ホーム > 未分類 > Laravelとcakephpの違い

Laravelとcakephpの違い

phpのフレームワークであるLaravelとcakephpの違いについてのメモです。

共通点

MVCアーキテクチャ(Model-View-Controller)

違い

テンプレート記法

Laravelはbladeテンプレートで、cakephpは.ctpとなっていて、テンプレートの記法が異なっています。

Laravelのほうが独自な記法なかんじで、cakephpは普通のphpの構文に近い(htmlとphpのミックス)感じです。

コマンドラインインターフェース(CLI)

コマンドラインインターフェースが、Laravelはartisan、cakephpはbakeとなっていて、コマンドが違います。意味としてはほとんど同じです。

URL規則、ルーティング

Laravelは、サイトのURLとそれに対応して実行されるコントローラーはroute.phpで管理されますが、Cakephpは基本的には命名規則で決定され、ルーティングはおまけといったかんじです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9923
トラックバックの送信元リスト
Laravelとcakephpの違い - ITblog より

ホーム > 未分類 > Laravelとcakephpの違い

フィード

ページの上部に戻る