ITblog

DNSのPTRレコードの必要性について

2022年02月12日

DNSのPTRレコードの必要性についての解説です。

DNSレコードには「PTRレコード」という項目があり、通常使われるAレコードやAAAAレコードは、ドメイン名からIPアドレスを記載するということで分かりやすいのですが、IPアドレスからドメイン名を逆引きするって・・・・何のためって思わないですか? 私は思いました。

ユーザは普通はIPアドレスからドメイン名を逆引きしたいケースってそれほどないと思いますので。

色々調べてみた結果、こういう場合役に立つというケースがありました。

例えば、nslookupというコマンドがあり、このコマンドでは、引数にホスト名をドメイン名か、IPアドレスでも指定することができます。

IPアドレスを指定してnslookupを実行すると、ドメイン名が結果として帰ってくるわけです。

これは、nslookupで問い合わせる権威サーバが、IPアドレスに対応するドメイン名を持っているからみたいです。

そのあたりでPTRレコードがゾーンファイルに設定されているから、ドメイン名がきちんと帰ってくるみたいですね。

上記がnslookupコマンドの仕様として正しいのかどうかは、調べられてないので間違っていると申し訳ありませんが、「確かに、IPアドレスからドメイン名を逆引きするケース(コマンド)」は存在する。

ということで、その必要性は腑に落ちましたという話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。