ホーム > cakephp | 技術系 > CakePHPのaddBehaviorについて

CakePHPのaddBehaviorについて

CakePHPのaddBehaviorメソッドについての解説です。

CakePHPのチュートリアルを進めていると、Tableクラスで以下のような記述があります。

class ArticlesTable extends Table
{
    public function initialize(array $config)
    {
        $this->addBehavior('Timestamp');
    }
}

上記の意味がわからなかったのですが、調べてみると以下のような記述がありました。

デフォルトの設定は以下のようになっています:

  • 新しく Entity を保存するとき、 created と modified に現在の日時を設定します。
  • Entity を更新したとき、 modified に現在の日時を設定します。

上記のように宣言することで、対象のテーブルの項目「created」と「modified」が、データが作成されたときにタイムスタンプが更新されるようになる他、データが更新されたときにmodifiedの項目が自動で更新されるようになるということです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9928
トラックバックの送信元リスト
CakePHPのaddBehaviorについて - ITblog より

ホーム > cakephp | 技術系 > CakePHPのaddBehaviorについて

フィード

ページの上部に戻る