグオブドラグーン3の評価

ドラッグオブドラグーン3 評価

PS3で発売されたスクウェア・エニックスのアクションゲーム「ドラッグオブドラグーン3」のプレイをしたので感想を書こうと思います。

Amazonなどのレビューを見ると軒並み低評価ですが、実際にプレイしてしてみた感想としては、大体同じようなかんじです。

決してクソゲーっていうこともないんですが、なんだか普通で、ゲームが、プレイしていて平坦なかんじなのです。

グラフィックはそこそこ綺麗で、マップを進んでいき、現れた敵をアクションで倒していく。
感覚的には、現れる敵こそ少なめですが、無双ゲーに近いようなイメージです。

で、ストーリーを進めながら武器を強化していき、ミッションなども進めていくという。

ストーリーはこのシリーズの特徴として、ダークな世界観ではあるのですが、3の特徴としては、会話に下ネタが多いということです。
荒廃した性とでもいうのでしょうか、そういうかんじです。

でまあ、ゲームをしていて個人的にはそれなりに楽しめるのでクソゲーっていうほどともないのですが、何かこう、ゲームに強く引き込まれるものがないんですよね。
全て予想の範囲内で、ただ淡々と敵を倒していくだけで作業感だけがあるというか、、。

このゲームの最初の作品のドラッグオブドラグーンが評価されていたのは、その限りなく鬱な世界観とストーリー性だったと思うのですが、本作ではその部分もそこまで引き込まれるようなかんじではないです。

個人的評価:★★★☆☆ 3/5

クソゲーってこともないですが、あえて買ってプレイするまではないかなというかんじでした。

The Last of Us(ザ・ラストオブアス)プレイ評価/感想/レビュー

ラストオブアス感想

6月20日にPS3で発売されたソフト「The Last of Us(ザ・ラストオブアス)」をプレイしたので感想を書こうと思います。

まだ、クリアはしてないですが、途中まではプレイしたので。現在プレイ時間は10時間ほどです。

海外で神ゲーだと評価が高く事前から好評判だった本作ですが、プレイしてみた結果、やはり素晴らしい作品であると思いました。

まず、最も評価出来る点が、グラフィックの美しさです。

そもそも、私は個人的にゲームはグラフィック派ではないのですが、このゲームは、個人的にはこれまでプレイした、どのゲームよりも神グラでした。
ムービーが綺麗とかリアルさとかそういうこともあるのですが、演出が非常に上手いのです。

建物への光の差し込み方とか、植物の自生の仕方とかがとてもリアルに描写されていて、ため息が出るほど美しくなるような背景などが多いです。
なんというか、ゲームというよりも、芸術作品じゃないのか?というような描写が各所であり、それも手抜きされている箇所がそれほどなく、濃密なかんじがします。いくら私がゲームがグラ派ではなくても、ここまで綺麗だと、さすがに感嘆させられます。

そして、ゲーム性自体は、神ゲーというほどではないのですが、それでもホラーゲームとしては十分良ゲーに入る部類です。
少なくとも、個人的にはバイオハザード6よりは面白いと思いました。

途中でけっこう難しくて何回も死ぬ箇所もあるのですが、気軽に直前のチェックポイントから何回もやり直せるので、繰り返し攻略すれば確実に攻略も進めて行けます。

ストーリーに関しても、濃密なストーリーで引きこまれます。
が、ちょっとというか、かなり暗めで救いがないかんじなのでちょっと辛いです。
特に最後のほうはなんだか辛いです。

Amazonではけっこうネガキャンもされているようですが、単にネガキャンがしたいだけの人か、前評判が良すぎたので期待しすぎた結果がっかりしたのか、どちらかという気もします。

PS3の到達点ともいえるような、素晴らしい作品だと思うので、ゲーム好きな人でホラーゲームに抵抗のない人は是非プレイして貰いたい一作です。

グラフィック ★★★★★ 5/5 文句なし!
ストーリー ★★★★☆ 4/5 濃密なストーリーでなかなか引きこまれますが、暗め。
ゲーム性、熱中度 ★★★★☆ ゲームとしても十分楽しめる

といったところで、「非常に濃密グラフィックの、PS3の最高峰の作品の1つ」といったところで、評価をしておきます。

「ゴッドイーター2」の製品版にデータを引き継げる体験版が7月25日から配信!

ゴッドイーター2の体験版の配信が7月25日から開始!

6月8日に行われたニコニコ生放送で、ゴッドイーター2の製品版にデータの引き継ぎができる体験版の配信が7月25日から行われることが明らかになりました。

なお、PSVitaの体験版が7月25日、PSPの体験版が8月1日から配信されるということです。

7月末に体験版配信ということで、製品版の発売はいつになるのかが気になりますね。
ソルサク体験版の配信が12月20日で、製品版が3月7日(体験版から約3ヶ月後)だったということを考えると、発売は11月か12月といったところでしょうか。
個人的には9月はモンハン、10月ポケモン、11月はFFとあるのでGE2は12月末の年末商戦あたりでいいなあ。
モンハン4の体験版も来てほしい!

PSP/PS Vita「GOD EATER 2」PV TGS2012フルバージョン

「ライトニングリターンズFF13」の発売日が11月21日に発売決定!

ライトニングリターンズFF13の発売日が11月31日に決定!

開発中のスクウェア・エニックスの新作ソフト「ライトニングリターンズ・FF13」の発売日が、2013年11月21日(木)に決定したと発表がありました。

『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』発売日が11月21日に決定、数量限定BOXも【動画追加】 – ファミ通.com

スクウェア・エニックスは、2013年秋発売予定としていたプレイステーション3、およびXbox 360用ソフト『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』の発売予定日を2013年11月21日(木)と発表した。価格は7770円[税込]。スクウェア・エニックス e-STOREでは、数量限定で『ファイナルファンタジーXIII-LIGHTNING ULTIMATE BOX-』も発売される。

ライトニング リターンズ FFXIII [E3 Trailer (日本語版)]

ライトニングリターンズFF13公式サイト
https://www.square-enix.co.jp/fabula/LightningReturnsFFXIII/

このゲーム、興味が無いわけじゃないんだけど、発売日が11月だとモンハン4(9月)とポケモンXY(10月)がまだ終わってなくてプレイする時間がない気がする。
GE2も年末っぽいし、今年は後半はやるゲームが多すぎる気が。いいことなんだけどもうちょっと発売日がばらけてほしいよね。
ちなみに、このゲームってどんな位置づけのゲームなのかがいまいち分からない。FF13-2の続編っぽいかんじなんですかね?
FF13-2は最後のほうまでは進めたけどクリアしてないままだなあ、、、。

「ザ・ラスト・オブ・アス」の海外レビューが満点続出?スカイリム以来の神ゲーか

TheLastOfUs

日本での発売日が6月20日(海外での発売日は6月14日)となっている新作ゲーム「THE LAST OF US(ザ・ラスト・オブ・アス)」の海外でのレビューが、かつてないレベルの高得点を出しているようです。

ローンチが迫る「The Last of Us」の海外レビューが解禁、プレイ必須の傑作として満点続出の高い評価を獲得 « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

IGN:10/10
Polygon:7.5/10
CVG:10/10
Eurogamer:10/10
Digital Spy:5/5
Game Informer:9.5/10
Gamesradar:5/5
Destructid:10/10
OPM:10/10
Videogamer:10/10
Edge:10/10
GameSpot:8/10
Giantbomb:5/5
guardian.co.uk:5/5
Telegraph:5/5
Forbes:9.5/10
TheSixthAxis:10/10
NowGamer:8.5/10
Gamingbolt:10/10
Vandal.net:9.8/10
The Mirror: 5/5
Push Square:10/10
Godisageek:10/10
Multiplayer.it (Italian):9.7/10
Gameblog.Fr:5/5
Zing.cz:8/10
Everyeye (Italian):10/10
Gamekult:9/10
Jeuxvideo.com (France):19/20

海外レビューは結構辛口なので、ありえないくらい高い点数。
絶賛レビューされていて記憶に残っているスカイリムよりも高いような。
確かに、このゲームのグラの気合の入り方は最近の洋ゲーの中でもトップクラスというかんじがします。
日本でスカイリムが20万本だったから、神ゲーだったら日本でも口コミで20万本くらいは売れるかもですね。
でも、開発のノーティドッグっていう会社はアンチャシリーズを開発してる会社で開発力に関してはすごいんでしょうが、個人的にアンチャーテッドシリーズはそこまで好きではないのです。ただここまで評価が高いとさすがにゲーマーとしては買いな一作かもですね。

The Last of Us TGS 2012 PV 日本語吹き替え版

ドラゴンズドグマダークアリズンプレイ評価/感想/レビュー

ドラゴンズドグマダークアリズンレビュー

ドラゴンズドグマダークアリズンを購入してプレイしたので、レビューを書こうと思います。

購入したのはPS3版で、プレイ時間は20時間程です。

まず感想としてですが、面白かったです。

新しい冒険の舞台として「黒呪島」が加わることで、今回のダークアリズンが、ようやくドラゴンズドグマの「完全版」かなというかんじがします。

Amazonとかのレビューを見てみると、前作をプレイ済みの人からすると前作のDLCコンテンツのような内容に4000円も取るなという批判もあるようですが、個人的には、追加コンテンツの黒呪島が面白かったのでそういった感想はなく、満足できました。

また、追加コンテンツとして黒呪島が追加されただけでなく、ボイスは日本語に吹き替えがされたり、戻りの礎を複数入手でき移動がしやすくなったりと、前作のストーリー部分もより楽しみやすくなっているようです。

また、タイムアタックやハードモードでのチャレンジなど、よりやり込みたい人向けのコンテンツも追加されているようです。

黒呪島はレベルが高い人であればあっさりクリアできてしまうかもしれないので物足りない人もいるかとは思いますが、個人的には追加されたモンスターとのバトルや収集要素なども含めて十分楽しめているので、満足です。

あと、主題歌の「Coils of light」もよかったです。前回のB’zよりはあってると思うw

いい点だけでなく、不満に思った点もあげておきます。

・ カスタムスキルEXが指輪を装備しないと使えないのが微妙。装備スロットがもったいないので、せっかく入手しても使いづらい。
・ シークレットスキルが増えたのはいいが、スキルのスロットは増えていないので、結局付けるスペースがない。

個人的評価:★★★★★ 5/5
本作こそが完全版のドラゴンズドグマというかんじです。値段も4000円ほどでそこまで高くはないと思うので、おすすめです。

最新PV(主題歌「Coils of Light」)

エルダーオーガ攻略 | ドラゴンズドグマダークアリズンプレイ日記

エルダーオーガ

ドラゴンズドグマダークアリズンで、エルダーオーガの攻略です。

エルダーオーガは死骸を糧にし、黒呪島内に生息する、オーガの上位モンスターです。

見た目はオーガなのですが、HPや攻撃力などの各種パラメータがオーガよりもはるかに高い強敵です。

エルダーオーガは、黒呪島内を探索していると、突然周りが暗くなったようになり、煙の中から出現してくることがあります。
そのため、ランダムで出現するといっていいので、狙って出現させようと思った場合、黒呪島内で入手できる「誘引の腐肉」を使うとエリア内に高確率で出現します。

必ず倒す必要はないので、出現したときに余裕が無い場合は逃げてしまっても問題ないです。

オーガは女性キャラを狙ってくる特徴があったのですが、エルダーオーガはそれとは反対に男性キャラを狙ってきます。

注意が必要な攻撃としては、つかまえてきてかぶりつかれる攻撃は、体力がすごい勢いでなくっていき仲間に救出してもらわないと、高確率で死んでしまうので特に注意が必要です。

また、HPが少なくなってくると攻撃も凶暴さを増してきます。

エルダーオーガの弱点は雷ですが、HPがとにかく高いので、ソーサラーの「ヴォルテクスレイジ」が有効でした。
ヴォルテクスレイジ1発で4本前後のライフゲージを削ってくれたので、ヴォルテクスレイジを2発も入れば簡単に倒せると思います。

普通に戦おうと思った場合、こちらの攻撃力がかなり高いのではない限り、HPが高いので削るに苦労すると思います。

囚人ゴアサイクロプス攻略 | ドラゴンズドグマダークアリズンプレイ日記

ドラゴンズドグマで、囚人ゴアサイクロプスを撃破しました。

ゴアサイクロプス
はじめは繋がれています。怖い、、、。

囚人ゴアサイクロプスは、黒呪島のマップ「逢魔の螺旋」で、はじめは鎖に繋がれていて、襲って来ません。

攻撃をこちらからしない限りは鎖に繋がれたままなのですが、こちらから攻撃をして怒らせると、鎖を引きちぎって暴れだします。
あるいは拘束具に攻撃をしても、壊れて暴れだします。

ゴアサイクロプスは必ず倒さないといけなモンスターではないのでスルーしても問題ないのですが、倒すと素材や黒呪アイテムなどを入手できます。

それで、倒し方なのですが、、

せこいことに、ひたすら階段の上から弓矢で狙撃してました。

というのが、ゴアサイクロプスの攻撃力が高く、ポーンが瞬殺されてしまったため、階段の上からひたすら弓矢で1時間ほどペチペチと攻撃しつづけ、撃破。これならたしかに安全に倒せます。

ひたすら安全地帯から狙撃

ひたすら安全地帯から狙撃

階段を登って、攻撃が届かない場所から弓矢や魔法で攻撃するとノーダメージで倒せます。

しかし、時間がかかりすぎるので、攻撃力に自信のある方でないとおすすめしません。
自分の場合はレベル70で、アサシンで弓矢で攻撃し続け、1時間くらいこの方法でかかりました。

また、この方法の場合、スキル「孤高」をつけて、自分以外は全員死なせておいたほうが効率がいいと思います。
また、ゴアサイクロプスは雷が弱点のようなので、ポーンに「サンダーギフト2」で雷属性をつけてもらって攻撃をするのもいいと思います。

いかんせん地上で戦った場合、ポーンが瞬殺されてしまいきりがなかったので、仕方なくこの方法で撃破しました。

もうちょっと強くなったら、正攻法での攻略も研究してみたいと思います。
ソーサラーのポーンが攻撃魔法を使ってくれたら楽だったと思うのですが、何故かポーンのソーサラーはたまにしか魔法を使ってくれないので、ほぼ自分の弓でのみ削りました。

※追記
今度は、階段から降りて地上戦で挑んでみました。
こっちのパーティは、アサシンと、ソーサラー*2、メイジです。

で、ソーサラーがメテオフォールとかヴォルテクスレイジなどの大魔法をけっこう使ってくれたのもあり、時間的には弓だけで狙撃するよりも降りて戦ったほうが楽だったのですが、やはりどうしても多く攻撃をくらってしまい、かなり大量の回復アイテムが必要となってしまいました。

被弾覚悟でも短時間で倒したい場合は回復アイテムを多く持ち込んで地上で戦い、回復アイテムに不安がある場合は上から弓などで狙撃して戦うといいのではないかと思います。

なお、一撃で死ぬ場合もけっこうあるので、復活できる竜の鼓動は5個くらいは持ち込んでおくことを推奨しておきます。

ちなみに、つながれていない、普通のゴアサイクロプスも黒呪塔内で出現するのですが、そちらは囚人サイクロプスに比べると大きさも小さくHP、攻撃力、防御共に弱いです。

ゲイザー攻略 | ドラゴンズドグマダークアリズンプレイ日記

ゲイザー

ドラゴンズドグマダークアリズンで、ゲイザーを撃破しました。

ゲイザーが出現するのは、「真理の虚しきを知る祠」というマップ。

このゲイザーというモンスターは、巨大な一つ目のモンスターなのですが、堅い外装に覆われていて、目に攻撃をしないと攻撃が通りません。

なので、自分のジョブはアサシンだったので、弓の「連なり矢2」でひたすら目を攻撃。

ゲイザーの攻撃で最も注意が必要な攻撃は、目を光らせて様々な状態異常にしてくる攻撃。

様々な状態異常にしてくる目の光

この目の光を浴びてしまうと、様々な状態異常になってしまい、「万能薬」を使って治療をしました。
(万能薬をたくさん持ち込んでいたので助かりました。)

この目を光らせてくる攻撃は、障害物を盾にすると防御することができるので、階段の下まで降りて柱に隠れるといいかんじでガードできました。

その他に、触手でも攻撃をしてくるのですが、この触手での攻撃は、事前に地面の色が変わるので分かります。

また、毒の胞子なようなものをフィールド上に浮遊させてきたり、とにかく状態異常によくしてくるので、「万能薬」をはじめとした、状態異常対策のアイテムを多く持ち込んでおくといいでしょう。

また、ライフが減ってくると、自分の前に光の玉のようなものを出してきて、そこから周辺に強力な範囲攻撃をしてきます。
この攻撃に対して危険を顧みず突進していったポーンたちはのきなみ全滅してしまいました。

自分はアサシンなので、とにかく矢で目への攻撃を連発。近接キャラでも、しがついて登ることで、ゲイザーの弱点の目を攻撃できます。

ゲイザー戦は、とにかく万能薬をたくさん消費するボス戦でした。しかし、面白かった! こんな手の込んだボスが他にもたくさんいればいいですね。

そしてゲイザーを倒して下の部屋へと進むと地上へのショートカットが開通しました。
ゲイザーを倒さないと下の階へと進めないので、先に進むには戦うことが必須のボスだといえそうです。

黒呪島の場所と行き方 | ドラゴンズドグマダークアリズン攻略

ドラゴンズドグマダークアリズンで、黒呪島への行き方についてです。

ダークアリズンでは、追加の冒険の舞台として黒呪島へいけるようになっているのですが、行き方としては、夜のカサディス(初期の村)で浜辺に近づくとイベントが起き、海の近くの船着場?にオルガという謎の女性が出現するので、話しかけることで黒呪島へと連れて行ってもらうことができます。

夜のカサディスで、オルガに話しかけると黒呪島へと連れて行ってもらえる

オルガの場所

※データ引き継ぎなしの人は、はじめにメインポーンを仲間にできるようになったあといけるようになるようです。

ダークソウル2の最新のプレイ&インタビュー動画が公開。これは期待できそう。

海外のIGNゲームサイトで、ダークソウルの最新のプレイと、インタビュー動画が公開されました。

プレイ動画

インタビュー動画

<インタビューの内容を一部抜粋>
・ ゲームの没入感を高めるために、グラフィックの向上は1つの目標として取り組んでいる
・ プレイヤーが何かアクションを起こすことで、マップや敵が何かリアクションを起こす
・ ダークソウルの2つの重要なコンセプトは「困難を乗り越えた達成感」「他のユーザとのゆるいつながり」
・ UIについては見直しは行なっているが、基本的には前作をベースをユーザの声を反映させたもの

動画を見てみましたが、前作の神ゲー「ダークソウル」の路線はしっかりと継承していているようで、ファンとしては嬉しい限りです。

グラフィックはそもそも前作自体もよかったのでそこまで大きく変化しているようにも見えませんが、鎧や皮膚の光沢や毛の細かさなど、確かによりリアルになっているようなかんじもします。

個人的には、前作までのディレクターだった宮崎氏が今回全面的には関わっていないということが最も気になる部分ですが、このシリーズのすごいところは、難易度の絶妙さと、世界観だと個人的には思います。
ダークソウル2も前作と同様か、超えるような素晴らしい作品になってぜひともほしいところですね。

ワンピース海賊無双2 DLC(ダウンロードコンテンツ)一覧

ワンピース海賊無双2で、DLC(ダウンロードコンテンツ)について、一覧にまとめました。

現在は第三弾までが登場しています。
有料のものがほとんどですが、中には無料のものもありますので、課金する気がない人でも一度見てみてはいかがでしょうか。

DLCコンテンツ名 価格 配信日
「ワンピース海賊無双2」2013年4月17日配信セット 800円 4月17日
追加コスチュームウソップ着物ver 無料 4月17日
チャレンジシナリオ「最後の任務」 100円 4月17日
チャレンジシナリオ「最強能力種決定戦」 100円 4月17日
ロビン追加衣装「戦国無双甲斐姫」 350円 4月17日
ナミ追加衣装「戦国無双 くのいち」 350円 4月17日
ハンコック追加衣装「真・三國無双貂蝉」 350円 4月日
ペローナ追加衣装「真・三國無双王元姫」 350円 4月10日
チャレンジシナリオ「お宝いただきクイズ」 100円 4月10日
チャレンジシナリオ「七武海の集合地」 100円 4月10日
追加コスチュームサンジ着物ver 無料/td>

4月10日
「ワンピース海賊無双2」2013年4月10日配信セット 800円 4月10日
「ワンピース海賊無双2」2013年4月3日配信セット 1000円 4月3日
追加コスチュームゾロ着物ver 無料 4月3日
チャレンジシナリオ「地震雷火事オヤジ」 100円 4月3日
チャレンジシナリオ「迫り来るメカ軍団!」 100円 4月3日
三國無双コラボ衣装 星彩ロビン 350円 4月3日
三國無双コラボ衣装 孫尚香ナミ 350円 4月3日
「ワンピース海賊無双2」2013年3月28日配信セット 1000円 3月28日
追加コスチュームルフィ 侍ver 無料 3月28日
「ワンピースフィルムZ」に登場するサンジの決戦服コスチューム 350円 3月28日
「ワンピースフィルムZ」に登場するゾロの決戦服コスチューム 350円 3月28日
「ワンピースフィルムZ」に登場するルフィの決戦服(コートなし)コスチューム 350円 3月28日
チャレンジシナリオ「共闘!パンクハザード」 無料 3月21日

今後追加があり次第、追記する予定です。

ワンピース海賊無双2プレイ 評価/感想/レビュー

ワンピース海賊無双2プレイ 評価/感想/レビュー

今更感もありますが、3月20日に発売されたワンピース海賊無双2をプレイしたので、感想を書こうと思います。

購入したのはPS3版で、プレイ時間は20時間ほど、メインエピソードはクリア済みです。

巷では、ワンピース海賊無双1はDLC商法などで評判が悪く、海賊無双2はそれなりに評価が高かったみたいですが、評判通りなかなか面白かったです。

ゲームのボリュームとしては、メインストーリー(DLC除く)のクリアだけだと10時間~20時間くらいでクリア出来るボリュームですが、使用できるキャラクターの数がとにかく多い。
ストーリークリア後にも使えるキャラクターの数が増え、全てのキャラクターを出現させようと思えば、かなりの時間が必要となると思います。
それぞれのキャラクターごとに使える技の種類も豊富なので、多くのキャラクターの多彩なアクションを楽しむことができます。

ゲームとしてもメインのストーリーを一人でプレイするだけでなく、救援というシステムを使ってネットワーク上の別プレイヤーと協力してプレイすることができたり、ネットワークモードで遊ぶことも可能です。

メインストーリーだけでなく、キャラクターのコンプリート、ネットワークでの対戦など遊び方も多彩で、とにかくボリュームが多いのでたっぷりと楽しめるゲームとなっていると思います。

あと余談ですが、個人的にワンピースは読んだことがなく全く詳しくなかったのですが、ゲームを通じてこういうキャラがいるのかとか詳しくなったというのがありました。キャラに魅力があるので、人気があるマンガなんだなということが認識できました。

個人的評価:★★★★★ 5/5 おすすめ!
キャラゲー+無双ゲーとしてはよくできていますが、普通の無双ゲーなので★4つといったところですが、ボリュームがたっぷりで長いこと遊ぶことが出来るものなので、★5つとしました。おすすめです。

PS3版

Vita版

ドラゴンズドグマ ダークアリズン体験版感想

ドラゴンズドグマダークアリズン体験版感想

4月25日発売予定の「ドラゴンズドグマダークアリズン」の体験版が本日4月2日からPS Storeからダウンロードしてプレイできるようになっているので、早速ダウンロードしてプレイしてみました。
(ゲームPS3/XBOXで発売されますが、現在のところ体験版がプレイできるのではPS3のみです。)

体験版の内容としては、プロローグのキマイラ戦から、序盤のゲーム開始からハイドラ戦までをプレイできるようになったというもの。

前回のドラゴンズドグマの体験版では、キマイラ戦までしかプレイできなかったので、キマイラ戦からハイドラ戦までがプレイできるようになっているので、体験版のボリュームとしては増えています。

また、ゲーム開始からはただ単にストーリーを進めるだけでなく、クエストを受注して進めたり、店で買物をしたりと、最初の町では製品版と同じくなんでも出来ます。また、体験版のデータに関しては製品版へそのまま引き継ぎが可能です。

ただし、本体験版でのダークアリズンならではの追加要素というのは、ボイスが日本語になっているということと、キャラクターエディットのパーツが増えているという程度。
また、ドラゴンズドグマ製品版のセーブデータがすでにある場合は、そのデータがダークアリズンのデータに引き継ぎがされるようなので、この体験版をプレイする意味はそんなにありません。

そのため、既にPS3版のドラゴンズドグマをプレイしている人は、日本語のボイスを聞くために本体験版をやるようなものなので、あまり体験版をプレイするほどの意味はないかもしれません。

一方で、まだドラゴンズドグマをプレイしたことがないという人で興味がある人は、データの引き継ぎも可能なので、ゲームがどんなかんじかよく分かると思うので、是非体験版をプレイしてみてはいかがでしょうか。

ルフィの技一覧 | ワンピース海賊無双2攻略

ワンピース海賊無双2の攻略で、ルフィの操作や技一覧です。

□長押し

後に続く連続攻撃の威力や範囲を強化する(オススメ

△長押し

後に続く連続攻撃の威力や範囲を強化する(オススメ

□□□□□ ゴムゴムの巨人の銃

巨大化させた腕で前方を攻撃する(オススメ

スタイルアクション□□□□□ ゴムゴムの象銃

巨大化させた腕を武装色硬化させ前方を攻撃する(オススメ

□△ ゴムゴムの戦斧

伸ばした足で前方を強力に踏みつける △長押しで強化可能(オススメ

スタイルアクション□△△ ゴムゴムの銃乱打

浮かせた敵に拳の乱打を浴びせる(オススメ

□□△ ゴムゴムの連接槌矛

腕を振り回して周囲の敵を攻撃する

スタイルアクション □□△△ ゴムゴムの連接槌矛

腕を振り回して周囲の敵を攻撃する

△△△ ゴムゴムの鞭

回し蹴りで周囲を攻撃する

△□

敵をつかみ、地面に叩きつける

スタイルアクション△□□ ゴムゴムの瞳

敵を空中に投げ、強力な頭突きで吹っ飛ばす(オススメ

△△□ ゴムゴムの銃弾

前方の敵を殴りつけて立ち上げる □長押しで強化可能

スタイルアクション △△□□ ゴムゴムの風車

打ち上げた敵をつかみ、振り回して吹っ飛ばす

必殺技ゲージ1○ ゴムゴムの火拳銃

腕を武装色硬化させ、前方に炎をまとった衝撃波を放つ

スタイルアクション○ ゴムゴムの暴風雨

体をふくらませて勢いをつけ、上昇しながら拳の乱打を浴びせる

R2 ゴムゴムのJET銃

高速のパンチで前方を攻撃する R2長押しで強化可能

スタイルアクションR2 ゴムゴムの蛇銃

武装色硬化させた腕を前方に伸ばして攻撃する

R1 スタイルアクション

スタイルアクションを発動する

☓ 回避

敵の攻撃を回避する

☓長押し ダッシュ

高速で移動する

攻撃中に☓ チェイン

連続攻撃を途切れさせずに敵との距離を詰める

L1 カメラリセット

プレイヤーの背後に視点を移動する

スタイルアクションとは | ワンピース海賊無双2攻略

ワンピース海賊無双2の攻略で、「スタイルアクション」についてです。

スタイルアクションとは、スタイルゲージをためることで、「R1」ボタンを押すことで発動できます。

スタイルアクションとは、スタイルゲージをためることで、「R1」ボタンを押すことで発動できる
↑キャラの顔の左側にある赤いゲージがスタイルゲージ。マックスまで貯まることでR1を押すことで「スタイルアクション」を発動できる。

キャラクターは「アタッカースタイル」「テクニカルスタイル」のどちらかに属していて、スタイルアクションを発動することで一定時間攻撃力が上がったり、連続攻撃を出しやすくなったり、技が通常と変化したりします。

例えばルフィであれば、通常では□ボタンの連打で「ゴムゴムノ巨人の銃」が発動しますが、スタイルアクション発動中であれば「ゴムゴムの象銃」に変化します。

アタッカースタイル

発動すると、攻撃力や敵を吹き飛ばす能力が大幅に強化される

テクニカルスタイル

超感覚が発動し、敵がスローモーションで見えるようになる

メタルギアライジングプレイ評価/感想/レビュー(クリア済み)

メタルギアライジングレビュー

メタルギアライジングをノーマルモードをクリアしたので、感想を書こうと思います。
(メタルギアシリーズとしては、4のみクリア済みです。)

感想としては、普通に面白かったです。

まず、似たようなジャンルのゲームとして、最近プレイしたのが「バイオハザード6」「DMC デビルメイクライ」とこの「メタルギアライジング」なのですが、その3作の中では、明らかに一番メタルギアライジングが面白かったです。

個人的にはバイオハザード6が「凡作」、DMC デビルメイクライが「佳作」だとすれば、このメタルギアライジングは「秀作」というかんじがしました。
(ただ、「傑作」までいっているかというと、そこまでは至っていないような気がしますが)

まず、メタルギアライジングのどの点が優れているのかというと、まずは映画的な演出です。

個人的には、映画的な路線を重視したゲームというのはあまり好きではないのですが、唯一といってもいい映画的な作風がいいと思える作品がメタルギアシリーズです。 何故かというと言葉で説明するのが難しいのですが、一言でいえば「センス」です。

メタルギアライジングでも、メタルギア4ほどのストーリーの重厚さはないですが、それども小島監督ゲームらしい演出がゲームの随所に光ります。
随所に挿入されるムービーが見ていて引きこまれます。アクションシーンもただ激しいだけでなく、とても色気があってかっこいいです。

また、アクションゲームとしての面白さも感じました。
最初は操作になれずとっつきにくくかんじたのですが、やりこめばやりこむほど斬撃の爽快感や面白さが増してきました。
自分自身のプレイスキルも序盤に比べて終盤になると上がってきて様々なアクションができるようになってきたり、敵を素早く撃破できるようになって楽しくなってきます。
また、激しいアクションだけでなく、途中では従来のメタルギアシリーズのようなステルス的な要素もあります。

また、武器も途中で種類が増えてきたり、スキルも1周目ではコンプリートできないので、クリアすると2周目をプレイしてみたいという気持ちになります。

また、良い点だけではなく、マイナス面だと思う点も上げておきます。

それは、ラストのストーリーの失速気味です。途中にでてくる宿敵の「サムエル」なんかは非常によいキャラだったのですが、実質的なラスボスのキャラクターがあまりにも感情移入できずに魅力のないキャラクターだったので、どうも最後が今ひとつ盛り上がりませんでした。(最後が今ひとつ落としきれていないというように感じました。)

また、難易度は従来のメタルギアシリーズに比べると、特にボス戦が難しいので、アクションが苦手な人にとってはストレスを感じる部分はあるかもしれません。

ただ、総合的に見ても、最近でたアクションゲームの中では非常に良い出来だと思うので、メタルギアシリーズのファンの人もそうでない人も、プレイしてみる価値はあると思います。

総合評価:★★★★★ 5/5
ややマイナス面も感じましたが、それでも十分良作なゲームだと思いました。
ここ最近プレイしたアクションゲームの中では一番です。

【メタルギアライジング】「メタルギア・エクセルサス」戦攻略

メタルギアライジングで、「メタルギア・エクセルサス」戦の攻略です。

第一形態

あまりにも巨大すぎるロボットのような敵なので、どうしたら良いのかと思いますが、第一形態では、相手の繰り出す攻撃アームでの攻撃「すべて」がシノギでガードできます。

そのため、基本的にはすべて「シノギ」でガードしつつ、アームに攻撃を加えてダメージを与えていきます。

ある程度ダメージを与えると斬撃モードのチャンスになるので、次のモードへ移行します。

第二形態

ここで一旦チェックポイントになります。
月光を2体呼んできますが、本体が発射する火炎放射で月光は勝手に自滅するので、火炎放射を避けることだけに専念しておけばいいです。
ライフが少ない場合は、火炎放射を回避した直後に月光を斬撃モードで攻撃することで、斬奪でライフを回復できます。

火炎放射を3回ほどやりすごすと、第一形態と同じ行動パターンに移行するので、あとはシノギでしのぎつつダメージを与えていけば、斬撃モードのチャンスになるので、勝利です。
(その後は、画面表示にしたがってコマンドを入力していけばいいです。)

【メタルギアライジング】「サムエル」戦攻略

メタルギアライジングで、今回の雷電の宿敵ともいえるボス「サムエル」の攻略です。

第一段階(刀モード)

相手が構えているところを攻撃しても回避されて攻撃がなかなかヒットしません。

基本的には「シノギ」で攻撃を防ぎながら、ある程度攻撃してダメージを与えてからシノギをすると斬撃のチャンスができるので、斬撃モードで刀を持った手に斬撃くわえます。(攻撃するポイントはマークがでます。)

すると、刀をはじきとばすことができて、素手モードに移行します。

第二段階(素手モード)

刀がなくなって素手モードになりますが、基本は同じです。
とにかくシノギで攻撃を防ぎながら、攻撃を少しずつ当てていきます。

ただし、刀モードの時に比べると隙が少なく攻撃があてにくくなっていますが、攻撃のパターンは比較的単純なので、しのぎつつ隙を見て攻撃をいれていきます。

ダメージをある程度入れると刀を拾って、再度刀モードへ移行します。

第三段階(刀モード)

最後の刀モードはまた最初と同じです。シノギで攻撃をシノギつつ、隙を見て攻撃を入れていきます。

ダメージをある程度与えると勝利です。

【メタルギアライジング】サンダウナー攻略

メタルギアライジングで、ボス「サンダウナー」の攻略です。

サンダウナーは、盾で守られた第一形態と、盾がなくなった第二形態があります。

サンダウナーの第一形態(盾がある状態)

まず最初の携帯では、サンダウナーの盾を破壊することのみを目標とします。
(飛行機が狙撃してくるのがうっとおしいので手持ちに携行ミサイルがあれば撃ち落としてもいいですが、しばらく時間がたつとまた復活します。)

サンダウナーの盾を破壊するには、サンダウナーを盾で構えた状態を作り出す必要があります。

サンダウナーが盾を構えるには、何もしなくても盾で構えて防御の体制に入る場合もあるのですが、それ以外にもサンダウナーの攻撃を「シノギ」を成功させることで、サンダウナーは盾で防御の体制に入りますので、どちらでもいいです。(サンダウナーの攻撃をシノギを成功すると、サンダウナーの体制が崩れて「残」という斬撃のチャンスのマークがでますが、素早くサンダウナーは盾で防御の構えを取ります)

ここで普通に盾に攻撃をすると、爆発に巻き込まれてしまいます。
しかし、盾で防御をした状態で斬撃モードに入ると、盾に攻撃するラインを示す光の筋がでます。
ここに斬撃のラインを左スティックと右スティックで調整して斬撃を入れると、サンダウナーの盾での防御がはじかれた状態になります。

引き続き斬撃モードの状態を続けると、この状態でサンダウナーの盾と体を繋ぐ棒に斬撃を加える事で、棒を破壊して盾を分離させることができます。

一度で2個まで盾と体をつなぐ棒は破壊できますが、合計6個あるので、6個全て破壊すると盾が全てなくなった状態になり、一旦チェックポイントになります。(ここまでくるとゲームオーバーになっても盾を破壊した状態からやり直しになります)

サンダウナーの第二形態(盾がない状態)

サンダウナーの第二形態は、普通にバトルになります。

まずはサンダウナーの攻撃を「シノギ」をしたり、ダッシュでかわしたりしながら隙を見て攻撃を入れていきます。
(サンダウナーのしてくるオレンジ色の剣閃のような攻撃はシノギができないので要注意です。)

ある程度ダメージを加えるとサンダウナーが外に飛び移り、柱を折って手に持った状態で戻ってきます。

このときに、雑魚があわせて2~3体出現しますが、これはかなり雑魚なので、逆にすばやく斬奪をして体力回復をするチャンスです。

柱を振り回して攻撃するのはリーチがかなり広く速い攻撃なので危険ですが、水平方向の攻撃なので攻撃後にすかさず近寄ってジャンプすることで回避することができます。(うまく回避すると攻撃を入れるチャンスです。)

ある程度サンダウナーにダメージを加えると、サンダウナーがビルの屋上からヘリに逃げ、イベントに移行します。

【メタルギアライジング】リッパーモードについて

メタルギアライジングで、モンスーン戦の後雷電が使えるようになるリッパーモードについてです。

リッパーモードの使い方

エネルギーゲージが満タンのとき、L3とR3(左スティックと右スティック)を同時押しで、斬ることを楽しむ自分を開放するリッパーモードが使えます。

リッパーモードの効果

リッパーモードを発動すると、斬撃モードで切断していた敵を弱攻撃や強攻撃でも切断できるようになります。

発動中はFCゲージを消費し続けます。

FCゲージが空になるか、もう一度L3とR3(左スティックと右スティック)をを同時押しで元の雷電に戻ります。

リッパーモード中は攻撃力も飛躍的の上昇するため、敵の特殊装甲を簡単に破壊して切断可能な状態にできます。

【メタルギアライジング】モンスーン戦攻略

メタルギアライジングで、中盤の山場?ともいえるボスのモンスーン戦の攻略です。

けっこうやっかいなボスで最初は何回かやられるからもしれませんが、行動パターンさえ把握すれば決して倒せないボスではないです。

まず、ボス戦が始まってから最初のうちでやっかいな行動が、煙で周りを見えなくしての連続攻撃です。

ここはとにかく相手の攻撃を「シノギ(相手の攻撃タイミングに合わせて相手方向に左スティック+□)」でしのぎます。攻撃の予兆はしっかりとわかるので、タイミングよくシノギをすれば全部しのげると思います。

あと、厄介な行動が、ジャンプしてから押し倒してきての連続切りつけ攻撃です。
ここは、押し倒してきた直後に左スティックを動かす表示が出ると思うので、素早く反応して左スティックをガチャガチャすれば問題無く脱出できるはずです。(タイミングが遅れるとダメージをくらってしまいます)

その他の攻撃はダッシュやシノギでうまく回避していけばいいです。

この最初の状態では、モンスーンは攻撃した後(特にジャンプ攻撃をして着地した後等)にときどき隙ができるので、そこを集中して攻撃していきます。

ある程度ダメージを与えるとモンスーンが建物の上に飛び上がって、飛行機や車を投げつけてきます。
これは斬撃モードで切っていけば問題なくノーダメージできり抜けられると思います。
(また、車や飛行機を破壊すると回復アイテムなどが落ちていて入手できるので、入手しておきましょう。)

その次のモードで、モンスーンが紫色のオーラに包まれる状態になります。
この状態では、モンスーンに普通に攻撃をしても分裂してダメージを与えることができないので、厄介です。

ここではとにかく、モンスーンの本体に近づいて相手の攻撃を「シノギ」で凌ぐことです。
シノギに成功すると、斬撃モードのチャンスができるので、相手の頭部を正確に斬撃で攻撃します。(頭部以外に斬撃を放ってもダメージを与えられません。)
また、紫色の時には電磁グレネードを投げつけると、気絶状態にすることができるので、頭部を斬撃で攻撃することでもいいです。
また、通常の攻撃をし続けていても、頭部にさせることも可能です。(回避される確率も高いですが、、)

頭部への斬撃に成功すると、モンスーンの頭が吹き飛んで転がった状態になるので、転がった頭を斬撃モードで集中攻撃するといいです。

これを繰り返してある程度ダメージを与えると、再びモンスーンが建物の上に飛び上がって、今度は岩を転がしてきます。これはダッシュで問題なくかわせますが、連続して何度も転がしてくるので注意です。

それが終わると地上に降りてきますが、紫色のオーラがない状態では、普通にダメージを与えることができますので、モンスーンの攻撃の隙を見て攻撃をしていきます。紫色のオーラをまとうと「シノギ」で攻撃をしのいて攻撃のチャンスを作ることです。

あとは、この繰り返しでモンスーンを撃破できると思います。

慣れてきてシノギがうまくいくようになってくると、戦闘の途中で回復アイテムを入手できるので、それで十分に倒せるまでライフが持つと思います。

また、何回やっても厳しいと思った場合は難易度をイージーモードに下げると楽になると思います。

【メタルギアライジング攻略】「月光」の倒し方のコツ

メタルギアライジングで、「月光」の倒し方のコツについてです。

「月光」はメタルギアシリーズでおなじみの敵ですが、本作のメタルギアライジングでも度々登場します。

「月光」の攻撃パターンとしては、その長い足でキックをしてきたり、体当たり、ジャンプ攻撃をしてきたりします。

ただ、してくる攻撃は直接体を使った攻撃だけで、銃などで遠隔攻撃はしてきません。

そのため、楽に倒すポイントとしては、「シノギ」をうまく決めることが1つポイントです。
※「シノギ」の方法は、敵の攻撃のタイミングにあわせて敵の攻撃方向に左スティックを倒して□ボタンです。

体当たりについては、足で地面をかくような予備動作があるのでわかります。体当たりを「シノギ」でしのぐと△の連打になるので、ここで競り勝つと一撃で月光を倒すことができます。

また、蹴りについても同様にシノギでしのぐことができ、うまくシノギを決めると攻撃のチャンスがあります。

月光への攻撃のチャンスがうまれると、画面上に「○」や「○△」など、ボタンを押す表示がでるので、そのボタンをタイミングよく押すことで月光を斬撃で一撃で倒すことができます。

また、シノギなどを決めて斬撃のチャンスができると「斬」というマークが月光に出る場合があるので、その場合、残のマークが出ている箇所に斬撃モードで攻撃をすることでバラバラにすることができます。(斬撃モードで本体を倒すと、「斬奪」でライフ回復のチャンスもあります)

まともにやりあってもいいのですが、特に私のようなアクションの下手なプレイヤーはけっこう反撃をくらってしまうので、シノギを使うことで楽に倒せると思います。

【メタルギアライジング】「シノギ」の方法(タイミングやコツ)

メタルギアライジングで、重要なアクションが「シノギ」です。

シノギとは、敵の攻撃に向かって左スティックを1回倒し、タイミングよく□ボタンを押すことで、雷電の高周波ブレードで受け止め、凌ぐことができます。

シノギを成功させると、相手に大きな隙ができて反撃が容易になります。
シノギを成功させると敵がふらついて隙がでいるので、斬撃モード(L1長押し)などでいっきに攻撃をするチャンスです。

また、敵の攻撃によってはシノギができないものもあります。

メタルギアライジングでは特にボス戦などの強力な敵とのバトルではシノギをうまくすることでしか攻撃のチャンスをつくれないバトルもあるので、シノギを使いこなすことはとても重要です。

シノギをうまくできるようになるコツについては、できるだけ攻撃をぎりぎりまでひきつけてシノギをすることです。
(タイミングは、実戦でシノギを使って練習していくことが必要ではないかと思います。)

また、シノギを決めたい敵の行動をよく観察して、攻撃パターンを把握することもポイントです。

【メタルギアライジング】武器、兵器などのアイテムの装備変更、使い方

メタルギアライジングで、入手した武器や兵器の使い方についてです。

メタルギアライジングでは、十字キーの左か右を押すことで、装備変更のメニューを開くことができます。

メニューの中で、左から回復アイテム(RECOVERY)、サブウェポン(中央)、メインウェポン(右端)をそれぞれ変更することができます。

ランチャーや手榴弾などのサブウェポンは、装備した後、「L2」で構えて右スティックで照準を変更し、R1で使用(発射)することができます。

十字キーの左か右のボタンで装備のメニューを開くことができ、変更できる

十字キーの左か右のボタンで装備のメニューを開くことができ、変更できる

「メタルギアライジング リベンジェンス」体験版をクリアしたので感想など

メタルギアライジング体験版 レビュー

PS3で、メタルギアライジングの体験版をプレイしたので、感想を書いて見ます。
(ちなみに自分はメタルギアシリーズは4のみプレイしたことがあるといったレベルのユーザです^^;)

まず、本作について体験版をプレイした感想として、これまでのメタルギアシリーズと大きく違うと思った点をあげてみます。

1.主人公が雷電である
これはいわずもがな。雷電が完全にゲームの主人公です。

2.「斬撃」が攻撃のメインである
メタルギアシリーズといえば、これまでは「CQC」とよばれる体術や、銃撃や兵器が攻撃のメインでしたが、本作では、雷電の「斬撃」が攻撃の主力兵器となっています。(ランチャーや手榴弾などもありましたが、それらはサブウェポンで、メインウェポンは斬撃です。)
これにより、特にボス戦では「アクション性」がこれまでよりも、より高くなっているように感じました。

3.あらゆるオブジェクトを斬撃で破壊できる
これまでのシリーズでも破壊できるオブジェクトは破壊できましたが、本作では雷電の斬撃により、「え、これまで破壊できるの?」というくらい、フィールド上にある様々なオブジェクトを破壊することができます。
フィールド上にある木や箱はもちろん、場合によっては橋なども破壊してしまうことができます。
体験版ではフィールドが限られていましたが、本作ではこれによってどのような事が起こるのかが気になるところです。

これらの特徴により、メタルギアシリーズの特徴である「隠密行動」や映画のようなゲームの雰囲気はそのままに、独特のゲーム感ができていると思います。

体験版をプレイしたかんじでは、これまでのメタルギアシリーズとは一味違ったアクション性やスピード感などを感じることができ、本作の発売が楽しみだと思いました。

あと、体験版をプレイしていたところ、最後のボス敵(AIで動く犬?のようなボス)がやたらと強くて難しかったのですが、これは、L3+□ボタンを相手の攻撃のタイミングに合わせることで相手の攻撃をはじいて攻撃するチャンスを作り出す(しのぎ)ことができます。
これさえうまくできれば、それほど苦労せずクリアできました。(逆にこれがわからないと人によってはなかなか苦労すると思います)

バージルを撃破 | DMCデビルメイクライ

DMCデビルメイクライで、ミッション20のラスボス、バージルを撃破しました。

バージルは、攻撃をしてもガードするか回避されてしまうので、相手が攻撃をしてきた隙を見て攻撃を入れていくしかありません。

なので、基本的にはバージルの攻撃を回避することがまずはメインとなります。

自分の場合は、R1で回避しながら、隙を見てケブーリー(爆破する銃)で攻撃し着弾したら爆破。
ほとんどこればかりで、時々隙があれば空中打ち上げからの攻撃といったかんじで時間はかかりましたが倒せました。

最後にライフが残り僅かになると、分身が身を守って無敵モードになってしまい、しばらくすると体力を回復されてしまいます。

ここはデビルトリガーで魔人化して攻撃すればクリアなのですが、これに気がつかず、長期戦になってしまいました。(最後はネットで調べて分かりましたw)

なので、アイテムとして戦闘前に、デビルゲージをあげるアイテムを持ち込んでおくと最後が楽ですね。

ない場合は、分身に攻撃をすること(ドライブとかがいいらしい)でオーブを集めるといいみたいです。

ムンドゥスの倒し方 | DMCデビルメイクライ

ムンドゥス

DMCデビルメイクライのミッション19のボス、ムンドゥスの倒し方についてです。

ムンドゥスの攻撃パターンとしては、地面を殴りつけて衝撃波を飛ばしてくるのと、火球をとばしてきたりします。

地面を殴りつけてくる攻撃は、基本的には殴りつけてくる方向と逆方向に回避かジャンプをすることで回避しやすいです。
地面を殴りつけてきたあとには、衝撃波がとんでくるので、ジャンプして回避した後、そのままエンジェルリフトでムンドゥスの腕の部分を狙うことで、一気に近づいて一番の攻撃のチャンスになります。
ここで連続攻撃を入れてダメージを加えるとよいです。

火球を飛ばしてきたときは、回避で避けるといいでしょう。

地面に火を吐いてきた後は、床からダメージを受けるようになるので、サキュバス戦と同様に、エンジェルリフトを使って足場を移動して逃げるとといです。

1段階目
拳を攻撃してライフゲージを減らす
ライフゲージを削ると目玉が赤く光るので、デーモンプル

2段階目
拳を攻撃してライフゲージを減らす
ライフゲージを削ると目玉が赤く光るので、デーモンプル

3段階目
火球の攻撃をかわしつつ、口を開いた時に攻撃。
口の中は防御力が低いので、比較的短時間で倒すことができる。

ホーム > ゲーム > PS3

フィード

ページの上部に戻る