ホーム > 技術系 > adsense

adsenseのアーカイブ

Googleの自動広告で、モバイル全画面広告だけは削除した

だいぶ前からですが、Googleが自動広告を出す設定にしていて、それを利用しているユーザも多いのではないかと思います。

Googleの自動広告は、設定で「テキスト広告とディスプレイ広告」「インフィード広告」「記事内広告」「関連コンテンツ」「アンカー広告」「モバイル全画面広告」の6種類があります。

私も運営しているサイトにGoogleの自動広告を導入していたのですが、このうちで「モバイル全画面広告」だけは削除しました。

なぜモバイル全画面広告を削除したか

以下が、なぜモバイル前画面広告を削除したかの理由についてです。

1.ユーザ体験を著しく悪化させる

なぜモバイル全画面広告を削除したかというと、まず自分のサイトをスマホでチェックしているときに、リンクをクリックしたときに画面全体に広告がバンと表示されるのですが、これは、そのサイトを使うのをやめたくなるレベルで印象が悪いマイナスの体験でした。

いくら広告がクリックされて収入がでても、こんなに露骨に広告が表示されるサイトは使いたくないと思ってしまいました。

2.収益、クリック数が少ない

Adsenseのレポートを確認してみたところ、自動広告全体のパフォーマンスは優れていましたが、その中でのモバイル全画面広告のパフォーマンスはあまり良いとはいえませんでした。

クリック率は他の広告と比べても悪くはなかったのですが、表示回数が少ないので収益も全体からすると大きな割合ではありませんでした。

まとめ

自分で使ってみて単純に邪魔だったのと、収益がよくないという2つの理由から、自分の運営しているサイトからモバイル全画面広告を外しました。

Adsense自動広告の関連コンテンツのクリック数の確認方法

最近Google Adsenseの、自動広告が利用可能になりましたが、自動広告の中で、関連コンテンツの広告があります。

関連コンテンツは、ページの下部に、同ドメインサイトの関連コンテンツを自動で表示してくれる機能で、複数の関連コンテンツと、関連コンテンツに合わせて広告も表示してくれます。

本記事では関連コンテンツの広告のクリック数と、関連コンテンツの広告でない記事のクリック数の確認方法について掲載します。

関連コンテンツの広告のクリック数

adsenseの広告ありの関連コンテンツのクリック数
※クリックで拡大

Adsenseの管理画面で、パフォーマンスレポート→詳細レポート→「広告フォーマット」で確認できます。

要求されたコンテンツの種類→「ネイティブ/関連コンテンツ/広告あり」の項目を見ると、クリック数や収益が確認できます。

広告でない関連コンテンツのクリック数

adsenseの関連コンテンツの表示回数
※クリックで拡大

Adsenseの管理画面で、パフォーマンスレポート→一般的なレポート→アカウント全体の画面で、
「関連コンテンツ」タブをクリックすることで確認が可能です。

ホーム > 技術系 > adsense

フィード

ページの上部に戻る