ホーム > ゲーム > PS Vita

PS Vitaのアーカイブ

アンチWIll’O粒子体の場所 | フリーダムウォーズ攻略

フリーダムウォーズで、第7情報位階権限まで進むと、ストーリーでユリアンがモジュラーを作るため、材料を集めて来てほしいというイベントが発生します。

入手した「ユリアンメモ:モジュラー前編」を調べると

を見ると、必要な材料として「アンチWIll’O粒子体」「人工中枢ユニット:共通乙型」「人工中枢ユニット:共通丙型」を入手してきてほしいと記述があります。

「人工中枢ユニット:共通乙型」「人工中枢ユニット:共通丙型」はアブダクターを倒していると入手できますが、アンチWIll’O粒子体は、アブダクターを倒していても入手できません。

場所は、第7階層のセルガーデンに行くと、赤く光っている資源があるので、調べると入手することができます。

第7階層セルガーデンの地形は入るたびに変わるので、時間内に入手できなかった場合は何度もトライしてみるといいでしょう。

フリーダムウォーズプレイ 評価/感想/レビュー

フリーダムウォーズをプレイしたので、感想を書こうと思います。

討鬼伝、ソウルサクリファイルに続くPS VItaでの狩りゲーとして注目の本作。

プレイしてみた感想としては、なかなかおもしろいというのが感想でした。

このゲームはローカル通信で協力プレイが可能ですが、まだアドホックなしのオンラインの通信は実装されていません。なので、基本はソロプレイです。また、ストーリーのキークエストは、そもそもソロでしかプレイできないそうです。

ただし、基本的にはソロでも多くのNPCと協力して巨大な敵「アブダクター」を倒しにいきます。
自分はサポートに徹して味方NPCに攻撃をさせたり、NPCにサポートさせて自分は攻撃したりといろいろな戦略ができますが、基本的にはNPCといかに協力するかが攻略のポイントとなります。

このあたりが討鬼伝やモンハンとの大きな違いといえます。
討鬼伝やモンハンは基本的には自分が頑張って敵を撃破しますが、フリーダムウォーズはNPCも含めて味方キャラクターの数が多いので、ときには自分がサポートに徹しても問題ありません。

Amazonでの評価は難しすぎるという評価で低評価になっているようですが、確かにストーリーが進むに連れて後半は難しい感想もありましたが、それは難しいのが好きなプレイヤーに取っては逆にやりがいがあるともいえるので、評価がわかれるところではあると思います。(ただ、確かにモンハンとかと比べるとクエストによっては鬼畜な難易度のものもあると思います)

ただ、武器やNPCのレベル上げをしたり、装備を工夫したりして、戦略を十分練れば難しいクエストでも十分攻略できるので、個人的には面白いという感想でした。

今後もアップデートで要望が改善されていくのと、オンラインマルチも夏中には実装されるということで、
これからも楽しみです。

個人的評価:★★★★☆ 4/5
狩りゲーが好きな人なら買いの一本だと思います。難易度は難しめですが、ダークソウルとか好きな人にはいいかもw

「ゴッドイーター2」の製品版にデータを引き継げる体験版が7月25日から配信!

ゴッドイーター2の体験版の配信が7月25日から開始!

6月8日に行われたニコニコ生放送で、ゴッドイーター2の製品版にデータの引き継ぎができる体験版の配信が7月25日から行われることが明らかになりました。

なお、PSVitaの体験版が7月25日、PSPの体験版が8月1日から配信されるということです。

7月末に体験版配信ということで、製品版の発売はいつになるのかが気になりますね。
ソルサク体験版の配信が12月20日で、製品版が3月7日(体験版から約3ヶ月後)だったということを考えると、発売は11月か12月といったところでしょうか。
個人的には9月はモンハン、10月ポケモン、11月はFFとあるのでGE2は12月末の年末商戦あたりでいいなあ。
モンハン4の体験版も来てほしい!

PSP/PS Vita「GOD EATER 2」PV TGS2012フルバージョン

「ゴースト」攻略 | ソウルサクリファイス攻略

ゴースト

5月2日からDLCとして追加されたボス「ゴースト」の攻略です。

ゴーストの弱点はないので、こちらの攻撃する供物は属性は何でも問題はないですが、ゴーストは基本的に浮遊しているので、遠隔の攻撃(特に投擲系)でないとダメージを与えづらいです。

青い色欲の実を使うと、ゴーストをおびきよせることができます。

ゴーストは、出現しているときと消えている時があり、出現しているときに攻撃をしていきます。

ゴーストの行動パターンとしては、出現時には遠隔から針を飛ばしてきたり、黒い追尾弾を放って攻撃をしてきます。

また、ゴーストが消えた後は、地面が青く光った後に、小さいゴーストがたくさん地面から出現してダメージを与えてくるので、地面が青く光ったらその場所からなるべく離れるのが有効です。

しかし、ゴーストの攻撃で最も注意が必要な攻撃は、体力が減少(黄色以下)してきた時に放ってくることがある、体が赤く光った後に青い火の玉を放ってくる攻撃です。

この青い火の玉は低速でプレイヤーを追尾してきますが、くらうとかなりの大ダメージをくらってしまい、一撃死しかねないので注意が必要です。
火属性のダメージを軽減できる「火神のお守り」がダメージを軽減できるので有効です。

また、ゴーストの体力が減少してくると、マップ状に黒い煙を出して、プレイヤーの視界を悪くしてくることがあります。この攻撃はダメージこそないですが、回避することができません。
また、このときに、上記の青い鬼火の攻撃をくらってしまうと危険なので、最も注意が必要です。

おまけ:ゴーストについて

持ち前の美貌から男と快楽的な性生活を送っていた女が感染症にかかってしまい、若いのに醜く朽ち果てていく自分の姿に悩んだ結果、自らの肉体を捨てて肉体を伴わない存在となり、ただ発光するだけの存在となった、、、とのこと。

「ウロボロス」攻略 | ソウルサクリファイス攻略

5月2日からのDLCで、ウロボロスと戦うことができるようになりました。(ダウンロードはPS Storeから、無料)

ウロボロスは、車輪の形をしたような魔物で、横に回転して攻撃をしてきたり、雷のブレスをはいて攻撃をしてきます。

弱点は石属性なので、石属性の供物が有効です。

全般的に雷属性の攻撃をしてくるので、雷のアーマーである「雷神のお守り」がかなり有効です。
また、盾でガード出来る攻撃が多いので、盾もおすすめです。

攻撃をするには、動き回る敵なので、投擲系の供物が向いていると思います。

呪部破壊では、顔のような部分を攻撃すると破壊することができました。

ウロボロスの攻撃パターン

転がって攻撃、突進
突進攻撃は盾でガードすると転ぶので、反撃のチャンスです。

雷のブレス
盾でガード可能です。普通に回避するのもそれほど難しくはないです。

空に上がっていき、雷を落としてくる
雷をマップ状に落としてきいます。攻撃後、ウロボロスが落下してきて少しのあいだ動かなくなるので、反撃のチャンスです。

おまけ:ウロボロスについて

自走して走り続ける車輪を研究し、雷の力によって実現できないかを考えた男が、雷の力を集めるために自らが雷に打たれて重症を負ってしまった。
その後、聖杯の力により男は雷雲そのものになった。そして自分の研究を実現するために選んだ車輪はかつての自分の肉体であった、、、というもの。

新禁術「エンジェル」について | ソウルサクリファイス攻略

5月2日に、ソウルサクリファイスのDLCで、新しい禁術「エンジェル」の追加がされました。

PS storeからダウンロードすることで、使うことができるようになります。

エンジェルの効果

エンジェルの効果

代償:骨
骨を代償に翼の力を得る。
禁術使用と同時に翼の力が敵を貫き、仲間の傷も癒す。
禁術使用後、代償として移動速度が低下し、回避行動が不可能になる。

実際に使ってみた

実際に使ってみました。
禁術を発動すると、使用者に羽根が生えたようなエフェクトの後、無数の光が敵全体を貫いてダメージを与え、味方キャラの体力も回復します。

エンジェルのエフェクト1

エンジェルのエフェクト2

使用すると代償として移動速度が低下し、回避行動も不可能になります。

移動速度の低下はそこまで気になる程遅くはなりませんでしたが、回避行動ができなくなるのはちょっと厳しいかもしれません。

新モンスター「ドワーフ」「オーガ」攻略 | ソウルサクリファイス

ソウルサクリファイスで、4月18日のアップデートで新モンスター2体(ドワーフとオーガ)と戦えるようになったので、アップデート後、早速PSStoreからダウンロード(無料)して戦ってみました。

まずは、ドワーフの方から

ドワーフ

ドワーフ
↑ドワーフ

まずドワーフですが、見た目はこんなかんじで、タルの体をしたドワーフが3体重なったようなモンスターです。
酒飲みの男3人が魔物化したというもの。

攻撃としては、ハンマーで叩きつたり、回転して攻撃をしてきます。


↑ハンマーを振り下ろして攻撃

回転してくる攻撃はダメージが大きいので注意が必要ですが、盾で防ぐことができるので、盾で防ぐと転んで攻撃のチャンスです。

回転してくる攻撃は盾で防ぐと反撃のチャンス
↑回転して体当たりしてきますが、盾でガードするとチャンス。

ある程度ダメージを与えると、怒って(酔っ払って?)体が赤くなり、続けざまにハンマーを振り下ろして攻撃をしてきたりします。ただ、動きは早くないので回避は簡単です。

部位破壊可能な箇所は多く、体、ハンマー、聖杯、ほとんどの部位の破壊が可能なので、簡単に部位破壊はすることができます。
部位破壊をした後には、毒のブレスを吐いてくるのですが、これは当たらなくてもフィールド全体が毒の蓄積を一定時間与えるようになり、回避が不可能です。

毒のダメージを受けないようにしようと思えば、毒属性のアーマーなどで毒耐性を上げるしかありません。

回転攻撃さえしっかりと盾でガードすることができれば、それほど撃破は難しくないモンスターかなと思いました。
(盾でガードが重要ということで、イメージ的には、ジャック・オ・ランタンが近い感じです。)

ドワーフは弱点属性が熱属性なので、熱属性の供物で攻撃をしていけばいいです。

オーガ

次はオーガです。

オーガは、王に召し抱えられた女性料理人が、王に無理を言われ、満足の行く料理をつくるために自らの身体を犠牲にして魔物化したというもの。

オーガ
↑オーガ

見た目はミノタウロスに似ている魔物です。
元料理人ということで、コックのような帽子をかぶっています。

熱属性の攻撃をしてくるモンスターで、特に注意が必要なのが、地面をかきまぜるような動作をした後にしてくる、火柱攻撃。

地面をかきまぜるような動作をした後
↑地面をかきまぜるような動作の後

連続で地面からマグマのような火柱が吹き上げてきます。

火柱攻撃
↑火柱が連続して噴き出してくる。

ずっと走っていれば回避できますが、当たるとダメージも大きいので、出来ればアーマーの供物などで身を固めておきたい所です。

部位破壊は、帽子と、武器のカマ?を破壊することができます。

カマをはじきとばせば、ミノタウロスが杖を飛ばされた時のように、キョロキョロしたあとに、走って取りに行きます。

攻略としては、直線的な動きがほとんどなので、通路をゴーレムで塞いでしまえば楽に倒すことができました。

通路をゴーレムで塞いでしまえばかなり楽
↑ゴリアテの通路でバトルになったので、ゴーレム召喚が有効でした。

また、フィールドがゴリアテでダメージ床があるので、注意が必要です。

弱点属性が冷属性なので、冷属性の供物が有効です。

【ソウルサクリファイス】おすすめの供物についての考察

ソウルサクリファイスで、オススメの供物についての考察です。

ゲーム序盤

序盤は入手できる供物が限られているが。以下の供物が便利。

・ 鉄風車の翼片(投擲)
遠隔から敵をロックオンしてダメージを与えることが出来る。部位も狙えるので呪部破壊にも便利。
ダメージが少なめなのが欠点だが、ダウンしている時に連投するとけっこうダメージを与えられる。
合成して中にすると終盤まで使える。

・ 鉄針竜の卵(爆破)
翼片と同じく遠隔から攻撃できる。翼片よりもダメージが高めだが、追尾しないので動きが早い敵には当てにくい。
翼片と同様に、中盤までは主力武器になる。

・ 「~の根」、「~の根(三又)」
近距離でしかダメージを与えられないが、属性ダメージなので弱点をつけばダメージが大きいのと、属性ダメージを蓄積することで「~地獄」の効果を誘発できる。三又とそうでないものの違いは、三又は状態異常値の蓄積が多いので「~地獄」を引き起こしやすい。そうでないほうは使用回数が多いので、トータルでは多くダメージを与えられる。

・ 盾系供物
突進系の攻撃はガードすると攻撃のチャンスになる。

・ 精霊の心臓
体験版からデータを引き継いでいる場合は使える。使用回数が少ないのがネックだが、序盤では貴重なゴーレム召喚の供物。

・ 癒しの種 または 粘生物の塊
回復系供物で必須。癒しのためは回復量は少なめだが、回数が多い。粘生物の塊は回復量は多いが使用回数が少ない。
どちらを使うかはお好みで。

中盤以降

・ 「~のお守り」系供物
アーマーをまとって防御と属性耐性が上昇する。中盤以降はボスの攻撃力が高く、魔振りだと一撃死する攻撃も多いので、予防として便利。
ただし、ストーリーを進めるだけでは入手できないので、アヴァロンの要請をクリアして入手する必要がある。

・ 「~の心臓」系供物
ゴーレム召喚。終盤はアヴァロンなどで比較的入手しやすい。
使い方やボスによってはどんな供物よりも高効率でダメージを与えられる。

・ 投擲系の供物(各属性)
・ 爆破系の供物(各属性)
ボスの弱点に合わせて投擲系、爆破系の供物は装備を変えたい。属性ダメージ「~地獄」の効果も狙えるので重宝する。
余裕があれば鉄風車の翼片や鉄針竜の卵だけでなく、各属性も揃えたい。

【ソウルサクリファイス】セイレーン戦攻略(弱点属性、呪部破壊など)

セイレーン戦攻略

ソウルサクリファイスで、セイレーン戦の攻略です。

セイレーンの弱点属性

雷属性

呪部破壊

顔、杖の先端

呪部破壊報酬

悲哀歌人の唇

おすすめ供物

雷属性供物、盾系供物、ゴーレム

セイレーン戦攻略

セイレーンの行動パターンはサイクロプスと似ています。そのため、攻略方法も基本的にはサイクロプスとほぼ同様です。

ただし、サイクロプスの弱点がなかったのに対して、セイレーンは雷属性が弱点なので、有効です。

セイレーンの注意する攻撃は、サイクロプスと同じく、地面に潜った後に突き出してくる攻撃は注意が必要です。回避しずらいので、即死しないようにアーマーの供物で防御を高めておきたいところです。

また、自分自身を強化した後に杖から放ってくる光線は即死級のダメージを受けますが盾でガードするか、攻撃範囲外の遠くへ逃げましょう。
また、呪部破壊で杖の先端を破壊すると、光線で攻撃をしてこなくなります。

セイレーンは比較的動きがゆっくりとしているので、ゴーレムを召喚して攻撃をすることも有効です。

【ソウルサクリファイス】ワーウルフ戦攻略

ワーウルフ戦攻略

ソウルサクリファイスで、ワーウルフ戦の攻略です。

ワーウルフの弱点

冷属性

部位破壊

頭、右腕

部位破壊報酬

奇兵の犬歯

おすすめ供物

冷属性供物、盾系供物、アーマー系供物
※ソロの場合は、ゴーレムはオススメ

ワーウルフ戦攻略

ワーウルフは一撃のダメージがとても大きいので、特に魔振りの場合は一撃死しないように注意が必要です。(一撃死を回避するためにアーマー系、特に炎軽減の供物推奨です)

ワーウルフの攻撃はとかく一撃のダメージが非常に大きいのですが、攻撃の予備動作がある程度時間があるものが多いので、攻撃は回避やガードはしやすいです。

特に、突進攻撃は盾でガードするとしばらく攻撃のチャンスになります。

最も注意が必要なのは、ジャンプして落下してくる攻撃で、ガード不能でダメージも大きいので、回避必須です。落下してくる地点には影が見えるので回避しましょう。
また、体力が減るとしてくるのが、垂直方向へジャンプした後、下に広がる炎ノブレスをはいてきます。この攻撃は攻撃範囲が広い上にダメージも大きいので特に注意が必要です。

ワーウルフは冷属性が弱点なので、凍結地獄中、または雷で追撃でダウン中にタコ殴りにするが有効です。
ステージのすみに押し込んでゴーレムで塞いでしまうのも効果があります。
タックルを盾でガードした後もしばらくダメージを入れられるので、攻撃のチャンスです。

【ソウルサクリファイス】リヴァイアサン戦攻略

リヴァイアサン戦攻略

ソウルサクリファイスで、リヴァイアサンの攻略です。

リヴァイアサンの弱点

雷属性

部位破壊

顔、下あご

部位破壊報酬

海魔のうろこ

おすすめの供物

雷属性の攻撃供物、アーマー、種などの自身を強化する供物

リヴァイアサン戦攻略

リヴァイアサンは、離れているときは無敵で、何をしてもダメージを与えることができません。

こちらに顔で攻撃をしてくるか、ダウンして倒れこんできた時に顔が接近してくるので、顔へ攻撃してダメージを与えることができます。

リヴァイアサンの攻撃パターンは以下の4パターンがあります。それぞれ特徴を捉えて適切に対処することで、攻撃のチャンスにつながります。
リヴァイアサンは雷属性が弱点なので、攻撃のチャンスに雷属性の供物で攻撃をしていけばよいです。

・ 頭をまっすぐ突進
・ 頭を振り上げて振り下ろし
攻撃前の予備動作に特徴があるので回避可能です。
また、それぞれ攻撃後にこちらに頭がつきささってしばらく頭部に攻撃のチャンスをしてダメージを与えるです。

・ 横からなぎばらい
頭を横に大きく振りかぶった後、なぎばらいをしてきます。頭が接近してきた瞬間ダメージを与えることができますが、一瞬だけなのでおとなしく回避した方が無難です。
右か左の奥のスペースに逃げこむと当たりません。

・ 水のブレス&雷攻撃
頭を海の中に入れるような動作をした後、水をはくブレス攻撃をしてきます。
この攻撃も、右か左の奥に逃げ込めばブレス攻撃は当たりませんが、雷の魔法でダメージを受けます。
実はこの雷の魔法は、水のブレス攻撃をしてきている間に、赤い人型の魔物が出現してきて魔法を使ってきています。
この魔物を倒すとリヴァイアサンが倒れてきて、最大の攻撃のチャンスになります。ただ、見た目はすぐ倒せそうですが、意外に体力があるので、ブレスで死なないように注意してください。

赤い人型の魔物を倒すと攻撃のチャンスになる
↑水のブレス攻撃の間出現する赤い人型の魔物を倒すと反撃のチャンス。

供物の回復の手段は、雑魚で出現するゴブリンが勝手にリヴァイアサンの攻撃で死んでいくので、生贄にして回復するとよいです。

また、リヴァイアサンの攻撃で死なないようにアーマー系の供物(特に雷軽減のアーマーだと便利)や、攻撃力アップの供物などで、自身を強化しつつ戦えば効率が良いと思います。

【ソウルサクリファイス】禁術ベルセルクの効果について

ソウルサクリファイスで、4月4日のアップデートで追加された禁術ベルセルクについてです。

使用できるようにする方法

ソウルサクリファイスを最新のバージョンにアップデート後、Play Station StoreからDLCをダウンロード(無料)

ベルセルクの効果

禁術「ベルセルク」について

脳を代償として能力を開放することで、禁術の使用中に、ボタン入力(△ボタンホールド)で、周囲の魔物を吸引してダメージを与えます。

禁術ベルセルクの効果

禁術を使用後、代償として装備中供物の情報が認識不可能になります。

代償として供物を認識できなくなる

コメント

一定の時間、周囲を竜巻を起こして吸引して、ダメージを与え続けることができます。
効果の範囲は結構広く、ある程度離れた敵味方合わせて吸引します。

この禁術のポイントとしては、効果範囲は結構広く味方も合わせて吸引しますが、味方はダメージをくらいません。
また、味方は吸引されている間も攻撃することができます。

そのためポイントとしては、一定の時間、風で敵の動きを拘束する効果があるので、味方も合わせて巻き込まれて、逆に巻き込まれている味方はボスを攻撃しまくるとダメージを重ねることができます。
ベルセルク自体のダメージはそこまで期待できるほどでもないのですが、拘束効果の恩恵が大きい技といったかんじですね。

代償として供物が認識できなくなるのは、比較的他の供物の代償と比べると小さいと思います。
ときどき技のコマンドを間違えてしまいますが、まあその程度なので。

【ソウルサクリファイス】4月4日のアップデートDLCの内容とプレイ方法

ソウルサクリファイスで、2013日4月4日に配信された大型アップデートの内容と、コンテンツのプレイ方法についてです。

アップデートとダウンロードコンテンツの内容

・ アヴァロンで、人型魔物「デュラハン」「ベヒモス」との戦闘を含む要請がプレイ可能になる。
・ マップに「ゴリアテA/B」が追加 
・ 禁術「ベルセルク」が使用可能になる。

コンテンツのプレイ方法

まず4月4日のアップデート後、ソウルサクリファイスに通知が入るので、アップデートをかけます。

ただここでアップデートをかけただけでは、自分のアヴァロンの要請にデュラハン、ベヒモスは出現しません。

私もここで「どこでプレイできるんだ?」と思ったのですが、PS StoreのDLC(ダウンロードコンテンツ)で、アヴァロンへの要請の追加と、禁術ベルセルクがダウンロード可能になっているので、ダウンロードします。お金は無料です。

このDLCをダウンロードしてソフトに適用させると、アヴァロンの要請録の「忘れられた要請」に「琥珀の刻」という新しい要請が出現していて、ここで新しい人型魔物「デュラハン」「ベヒモス」を含む要請が出現しています。
なお、デュラハンとのバトルになるマップが新マップ、ゴリアテA/Bです。

また、禁術の欄に「ベルセルク」が追加されています。

なお、DLCをダウンロードしなくてもオンライン対戦では人の要請についていけばデュラハン、ベヒモスと対戦可能なので、どうやって自分のほうに出すのか分からなかったので、メモでした。

【ソウルサクリファイス】ベヒモス戦攻略

ソウルサクリファイスの4月4日のアップデートとDLCで追加されたボス「ベヒモス」についての攻略です。

ベヒモスとの戦い方

4月4日のアップデート適用後、PS StoreからDLC(ダウンロードコンテンツ:無料)をダウンロード。
アヴァロンの「忘れられた要請」に「琥珀の刻」が追加されているので、そこでベヒモスとバトルできる要請が追加になっています。

弱点属性

熱属性

部位破壊

木の枝

部位破壊報酬

飢民の実(小)
飢民の実(中)
飢民の実(大)

ベヒモス戦攻略

ベヒモスは名前のイメージとは全く違い、ぱっと見はツリーフォークのような見た目の魔物です。(木の下に本体の魔物が動いていますが)

熱属性が弱点なので、灼熱地獄→氷での追撃が有効です。

樹の枝から動くリンゴを飛ばしてきてますが、部位破壊で樹の枝を破壊すると、リンゴを出してこなくなります。

戦ってみた印象では、動きがにぶいので、熱属性のゴーレム召喚が非常に効果が高かったです。
(というか、ただひたすらベヒモスの近くでゴーレム召喚してるだけで倒せました、、。)

【ソウルサクリファイス】デュラハン戦攻略

ソウルサクリファイスの4月4日のアップデートとDLCで追加されたボス「デュラハン」についての攻略です。

デュラハンとの戦い方

4月4日のアップデート適用後、PS StoreからDLC(ダウンロードコンテンツ:無料)をダウンロード。
アヴァロンの「忘れられた要請」に「琥珀の刻」が追加されているので、そこでデュラハンとバトルできる要請が追加になっています。

弱点属性

毒属性

部位破壊

太もも、右腕

部位破壊報酬

虐剣士の鎖片(小)
虐剣士の鎖片(中)
虐剣士の鎖片(大)

デュラハン戦攻略

デュラハンは攻撃力がかなり高いので、一撃死に注意が必要です。
ただし、リーチはある程度限られているので、離れて遠距離で戦うと比較的安全です。

弱点属性は毒属性なので、毒地獄からの炎追撃が有効。

また、直線方向の移動しかしてこないので、ゴーレムが非常に有効です。

特に、ゴリアテのマップの狭い通路でデュラハンと追いかけっこの状態になったときに、ゴーレムで通路を塞いでしまえばデュラハンが通れなくなってかなり時間稼ぎになり、かつダメージを与えられるので楽です。

デュラハンとのバトルになるマップは、ゴリアテというマップで歩いているだけで体力が減っていくマップなので回復系供物を多めに持っていくか、踏破の刻印(地形トラップ無効)などを準備して、回復手段が切れないように注意したい。

ワンピース海賊無双2 DLC(ダウンロードコンテンツ)一覧

ワンピース海賊無双2で、DLC(ダウンロードコンテンツ)について、一覧にまとめました。

現在は第三弾までが登場しています。
有料のものがほとんどですが、中には無料のものもありますので、課金する気がない人でも一度見てみてはいかがでしょうか。

DLCコンテンツ名 価格 配信日
「ワンピース海賊無双2」2013年4月17日配信セット 800円 4月17日
追加コスチュームウソップ着物ver 無料 4月17日
チャレンジシナリオ「最後の任務」 100円 4月17日
チャレンジシナリオ「最強能力種決定戦」 100円 4月17日
ロビン追加衣装「戦国無双甲斐姫」 350円 4月17日
ナミ追加衣装「戦国無双 くのいち」 350円 4月17日
ハンコック追加衣装「真・三國無双貂蝉」 350円 4月日
ペローナ追加衣装「真・三國無双王元姫」 350円 4月10日
チャレンジシナリオ「お宝いただきクイズ」 100円 4月10日
チャレンジシナリオ「七武海の集合地」 100円 4月10日
追加コスチュームサンジ着物ver 無料/td>

4月10日
「ワンピース海賊無双2」2013年4月10日配信セット 800円 4月10日
「ワンピース海賊無双2」2013年4月3日配信セット 1000円 4月3日
追加コスチュームゾロ着物ver 無料 4月3日
チャレンジシナリオ「地震雷火事オヤジ」 100円 4月3日
チャレンジシナリオ「迫り来るメカ軍団!」 100円 4月3日
三國無双コラボ衣装 星彩ロビン 350円 4月3日
三國無双コラボ衣装 孫尚香ナミ 350円 4月3日
「ワンピース海賊無双2」2013年3月28日配信セット 1000円 3月28日
追加コスチュームルフィ 侍ver 無料 3月28日
「ワンピースフィルムZ」に登場するサンジの決戦服コスチューム 350円 3月28日
「ワンピースフィルムZ」に登場するゾロの決戦服コスチューム 350円 3月28日
「ワンピースフィルムZ」に登場するルフィの決戦服(コートなし)コスチューム 350円 3月28日
チャレンジシナリオ「共闘!パンクハザード」 無料 3月21日

今後追加があり次第、追記する予定です。

「討鬼伝」体験版をプレイした感想

「討鬼伝」体験版の感想

PS Vita/PSPで、6月27日に発売予定となっている「討鬼伝」の体験版が本日(4/2)からダウンロード可能になっていて、早速プレイしてみたので、感想を書こうと思います。(本日配信はVita版のみで、PSP版の配信日は5月予定のようです。)

まずこのゲームはどういうゲームかというと、ハンティングアクションゲームで、平たくいってしまうとモンハンの亜種ゲーです。

体験版中でプレイ出来る内容としては、何種類かの雑魚戦やボス戦を、武器を「太刀」「手甲」「鎖鎌」「弓」の4種類から選び、またオリジナルのスキルセットといえる「ミタマ」を選んで戦うことができます。
また、アドホックパーティを通じてのマルチプレイも可能です。

体験版をプレイした、全体の感想としては、普通に面白かったです。

モンハンの亜種ゲーだからといって適当な作りになっているかというとそんなことはなく、グラフィックはきれいですし、きちんと作りこまれています。

完成度としては、同じくモンハン亜種ゲーの「ゴッドイーター」に近いくらいのレベルではよくできていると思いました。
基本的な要素はよく作られていて、かつ味付けがこのゲームオリジナルにされているので、ただのパクリゲーというかんじはしませんでした。

どういった部分がこのゲームオリジナルかというと

・ 武器以外に、「ミタマ」という武将などの歴史上の人物を装備でき、どのミタマを装備するかによって、そのミタマオリジナルのスキルセットを利用できる。
・ ボス戦は、外装をまず破壊してからダメージを与える
・ このゲーム固有のアクション

などといった部分が挙げられます。
また、武器やミタマは製品版ではカスタマイズができそうなので、その部分が楽しめそうです。

一方、製品版ではどうなるか分からないですが、体験版でちょっとどうかなと感じた部分を上げると、

・ キャラクターをエディットできる要素が少ない(これは製品版では増える?)
・ 武器の種類がモンハンに比べると少ない(体験版では4種類)
・ 防御ができないので、攻撃が回避しずらい
・ ボスキャラクターの造形は決して悪くはないものの、突き抜けた魅力が今ひとつ
・ マルチプレイはアドホック以外ではできない?(体験版ではアドホックかソロのみ)
・ ゲーム中のアクションがこのゲーム独自の部分があるので、慣れるのに少し時間がかかる(慣れたら問題ない)

などといった点がありました。
また、製品版でのボリュームがどの程度になるかなといった点は気になる所ではあります。

体験版をプレイした感想では、今の時点でも十分「良ゲー」の部類に入るゲームだとは思いました。
Vitaに先に出たハンティングアクションの「ソウルサクリファイス」もよく出来たゲームでしたが、この「討鬼伝」も十分面白いと思いました。(どっちかというと、討鬼伝のほうがよりモンハンチックだと思います。)

ただ、いかんせん知名度がないゲームなので、Vitaという普及台数の少ないハードで、どこまで新規のユーザに購入してもらえるかというところが難しい部分があるかもしれません。(こういうVitaで出る新規IPがヒットしようと思うと、「神ゲー」レベルでないと、なかなか厳しいと思うので)

体験版はなかなか楽しめたので、Vitaを持っている人にはおすすめできます。また、PSP版も同時発売のようなので、PSPしか持っていない方でもプレイできるようです。

私の感想としては、なかなか面白そうだったので、製品版も買ってプレイしてみたいと思いました。

Vita版

PSP版

【ソウルサクリファイス】ガーゴイル戦攻略

ソウルサクリファイスで、ガーゴイル戦の攻略です。

ガーゴイルの弱点属性

毒属性

部位破壊

頭、両腕

ガーゴイル戦攻略

ソウルサクリファイスは、ジャック・オ・ランタンの石版ともいうべき魔物で、行動パターンも似ています。
まず、ガーゴイルのタイプ石属性なので弱点は毒属性です。
そのため、基本的には毒属性での攻撃が有効です。
動きがゆっくりとして行動もおおぶりなので、供物のタイプは、わりとなんでも有効です。
毒属性の剣でがんがん斬っていってもいいですし、追尾系で攻めても、遠距離から爆破系の供物で攻めても有効です。

毒属性の供物で攻めると毒地獄にできるので(特に三又の追尾だと早いです)、その後に熱属性の攻撃で追撃することで大転倒にできます。
この転倒状態のときに、頭や腕などを集中して攻撃すると部位破壊を狙いやすいです。

また、ジャック・オ・ランタンと一緒で回転してのタックルは盾でガードすると転倒させられるので、そこも攻撃をするチャンスです。

注意する攻撃としては、体の中心に石を集めて貯めるような動作をした後、周囲を石化させて大ダメージを与えてくる攻撃をしてくるのですが、これは大ダメージを受ける上に石化してしまうので注意が必要です。

動きがゆっくりな上に回避しづらい攻撃が少ないので、ジャック・オ・ランタンと同じで立ち回りさえ慣れてしまえば比較的戦いやすい相手だと思います。

ガーゴイル戦のおすすめの供物

盾系の供物(回転突進ガード用・・・ほぼ必須)
毒属性の供物(メインウェポン・・・近接、追尾、爆破なんでも有効)
追撃用の熱属性の供物(追撃用)

【ソウルサクリファイス】ユニコーン戦攻略

ソウルサクリファイスで、ユニコーン戦の攻略です。

弱点属性

雷属性

部位破壊

頭部、両腕、盾

ユニコーン戦攻略

見た目はケンタウロスの氷バージョンといえるのがユニコーンですが、行動パターンは異なります。

まず、ユニコーンは氷属性の魔物なので、雷属性の攻撃が有効です。そのため、雷系の供物を中心に攻撃をしていくといいです。
雷属性の供物で攻撃をすると「痺れ地獄」にすることができるので、痺れ地獄である程度ダメージを与えた後に石系の供物で追撃をすることでダメージ+ダウンさせることができます。このダウン中に頭部を集中して攻撃することで頭部の部位破壊が狙いやすいです。

通常の走ってくる突進は盾でガードすることができないので注意ですが、後方にためた後、ジャンプして切りかかってくる攻撃はガードしてダウンさせることができます。

ためる動作の後、周囲の地面を凍りづけにする攻撃や、前方に氷を出してくる攻撃を多用してきますが、いずれも予備動作の時間が長いので距離をとれば回避可能です。

ユニコーン戦でおすすめの供物

雷系の供物(追尾か爆破系がおすすめ)・・・メイン攻撃用
石系の供物*1・・・痺れ地獄追撃用
盾系の供物*1・・・なくてもいいが、ジャンプして切りかかってくる攻撃はガードできるとひるませることができる

【ソウルサクリファイス】リブロムの涙の入手法について

ソウルサクリファイスで、「リブロムの涙」の入手法についてです。

ソウルサクリファイスで、リブロムがいる画面で、リブロムに触れることで、リブロムの涙を入手することができます。

リブロムの涙は、ゲーム中以下の場面で利用します。

・ 破損した供物の修復
修復に必要なリブロムの涙の量は、供物の★の数によって変わるそうです。

・ 禁呪の代償の修復
禁呪の使用による代償の状態を回復できます。

・ クエスト同行者の死別や離別を治すとき
クエスト同行者の、死別や離別などの関係性を修復することができる。

・ レベルを下げるとき
20リブロムで、レベルを下げることが出来る。

リブロムの涙は時間がたつと溜まっているかのように見えますが、そうではなく、追体験をクリア時に蓄積されています。

ボスのいる追体験クリア時に10、雑魚しか出てこない追体験クリア時に5、共闘のマルチプレイの場合は、更に貯まるようです。

そのため、追体験をどんどんしていると、自然とリブロムの涙は溜まっていきます。

【ソウルサクリファイス】ジャックフロスト攻略

ソウルサクリファイスで、ジャックフロスト戦の攻略です。

弱点属性

雷属性

部位破壊

頭、右腕、左腕

ジャックフロスト戦攻略

ジャック・オ・ランタンの氷版といえるのが、ジャックフロストです。ジャックフロストは、行動パターンがジャック・オ・ランタンとかなり似ています。

そのため、基本的な攻略方法としては同じです。丸まって転がってくるのを盾でガードして、転んだ所を集中攻撃します。ジャックフロストは雷属性が弱点なので、攻撃は雷系の供物で固めていくといいです。また、痺れ地獄になった時用に、追撃用の石系の供物があるといいと思います。

ジャックフロストは、ジャック・オ・ランタン戦で慣れていれば注意する点はそれほどないですが、注意する攻撃が、体に氷をためてから、周囲を凍りづけにしてダメージを与える攻撃です。与えるダメージが多い上に凍結が追加するので非常に危険です。

予備動作として、自分の体の周りに氷が集まってくるような動作をしたときは、逃げて距離を取るか、盾でガードをするといいでしょう。

おすすめ供物

盾系供物(回転攻撃をガードするため、ほぼ必須)
雷系供物(弱点属性を狙う、主力攻撃)
石系供物(痺れ地獄の追撃用)

【ソウルサクリファイス】ミノタウロス戦攻略

ソウルサクリファイスで、ミノタウロス戦の攻略です。

ミノタウロスの弱点属性

本体:無し
斧:雷

ミノタウロスは、本体は弱点がありませんが、持っている斧は雷属性が弱点です。

部位破壊

斧、顔

ミノタウロス戦攻略

ミノタウロスは、斧を破壊する前は、回復出来るポイントへ走って行き、杖をかかげてHPを回復する行動をとってきます。(周りに黒い球体をただよわせて、飛ばしてくることもあります。)

この際に、かかげている斧に対して投擲系の魔法などである程度ダメージを与えると、持っている斧をはじきとばすことができます。斧を弾き飛ばした後は、ミノタウロスは一定時間斧を探す動作を取り、無防備な状態になりますが、しばらくたつと斧を見つけて斧の場所まで走って行き、斧を拾ってまた同じ行動を取ります。

斧を弾き飛ばしてから一定の時間は、地面にささっている斧に攻撃することでダメージを与えることができ、一定のダメージを与えると斧を部位破壊することができます。斧は雷属性が弱点なので、雷で攻撃すると効率が良いです。

斧を破壊した後は、ミノタウロスは斧を拾っても回復行動を取らなくなります。そのため、はじめはまずは回復行動を取ったミノタウロスの斧を攻撃→斧を弾き飛ばして、斧を破壊することを考えるとよいかと思います。

斧を破壊した後は、普通にミノタウロスとの戦闘になります。

ミノタウロスは、弱点はないので何で攻撃をしてもいいですが、基本的には遠距離で戦うとダメージを受けず戦いやすいと思います。爆破系の供物がおすすめです。

また、しばらく地面を後ろ足でかいたあと突進をしてきますが、この攻撃は盾でガードできるので、その後しばらく攻撃のチャンスになります。

最初の杖を破壊するのは、投擲系の供物がないと厳しいので、投擲系の供え物はほぼ必須と考えて良いと思います。

おすすめ供え物構成

投擲系供物(かかげている斧をはじく)※ほぼ必須
盾系供物(突進をガード)
雷系供物(斧部位破壊用)
爆破系供物(通常攻撃用)
回復系供物
その他

【ソウルサクリファイス】ケンタウロス戦攻略

ソウルサクリファイスで、ケンタウロス戦の攻略です。

弱点属性

冷属性

部位破壊

頭、左右のランタン

ケンタウロス戦攻略

・ ケンタウロスは、冷気属性が弱点なので、冷気系の供物を中心に構成するといいです。冷気系の攻撃は凍結地獄を誘発するので、凍結地獄にして集中して攻撃するのが最も簡単な攻撃のチャンスです。雷系の供物で追撃も発生させることができるので、雷系の供物も持っておくといいです。
・ 回転攻撃を盾でガードすると倒れるので攻撃のチャンス。(回転攻撃が最後まで終わると、その後に放屁で周囲にダメージを与えてくるので注意)
・ 走って逃げた後、しばらく息を整えるので、攻撃のチャンス。(逃げる際に火種を蒔いていき、爆発していくので注意が必要)
・ ダウン時などには頭か左右のランタンを集中攻撃して部位破壊するとよいです。頭は部位破壊しやすいです。
・ 火の矢を放ってくる攻撃はかなりのダメージをくらうので、注意が必要。

【ソウルサクリファイス】追撃の効果について

ソウルサクリファイスで、追撃の効果についてです。

まず追撃とは、属性攻撃による「~地獄」の効果で敵モンスターを拘束中に、反属性の攻撃をすることで大ダメージを与えるとともに、モンスターを大転倒させることができるというものです。(また、追撃にすることで、戦果報酬に追撃ボーナスも入りますので、それもポイントです。)

まず、それぞれの属性に対する反属性は、以下のとおりです。
戦略的に、「~地獄」にすることができる供物がある場合は、追撃を与える供物を持っておくといいです。

・ 灼熱地獄・・・冷属性
・ 凍結地獄・・・雷属性
・ 痺れ地獄・・・石属性
・ 石化地獄・・・毒属性
・ 毒地獄・・・熱属性

また、注意点として、追撃を与えると「~地獄」の拘束が終了してしまう点にも注意が必要です。
そのため、追撃効果は、できれば拘束がとけるぎりぎりの時間帯で追撃をするといいです。
(そのため、共闘などでマルチプレイで、「~地獄」発動直後に追撃を入れたりしたら、かなり嫌がられると思います。)

【ソウルサクリファイス】グリフォン戦攻略

ソウルサクリファイスで、グリフォン戦の攻略です。

弱点属性

なし

部位破壊

両翼、頭

グリフィン攻略

・ 属性の弱点はないので属性はなんでもOK。
・ グリフォンは、空を飛ぶモンスターなので、投擲系の魔法が戦いやすくて便利。
・ 翼を片方でも破壊することで空を飛べなくなるので、戦いやすくなる。まずは片方でも翼を集中して破壊するといい。
・ 地上にいるときに「欲望金貨の袋」が効果があり、目の前に金貨があると拾い集める。
・ 腕を攻撃すると金を周囲にばらまき、しばらくお金を拾って攻撃のチャンスになる。
・ 地上にいるとき頻繁にしてくる突進は盾でガードすると攻撃のチャンス。
・ 閃光を放たれると周囲が見えなくなるが、グリフォンを心眼でおおまかな位置を捉えて逃げるといい。(閃光を放ってくるタイミングで心眼にしていれば回避可能。)

【ソウルサクリファイス】クラーケン戦攻略

ソウルサクリファイスで、クラーケン戦の攻略です。

クラーケンの弱点

雷属性

部位破壊

触手が破壊可能

クラーケン戦攻略

クラーケンは雷属性が弱点なので、基本的には雷属性の魔法を中心にして攻撃をしていくといいです。

雷で攻撃を加え続けると「痺れ地獄」にすることができるので、そのときが攻撃のチャンスなので、攻撃力の高い攻撃で一気にダメージを与えるといいです。

部位破壊可能な触手は投擲系の魔法があると破壊しやすいです。

前方に触手を地面から出して攻撃をしてくるのがリーチが長いのが要注意です。
あとは、ときとき前方にジャンプして攻撃してくるので回避しましょう。(予備動作に特徴があるので、慣れると分かります。)

【ソウルサクリファイス】ワイバーン戦攻略

ソウルサクリファイスで、ワイバーン戦の攻略です。

弱点属性

なし

部位破壊

頭、両翼、胸

ワイバーン戦攻略

ワイバーンは素早く動くボスなので、安全な戦い方は、距離をとって投擲系の魔法で戦うと安全です。

途中で分身して複数に分かれる時がありますが、本物にヒットさせるとダウンして攻撃の隙を作り出すことができます。

また、途中で暗くして見えなくしてくるのでそうなると戦いにくいです。

ワイバーンには弱点がないので、属性はなんでも問題ないですが、動きが素早いので基本的には速くヒットさせやすい攻撃で攻撃をしていき、ダウンした際にダメージの大きい攻撃で集中して攻撃をしていくといいでしょう。

部位破壊は普通に戦っていると勝手に部位破壊になるので、特に意識する必要はないかと思います。

ソウルサクリファイス プレイ評価/感想/レビュー

ソウルサクリファイス プレイ評価/感想/レビュー

いまさらですが、PSVitaで発売されたソウルサクリファイスをプレイしたので、感想を書こうと思います。
プレイ時間は20時間ほどで、ストーリー上は、ラスボスまでいっています。(クリアはしていません。)

感想としては、普通に良ゲームだと思いました。
以下、良かった点、悪かった点で気がついたことを書いてみます。

良かった点

・ 敵モンスターの作り込みがすごい。最初は強くて勝てないが、何度も戦っているとコツがわかってきて勝てるようになる。また、供物の組み合せ次第で戦略の幅が広い。
・ ストーリーはそこまでいいとは思わなかったが、最後まで進めると分かる隠された事実はよかった。
・ オンラインプレイでの共闘を気軽に楽しめる。
・ グラフィックの質は最高とまではいかないものの、3DSではこの表現は無理だろうというかんじはする。Vitaの能力を感じる作品。また、スマホでもこういった作品は無理でしょう。

マイナスだと思った点

・ ストーリー上で、ハーピーやジャックランタン、サイクロプスなど何故か同じモンスターと何回も戦うことになる。それはいいのだがストーリー上特に進める必要のないアヴァロンでは他の多くのモンスターの種類が用意されているのに、それらのモンスターが、何故かストーリー上で登場しないのがよく意味が分からない。せっかく用意しているのにもったいない。
(人によっては、アヴァロンプレイせずにストーリーだけ進める人もいそうなので・・・というか、私自身、アヴァロンの存在にゲーム終盤まで気が付きませんでした。ゲーム中でアヴァロンの説明もあまりなし。)
・ 様々な戦略が可能なものの、実際はソロプレイの際は遠隔系の攻撃方法で安全に、マルチでの共闘のときは凍結させてフルボッコなど、わりと戦略が固定になりがち。

個人的評価:★★★★★ 5/5
ハンティングアクションというゲームジャンルでいえば、何よりまずモンハンが有名で、ゴッドイーターがそれに続いているかんじですが、この作品も良ゲーだと思うので、じわ売れしてオンラインが盛り上がって欲しいゲームですね。

【ソウルサクリファイス】ロジア戦攻略

ソウルサクリファイスで、アヴァロンからの依頼である「森で待ち受け同業者」でのロジア戦の攻略です。

弱点属性

なし

部位破壊

なし

ロジア戦攻略

ロジアは魔法使い系の敵なので、遠距離で投擲系の魔法で距離をとって戦うと安全に戦うことができます。
「精力花の果実」などで攻撃力をアップしてから投擲系の魔法で攻撃をすることで、ほぼノーダメージで倒すことができました。
特に気をつけるポイントはないかと思います。

【ソウルサクリファイス】ヒュドラ戦攻略

ソウルサクリファイスで、ヒュドラ戦の攻略です。

ヒュドラの弱点属性

熱属性

ヒュドラの部位破壊

触手を部位破壊可能

ヒュドラ戦攻略

ヒュドラは熱属性が弱点なので、供物は熱属性中心で戦闘を行うと良いです。
熱属性で固めておくと「灼熱地獄」の追加効果を発生させやすいので、灼熱地獄で身動きができていない状態を狙って、近接系の攻撃で集中攻撃をするといいです。

炎の投擲系の魔法「怠弓師の矢尻」の中以上の供物があれば、戦いやすいと思います。

ヒュドラの攻撃では、前方へ地面から触手で攻撃をしてくるのは、リーチが長いので注意です。

ホーム > ゲーム > PS Vita

フィード

ページの上部に戻る