ホーム > 技術系 > Wordpress

Wordpressのアーカイブ

WordPressでソースコードにSQLを直書きで新着記事を10件表示する

WordPressで、ソースコードにSQLを直書きで新着記事を10件表示するというのをやってみました。

やりたいこと

PHPのファイルにSQLを直書きで、新着記事から10件の記事を表示したい

何故SQL直書きが必要なのか

WordPressには、新着記事を指定件数表示する記述が準備されているので、通常であればSQL直書きで記事を取り出す必要はありません。

しかし、今回やりたいことは、WordPressのサブディレクトリにインストールした別のWordPress(ブログ用)から、新着記事を表示したいということです。

もともと、Simplepieというライブラリを使ってやっていたのですが、サイトをhttps化すると取得ができなくなってしまいました。(理由は分かりません)

そのため、仕方なしで、本体のサイトでブログのデータベースに接続し、そこから最新記事を取り出すことにしました。

SQL文は以下のようなかんじです。

一応解説すると
wp_posts ・・・ WordPressの記事が格納されているテーブル
post_title ・・・ 記事タイトル
guid ・・・ 記事のURL
post_status = publish ・・・ 記事が公開されている
order by post_date desc limit 10 ・・・・ 最新記事から10件

あとは、普通に while文でループして記事を出力したらOKでした。

WordPressのソースコードを読み込んでPHP勉強

良いプログラムを書くには、良くできたプログラムのソースコードを読むことだということで、まずはオープンソースソフトウェアのWordPressのソースコードを読むことで、良いコードの勉強をしてみます。

ちなみにWordPressはPHPで書かれているのでPHPの勉強になります。

関数定義の前にコメント

関数名の前にはコメントがついている
その関数が何をする関数なのか、どのバージョンからか、グローバル変数、引数、返り値の型と、それぞれの解説が入っている

インデントはタブスペース

インデントはタブスペース1つで作られている。
タブスペースは半角空白4つ

defineの前にコメント

defineでマジックナンバーを定義する前にコメントが書かれている

requireの前にコメント

requireで外部ファイルを読み込む前に一行コメントが書いてある

現在のファイルの書き方

dirname( __FILE__ ) .

これで現在の階層のファイルの場所が読みだせる

コメント

ファイルの先頭に、そのファイルが何についてのファイルかのコメントが書かれている
コメントはあらゆる処理の前に書かれていて、他人から見てその処理が何なのか分かりやすい

プログラムの処理の流れ

index.php
テーマを使用することの宣言

wp-blog-header.php
ワードプレスの環境とテンプレートの読み込み

wp-load.php
ライブラリの読み込み
——————-
マジックナンバーの設定
wp-config.php
設定情報の読み込み
===================
設定情報の読み込み
wp-setting.php
セッティングの読み込み
#######################
load.php
関数定義ファイル
default-constant.php
初期値が設定してある
plugin.php
関数が定義してある
“””””””””””””””””””””””
class-wp-hook.php
クラスとメソッドの定義
“””””””””””””””””””””””

#######################

===================

——————-

wp()
ワードプレスのクエリの実行

template-loader.php
テンプレートの読み込み

WordPressSSL化後の管理画面のリダイレクトループの対処法

WordPressのサイトURLをHTTPからHTTPSに変更した後に管理画面にログインすると、500エラーでリダイレクトループが発生していると表示され、管理画面にログインできなくなりました。

以下は、対処した方法のメモです

wp-config.phpに以下を追記

wp-config.phpに以下の箇所を追記します。

追記する箇所がポイントで、wp-settings.phpを読み込む前に記述しないと、管理画面にログイン後に「このページにアクセスする権限がありません。」と表示されて別のエラーが表示されるので注意が必要です。

wp-config.phpの末尾に追記してしまうと上記のエラーが表示されたので、記述位置には注意してください。

WordPressのカスタムパーマリンクのURL末尾の1が消える現象に対処

WordPressで、カスタムパーマリンクを使っていて、以下のようなことを実現しようとしていました。

パーマリンクを使ってURLを作成し、以下のようなURLのページがあったとします。

http://example.com/test/

このページに /test/ ディレクトリ以下に、数字の /1/というURLを付加し、パラメータとして処理をしようとしました。

http://example.com/test/1

上記のようなURLにして、数字の1を取り出して、プログラム内で処理しようとしていました。

しかし、いざ実行してみると・・・

http://example.com/test/1

とアドレスバーに入力すると

http://example.com/test/  

にリダイレクトされてしまうという現象が・・・・

何故?

ちなみに

http://example.com/test/2

とアドレスバーに入力すると、問題なく表示される。

何で2は通るのに1が駄目・・・?

ということで、問題に対処するために、

WordPressのソースコードに

echo $_SERVER[‘REQUEST_URI’];

を処理開始部分から追記していって、URLがどこで変化しているかを調べてみました。

すると、最初の段階では

http://example.com/test/1

と画面上に出力されていました。

それが、どこで変化しているのか・・・

結論としては

/wp-includes/template-loader.php内の

do_action( ‘template_redirect’ );

この処理の後で、

http://example.com/test/1 → http://example.com/test/

にURLが変化していました。

そして、上記の処理(do_action( ‘template_redirect’ );)をコメントアウトしてみたところ、

http://example.com/test/1

きちんと処理されるようになりました。

この処理を飛ばすとサイトの表示に問題が起きるわけでもなく。

というわけで、調査の結果としては以上となりました。

WordPressをSSL移行でアクセス数が大幅に減少・・・原因を考察

最近のGoogleからの推奨で、ウェブサイトの全体SSL化が推奨されていますね。

私が運営している複数のサイトも、SSLに対応するため、複数のサイトをSSLに対応しました。

SSL移行の手順

手順としては以下の通りです。

1. サイトをHTTPSで見れる設定にして、記述を諸々変更する
2・ 301リダイレクトでHTTPへのアクセスはHTTPSへ飛ばす
3・ ウェブマスターツールでHTTPSのサイトを新しく登録し、Google AnalyticsのサイトのURL設定を変更する

といった形で、複数のサイト(10サイト程度)をほぼ同時期にHTTPS化しました

SSL化する方法としては、Cloudflareの無料SSLを使っています。

結果

結果としてですが、複数のサイト(10サイト程度)で、アクセス数の増減が発生しました。

SSL化してすぐに発生したわけではなく、1週間か2週間程度経ってから発生しました。
(それまでは問題なかったのにです。)

サイトのアクセス数の減少度合いはサイトによってばらつきがあり、最も大きく減少したサイトは、アクセス数が6割程度減少しました。

少ないサイトでは2割程度の減少で、サイトによってはアクセス数がほぼ変動なしのサイトや、むしろ増加したサイトも見られました。
(大幅に増加したサイトはなく、微増といったかんじです)

何故アクセス数が減少したかの考察

アクセス数が減少した理由についていろいろと調査してみましたが、まず、ウェブマスターツールを調べてみたところ、サイト全体の平均検索順位の低下はそこまで顕著には見られませんでした。

それにも関わらずアクセス数が減少幅が大きいサイトで6割も減少したのは、別の理由がありました。

原因としては、HTTPS移行後の特定のURLがインデックスに登録されなくなったことにありました

ウェブマスターツールで調べてみたところ、以前はインデックスされて上位に表示されていた複数のページが

「Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました」という結果でインデックスから削除されていることが確認されました。

それらのページがランディングページとしてサイトに流入していたアクセスがごっそり消えてしまったわけです

上記のエラーは、HTTPのURLとHTTPSのURLが混在しているため、HTTPSのほうを非表示にしているといった内容ではなく、何故か移行後の特定のURLがそれまでは単一のURLとみなされていたのが重複URLをみなされてインデックスから除外されてしまうということが発生してしまったわけです。

これには正直困りました。

なぜなら、そのサイトでも、特定のページは問題なく移行できているものもあるのに、特定のURL(パーマリンク設定のURL)のぶんだけ移行できなくなってしまったからです。

設定に不備がなかったからサイトのページを何度も確認してみましたが、Canonical設定の不備や記述の不備も見当たらず、困り果ててしまいました。

そもそも、サイトやページによって何故こうもばらつきがあるのかも理解できませんでした。

HTTP→HTTPSへの完全な移行には一ヶ月ほどかかるそうなので時間がかかるのであれば仕方がないですが、もし回復しなかった場合、致命的な結果ということになります。

結論:サイト全体のHTTPS化は一概に推奨はできない

HTTPSの通信は、ネット通販で個人情報を入力するサイトなど、サイトによってはなくてはならない必須の技術です。

しかし、サイト全体のHTTP→HTTPS化は、移行に伴う検索順位の低下のリスクが伴うことが分かりました。

移行手順に不備があった可能性も考えられますが、それがGoogleの管理コンソールにどういった理由かも表示されず、ただ一方的に順位の低下やインデックスからの削除のみ、結果として受け取らないといけないのは、Google側の不備としかいいようがない気がします。

HTTPS化はGoogleから推奨はされているものの、検索順位のアップなど、メリットが明確に受け取れるわけではないので、どうしても必要という場合以外は見送ったほうが賢明な判断だと思いました。

Nginx+php7へのWordPress移行で苦労した点まとめ

PHP7+Nginx

サイト運営に利用していたサーバを、サーバの運営に利用していたPleskの値上がりを受けて別のサーバへ移行しました。

サーバの環境もけっこう代わりました。

移行前の環境
php5+Apache

移行後の環境
php7+Nginx

すんなりサーバが移行できたわけでなくて、いろいろとトラブルも発生したので発生した問題点と、解決方法について備忘録として書いておきます。

1.サーバを移行しようと思った理由

これまで使用していたサーバの月額費用が、Pleskのライセンス費用で値上がりしたと、いってみればそれだけの理由です。
試算してみると、Plesk抜きのサーバへ移行すると月額2000円〜最大で3000円ほど(年額換算で3万円ほど)節約できる試算になったのでこのタイミングで移行することにしました。

2,移行したサーバ会社

ConohaのVPSに移行しました。

Conohaを決めた理由としては

  • サーバに最新技術が導入されていてサイトの動作速度向上が期待できる
  • Pleskは使えないが、Kusanagiコマンドで簡単にサイト設定を行うことができる
  • 費用面でサーバのメモリを少なくすれば月額費用はかなり少なくてすむ

という点になります。

2.移行プロセス

カスタムパーマリンクが機能しない

まず、サーバ管理のソフトウェアをApacheからNginxに変更しました。

理由としては、速いから? よく分かりませんがそうしました。

そしてPHPのバージョンを7にしてみたのですが、これはうまく行かず、理由としては、WordPressのカスタムパーマリンクが上手く機能しなかったから。

URL/〜〜〜/〜〜〜/

上記のようなWordPress上で設定していたURL設定が機能せず、Not Foundとなる。
この解決方法がわからなかったので、別の方法を考えました。
(理由としてはNginxの設定だったのですが、最初は分かりませんでした)

Apache + HHVMを試してみる

結局サーバのNginxではだめだったので、HHVMでサーバを変更してみることにしました。

HHVMというのはPHPのバージョンの1つのようなものなのですが、NginxではなくApacheで動作します。
kusanagiだとワンボタンでサービスを変更できるので、変更してみたところ、問題なくサイトが機能した・・・ように見えました。

訪れる謎の高負荷と、サーバダウン

HHVM+Apacheは、HHVMのキャッシュに機能で動作が非常に高速で、サーバ移行前と比べると動作が高速化してめでたしめだたし・・・・かと思いました

が、数時間おきにサーバに謎の高負荷がかかりサーバダウンするという現象が起きました。

とりあえず応急処置としてこまめにHHVMの再起動設定

調べてみたところ、ConohaのKusanagiのHHVMは不安定でときどきダウンすることがあるということでした。

応急処置として、cron設定で1分ごとにHHVMを再起動するように設定しました。
これにより、仮にサーバがダウンしても長時間そのままダウンし続けるという自体は避けることができます。

原因はよく分からないのですが、とりあえず同様の現象の方はいたようで、またあくまで応急処置で、数時間に一度、数分程度サーバがダウンしてしまうということ自体が解消されたわけではなく、さすがにその状況でサーバを運営し続けることは品質面で問題といえます。

そこで、別の方法を検討することにしました。

すると、Nginxに切り替えると安定するということでした。

Nginx+PHP7に再度挑戦

最初にいったんやろうとしてあきらめたNginx+PHP7への移行に再度挑戦してみることにしました。

Conohaのサービスでは、サーバをイメージ保存しておいて、そのコピーのサーバを簡単に作成できるので、HHVMのサーバは残した状態で、コピーしたサーバを作成し、Nginxの設定に変更してテストを行いました。

こういうことがコントロールパネルから簡単にできるのも、Conohaの優れている点です。

カスタムパーマリンクの対応

まず、カスタムパーマリンクが動作しない点については、Nginxは.htaccessが使えないのでNginxの設定ファイルに記述しないといけないということでした。

Nginxの設定ファイルは、nginx.confというファイルに設定されているのですが、このファイルに正規表現を使って様々な記述がされていたので、この設定をサイトごとに設定しました。

この作業は少し手間がかかる作業でしたが、完了することで、無事パーマリンクが機能するようになりました。

PHP7で動作しないファイルの修正

次に、以前のサーバがPHP5で動かしていたので、PHP7になることで動作しないファイルが大量に出現したので、これらのエラーファイルを順に修正していきました。

エラー箇所の特定は、Nginxのエラーログファイルを見ながらエラー箇所を特定し、修正してきました。

これらは運営しているサイトの数が多かったのでかなりの作業量が必要になり、なかなか大変な作業だったのですが、HHVMにしたときに数時間おきに少しの間サーバがダウンするのはサービス品質に対して影響が大きいだろうということでやむをえず行いました。

PHP5の記述とPHP7では、特にデータベース回りの記述が変更になっている箇所が多かったので、修正箇所は多岐に渡りました。

また、WordPressのプラグインも、PHP7に対応していないプラグインは削除したり、ファイルの修正で対応できるものは対応するということが必要になりました。

サーバの移行完了

これらの作業を終えることで、無事Apache+PHP5からNginx+PHP7への移行が完了しました。

つまづいた点としては、

  • .htaccessが使えないのでパーマリンク設定をnginx.confに記述しなければならない
  • PHP5の記述が一部動作しないのでエラーが起こる点はPHP7で動作するように修正しなければならない

という主に2点になります。

思った以上に移行作業は時間はかかりましたが、結果的にサーバのランニングコストを下げることができ、サイトもNginx+PHP7になったことで高速化したように見えるのは良い点ではないかと思います。

まだサーバが移行したばかりなので予期せぬトラブルはあるかもしれませんが、しばらく様子見したいと思います。

【WordPress】.htaccessでドメインの301リダイレクト

ウェブサイトのドメイン変更時に、.htaccessを使ってドメインごと301リダイレクトする場合の記述についてです。

example.com を
example2.comに移転する場合の記述です。

# BEGIN WordPress

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(example\.com)(:80)?
RewriteRule ^(.*) https://example2.com/$1 [R=301,L]


# END WordPress

以上の記述をリダイレクトする前のサイトのドキュメントルートに設置することで、301リダイレクトできます。

リダイレクトした後に、WordPressのデータベースの投稿内に含まれているドメイン名は置換します。以下のSQLで置換できます。

update wp_posts set post_content = replace(post_content, ‘example.com’, ‘example2.com’);

ホーム > 技術系 > Wordpress

フィード

ページの上部に戻る