ITblog

Apple Storeが為替レートを変更。これまで1$=115円だったのが、1$=85円に

2011年07月14日

appstoreの為替レートが変更

Apple Storeがドルと円のレートをこれまでの1$=115円から1$=85円に変更し、その結果は既に現在App Storeに反映されているようです。

これによっての変化としては、これまでのアプリは全体的に値下がりしたといえそうですが、この対応に応じて、一部のアプリは値上げをするかもしれないので、トータルで見て安くなるかどうかといったところは現段階ではよく分かりません。

値段が下がるともちろん開発者にとっては収益がさがることになりますが、それによって売れる個数は増えるかもしれませんので、トータルで見たところ、これまでとどうかわるかといったところでしょうか。

(確かに収益に若干変化はありそうですが、よくできたアプリは売れますし、そうでないアプリはうれないということは、余り変わらないかもしれないですね。)

ひとまず、特に値段が高かったアプリほど、値下げ幅が大きくなっていますので、ほしいアプリがある人は、今のうちに買っておいたほうがよいかもしれません。
(しばらくすると値上がりするかもしれませんしね。)

しかし、よく分からないのは、これまでは

1$のアプリを購入=115円購入者が支払う(実際は1$=85円くらい)
開発者には1$*0.7が支払われる

ということだったとすれば、その差分は金額はどうなっていたんでしょうか、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。