ホーム > 株式投資

株式投資のアーカイブ

SBI証券の特定口座で株の損出しを実際にやってみた

今年は株を少々やってみて、その結果、損出しと言われる含み損がある株の売却をやって意味があるのかどうか、調べてみました。

損出しとは

株は、利益を出した場合に、そこから税金が引かれます。

ただし、株の利益は他の損失と相殺することができるので、他の株取引で損失が出ている場合、支払う税金は安くなるわけです。

株は売却したタイミングで利益や損失が確定するので、含み損がある銘柄を売却することで、利益と相殺して節税効果があるわけです。

実際に計算してみた

今年の取引をトータルで見ると、3万円ほど利益が出ていました。

それに対して、税金が6000円ほど引かれていました。

そのため、6万円ほど損益が出ている株のうち半分を売却して、損失と相殺してみました。

結果、どうなったか

現在私が使用しているのはSBI証券の特定口座なのですが、SBI証券の仕組みとしては、年度開始からの売買益のトータルで、売却で利益が出ている分は、売却時に利益から税金が源泉徴収されて、逆に損失が出た場合は、その時点で、売却時に還付される仕組みになっているようです。

なので、利益が出た場合も、損失が出た場合も、年度開始時からの通算で自動的に税金の徴収/還付されるので、こちらで確定申告は(特定口座を使っている場合は)不要というかんじですね。

実際にやってみると、自動的に全てやって、徴収も還付もその時点ですぐにされるものだったので、非常に簡単な仕組みになっていました。

特に売却によるキャピタルゲインの利益通算がその年で大きい場合は、損出しは節税効果が大きいので、おすすめの節税方法と言えると思います。

なお、私の上記の例の場合、6000円の税金を損失で相殺して0にしましたが、売却と、再購入の手数料に2000円かかったのに加えて、買い戻す際に少し値上がりしてしまったので、3000円くらいの節税効果があったといえます。

私の例では微々たるものですが、100万単位くらいで利益が出ている人もいるかと思うので、その場合、節税効果はもっと大きくなるのでおすすめです。

※ 売却した翌日に買い戻すことで、そのまま売却した分をほぼ同じ価格で持ち続けることも可能です。値上がりしてしまうとショックですが・・・。

株の仕組みについてなんとなく理解できた

詳しくない人にとっては、何となく株というものが何なのか理解しづらい面もあると思います。

株の仕組みについて、何となく理解することができました。

株はなぜ売れるのか

株はなぜ売れるのかというと、基本的な理由としては「配当があるから」です。

株主というのは、言い換えると企業の資本金の共同出資者であり、お金を出資する代わりに、企業が利益を得たときに、その分け前を貰える権利を持つです。

議決権などもあるのですが、そこはメインではないと思うので割愛します。

企業が利益を上げる=もらえる配当金が増える=株式の価値が増大する

というのが、基本的な株式の原則です。

それで株の価値が上がったり下がったりするのです。

逆に企業の売上や利益が減少すると、配当金が減るので、株式の価値が下がるわけです。

しかし、株には無配の株も存在しています

では、なぜ配当がないのに株式の価値がつくかというと、企業が株主への還元をしない代わりに、企業の内部留保に回し、さらなる企業の成長を公約しているからです。

企業の価値を高めることで、還元がないけど、株の価値をあげているわけです。

株主は、企業が成長することで、将来の配当によるリターンがより大きくなることや、株式の価値が高まることで、売却益がより高くなるため、こういった無配の株でも成長する企業の株であれば購入がされます。

他の金融商品との比較

世の中には様々な金融商品が存在しています。

現金というのも一種の金融商品です。

銀行に現金を預けていると、僅かではありますが金利がつきます。

国債を買うと、償還期限まで保有していると、利息がつきます。

積立の保険を購入すると、利息がつきます。

株も所持していると、配当がつきます。

不動産は、活用することで賃貸料などの収益を得ることができる他、価格が変動します。

その他にも、現代の世の中には、無数の様々な金融商品が存在しています。

これらの金融商品を比較し、資産家は、自分の資産のポートフォリオを形成するわけです。

株式投資についての勉強メモ

株式投資についての勉強メモです。

株価収益率(PER)

現在の株価が、一株あたり純利益の何倍なのかを表す指標。
利益に対してどれだけ株価があるかを表している。
高いほど割高、安いほど割安。

株価 / 1株あたり純利益

株価純資産倍率(PBR)

現在の株価が、一株あたり純資産の何倍なのかを表す指標。
利益に対してどれだけ株価があるかを表している。
高いほど割高、安いほど割安。

株価 / 一株あたりの純資産

配当利回り

一株あたりの年間配当額 / 一株購入価格 × 100

ホーム > 株式投資

フィード

ページの上部に戻る