ホーム > 未分類 > 映画、「ソーシャル・ネットワーク」感想/レビュー

映画、「ソーシャル・ネットワーク」感想/レビュー

  • 2011年1月15日 6:42 PM
  • 未分類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日上映開始の映画、「ソーシャルネットワーク」を観てきたので、感想を書こうと思います。

※若干ネタばれも含みますので、ご注意ください。

さて、この映画ですが、現在世界最大のソーシャルネットワークサービスとなったfacebookをつくって起業し、若くして大成功し、億万長者になった、現在のアメリカンドリームを象徴するかのようなマークザッカーバーグ氏の、ハーバード在学中に起業してから成長するまでの出来事(の一部分)描いています。
当初に共にfacebookを起業した友人と、マークザッカーバーグ氏の訴訟の場面と、過去のハイライトが交互の繰り返される形で進行していきます。

この映画を観ていて気になったことなのですが、映画という性質上仕方ないのかもしれないですが、それぞれの人物の振る舞いや行動が誇張気味に描かれているように思えてならず(実際に誇張されているのかどうかは分かりませんが、、)これがフィクションなら全く問題ないと思うのですが、おそらく実際の人物が実名で登場しているため、これは名誉毀損になるんじゃないか?というようなシーンが至る所にありました、、。(そういう意味でも監督は難しかったことも多いと思います。)
※しかも、この映画に出ている人物はまだまだ現役で活躍している人も多いと思いますしね、、。

また、facebookといえば、海外(特にアメリカ)では知らないものはいないほど有名なサイトで、特にこの映画に対する注目度は高く、facebookというと説明も不要なほどと思うのですが、日本ではまだ特に一般の人ではfacebookを知らないような人も多く、その温度差もあるかなーと思いました。

個人的な感想としては、実際にあった出来事をやや誇張的に描いており、また映画としても今ひとつ盛り上がりというか見所に欠け(確執といっても、いってはなんだけどわりとしょうもないことが多い、、)映画として中途半端な印象を持ちました。

しかし、映画監督はデビッド・フィンチャー監督という言わずと知れた(?)名監督であり、それぞれの俳優も良い演技をしていたと思います。

管理人の評価 ★★★☆☆ 3/5
映画としては良い出来だけど、内容に関しては個人的には「、、、」という感じでした。
こういう作品はハリウッドの作品ではなく、演出抜きの純粋なドキュメンタリー作品でつくったほうがいいという感想です。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:2

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=1583
トラックバックの送信元リスト
映画、「ソーシャル・ネットワーク」感想/レビュー - ITblog より
trackback - KINOMANIE より 2011年1月19日

【映画】ソーシャル・ネットワーク…

2010年 アメリカ 原題:THE SOCIAL NETWORK 監督:デヴィッド・フィンチャー 脚本:アーロン・ソーキン 原作:ベン・メズリック 音楽:トレント・レズナー、アッティカス・ロス 出演:ジェシー・アイゼ……

trackback - ハンティントンのブログ より 2011年10月15日

【映画】ソーシャルネットワーク…

もう大分前に見ました 今年の初めくらいかな 話題になりましたモンね 上映時間が長くなりすぎるので 台詞を早口でさせたという演出も 話題になりましたね 鑑賞直後は ファーストシーンの彼女と話す主人公の早口は 主人公の頭の良さを…

ホーム > 未分類 > 映画、「ソーシャル・ネットワーク」感想/レビュー

フィード

ページの上部に戻る