ITblog

Laravelのバージョンを確認する

2016年12月25日

Laravelのバージョンについては、コマンドラインで以下のコマンドで確認することができます。

php artisan –version

ただ、このコマンドをコマンドラインで使用したところ、以下のエラーが出ました。

Could not open input file: artisan

調べてみたところ、このエラーが出る理由としては、Laravelのプロジェクトフォルダに移動していないと駄目ということのようです。

Laravelで作成したプロジェクトのフォルダへ移動してコマンドを実行してみたところ問題なくバージョンが確認できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。