ITblog

【パズドラ】究極進化のデメリット

2015年02月12日

パズドラで、究極進化のデメリットについてです。

まず、究極進化とは、究極進化が可能なモンスター(通常進化の最終形態)に、必要な素材モンスターを合成することで可能です。
そのため、素材さえあれば究極進化することが可能ですが、どのタイミングで究極進化させるかというのは、悩む人もいるのではないかと思います。

まず、究極進化させても、レベル上げに必要になる経験値やゴールドなどに変化はありません。
そのため、レベル1で究極進化させようと、レベル99で究極進化させても同じです。

究極進化させることでステータスが上がったり、副属性がついたり、スキルの効果が上がったりと、基本的にはいいことづくめなのですが、1つだけデメリットがあります。

それは、モンスターのパーティに入れる際のコストが上昇するということです。

そのため、レベルが低いうちは、これまで構成可能なパーティだったのが、コストが上がってパーティに入れられなくなることもあるので、その点だけは注意が必要になります。
また、その点で制限付きダンジョンのパーティ構成にも影響がでることがあります。

それ以外はほとんどデメリットはないので、それだけ問題無いかを考えて究極進化させるかどうかを考えるとよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。