ホーム > javascript | 技術系 > Javascriptのクロージャについて解説

Javascriptのクロージャについて解説

Javascriptのクロージャについての解説です。

Javascirptのクロージャとは何か

Javascriptのクロージャとは何か。

私の理解では

関数の中で関数を定義したもの

という理解です。
(あくまで私の理解です)

まず、基本的なところで

・ 関数を定義すると、関数内で定義した変数は関数外部から参照できない

という性質があります。
これはほとんどの人が知っていると思います。

例えば

function func() {
  var value = 1;
  console.log(value);
}
func(); // 1
console.log(value); // undefined

上記のようなプログラムの場合、関数を実行した場合、実行結果は
1になりますが、関数内の変数を出力した場合、
参照できていません。

function func() {
  var value = 1;

  function innerFunc() {
    value++;
  }
  innerFunc();
  console.log(value); // 2
}
func();

上記のようなプログラムの場合、関数の内部でinnerFuncという関数を定義して関数内で実行しています。
このinnerFUncをクロージャといいます。

innerFunc内では、外側の関数(エンクロージャ)で定義している
変数valueを呼び出していますが、その値を参照できているだけでなく、
更新することができます。

つまり、javascriptでは、関数の中で定義された関数の仕様は通常の
関数と、その外側の領域と違い、その関数内部で変数を参照したり、更新
したりできるのです。

このような仕組みを利用して、関数を定義する際に使用することがありますので、
性質として覚えておくと良いでしょう。

どのようなときに使うのか?

上記のクロージャの仕組みを使うと、関数内の変数の値を維持したまま、
その関数内の値を更新するプログラムをかけたりします。

例えば、関数内で定義した変数を、その関数内の関数を定義して返すような
関数にすることで、関数の外で変数を定義して更新したりしなくても、
関数を実行する度に関数を実行できたりするわけです。

書き方によってはクロージャを使わなくても実装できる場合もありますが、
コードがよりシンプルになったり、便利なケースがあるようです。
(未だにそういう場面に遭遇したことがないので分からない・・・)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9914
トラックバックの送信元リスト
Javascriptのクロージャについて解説 - ITblog より

ホーム > javascript | 技術系 > Javascriptのクロージャについて解説

フィード

ページの上部に戻る