ホーム > 時事ネタ

時事ネタのアーカイブ

ブラクラ中学生逮捕は何が問題なのかを分かりやすく解説

ブラクラサイトへのURLを掲示板サイトに書き込んだ罪で13歳中学生を含む3名が補導された事件を受けて、Twitterでも様々な議論がされました。

不正プログラム書き込み疑い補導 | NHKニュース

この事件について、自分も最初は何のことかよく分からなかったのですが、調べると警察の対応に問題があると感じたので、どういうことか分かりやすく解説してみます。

まず、問題となったのは、そもそも逮捕された人がそのサイトを作ったわけではないようなのですが、掲示板サイトにそのサイトURLを書き込んだということだけらしいのですが、そのサイトのソースコードが上記のようです。

このスクリプトがどのような動作をするかの解説

このスクリプトについてですが、サイトに埋め込んで実際に動作させてみると分かるのですが、ほとんど迷惑な動作をするものでありません。

単に指定されたメッセージが表示されて「OK」を押すことで次のメッセージが表示される。そこで「OK」を押すと、次のメッセージが表示されます。
これがずっと続くわけです。

一見すると確かに迷惑そうに見えますが、処理としては「メッセージが表示される」というだけのものです。

しかも、昔よくあったブラクラのように、無限に出てきてコンピュータがクラッシュするというものでもなく、「OK」を押さないと次のメッセージが表示されないので、コンピュータに対してクラッシュさせたり、フリーズさせたりといったこともありません。

つまり、「OK」を押さずにそのページを閉じると処理は終了するので、処理を終了するのも極めて簡単です。

つまり、実際に掲示板に書き込まれたURLを踏んでそのページに誘導されても、実害はほとんどないわけです。

昔あったようなブラクラは、そもそも今回の件はメッセージを表示するだけなのでブラクラにも該当しませんが、仮に今同様のブラクラのようなプログラムが実装されていても、最近のブラウザではそういった無限ループのプログラムには対応されていて実行されることはないようです。

つまり、逮捕した警察側に、そういった今回のプログラムがどういった動作をするかの知識が欠如しているために逮捕や家宅捜索にまでつながっているという見方ができます。

どう考えても、今回の件はウイルスに感染するでもなく、コンピュータがクラッシュするわけでもなく、これで逮捕されるのであれば、ちょっとしたジョークで逮捕されてしまうような事態になってしまうでしょう。

ブラクラ中学生逮捕事件に、javascriptの産みの親が降臨して言及

ブラクラサイトへのURLを掲示板サイトに書き込んだ罪で13歳中学生を含む3名が補導された事件を受けて、Twitterでも様々な議論がされました。

不正プログラム書き込み疑い補導 | NHKニュース

この件は、海外でも言及されて話題になっています。

そのやり取りが興味深かったので書いておきます。
(翻訳は微妙な部分を結構含んでるのですいません・・・)

まず、Googleで働いている日本人の方の投稿。

日本の警察は、たった数行のプログラムを実行するサイトへのリンクを投稿した人々を、「不正なプログラム」として逮捕しました。

信じられません。

これだと、多くのウェブサイトはFBIの統合任務部隊かなにかによって調査を受ける必要があるでしょう。
(冗談はおいておいて、日本の警察に、私はウェブブラウザ/セキュリティーについて解説を差し上げますので、ご連絡ください)

ここは、BrendanEich(Javascriptを作った人)の出番でしょう。

ここで本当にBrendanEichが降臨。

Netscape4ですら、Chromeの10年前にJSの無限ループの問題に対処していたよ。

Netscape2、3でも同じように対処するブランチコールバックがありましたが、しかし、それはいたって簡単です。

私達のJSであるNN4(SpiderMonkeyの最初にリリース!)ではそのスレッドで、knobchouck氏の功績により、1996年の秋にJSチームは2倍の規模に成長しました。

そうですねBrendan、私は知っています(泣)
広範な問題として、日本の警察は何に基づいて彼らを逮捕したのでしょうか…?
私は彼らの基準が何なのか理解できません。
昨年CoinhiveをWeb開発環境にインストールしたのも逮捕されました。
これは警告です。

ああ、CoinhiveからMoneoのマイニングですね、Moneroは法的処置としては有名ではありません。

日本の警察はMoneroが何かについての知識を持っていません。
彼らは逮捕した人々を「コンピュータへの訪問者を予期しないことに誘導していて、害を及ぼしている」としています。彼らのうちの何人かは政府とこの問題について法定で争っています。

わー。それが今年日本の日本ならば、専門家の助けが必要になるでしょうね。

彼らはコンピュータウイルスの法律に基づいて逮捕しているのかもしれませんが、無限ループとコインハイブの問題は別問題ですね。
それは注意が必要な傾向です。

ギリシャの財政破綻は何故起こったか?

巷では、ギリシャの財政破綻がニュースになっています。

ニュースになりつつも、「何でギリシャは財政破綻になってるの?何が問題なの?対岸の火事のようにいっているけど、日本は大丈夫なの?」といったことは考える人が多いのではないでしょうか。

かくいう私も全く知らなかったので、調べてみました。

粉飾決算による信用失墜

過去に、財政赤字がどのくらいあるかということを公表していたのですが、これが事実とは異なる「粉飾決算」をしていたので、市場から信用をなくしたということがギリシャの価値暴落のきっかけとなっているようです。(2010年1月)
また、上記の粉飾決算は、ギリシャだけでなく他のEU加盟国の信用までも引き下げることとなったようです。

ギリシャの赤字財政の原因

ギリシャの赤字財政には、以下の様なことが原因ではと言われています。

社会保障の財政圧迫

年金支給金額の水準が高く、支給開始年齢が55歳。

公務員が多すぎる

公務員の数が、全労働人口の1/4であったと言われています。
また、給与水準も財政状況を考えるとかなり良い給与をもらっていたようです。

ちなみに日本の公務員は全体の5%程度と、他の国と比較するとかなり少ないです。

脱税が多い

きちんと所得の申告をせずに、脱税をする人が多いようです。
このことが税収の低下につながっているといわれています。

ギリシャで起こっている暴動の原因

ギリシャでは、金融不安に陥ってから、近年デモや暴動があいついでいます。
それは、借金を返済するためにIMF(国際通貨基金)から資金の借り入れを行ったのですが、その見返りとしてIMFに沿った財政再建策をうちだしました。
この内容が

・ 消費税21%→23%
・ 年金の3割カット
・ 公務員給与削減

などがあります。

考えてみれば、財政の悪い国であれば仕方の内容のようにも思えますが、これらが国民の反発を買い、多くの暴動やデモが起こりました。

財政破綻の影響

EUの離脱の可能性

ギリシャの財政上の問題は、当然他のEU諸国との軋轢をうんでいるために、このままギリシャがEUで存続をするためには、他の国との協調をしっかりととらなければいけません。

ホーム > 時事ネタ

フィード

ページの上部に戻る