ホーム > javascript | 技術系 > JavascriptのSymbolについて解説

JavascriptのSymbolについて解説

JavascrotのSymbol機能は、もともとJavascriptに存在していた機能ではありません。

ECMAScript6 (ES6, ES2015) で導入された機能です。

使い方

var a = Symbol();

このように使うことができます。

こうすることで、aには他の値を被らない値(具体的な数値ではない)が、自動生成されて代入されます。

例えば

var a = Symbol();
var b = Symbol();

上記のように定義しても、aとbの値は異なった値になります。

値の型はtypeofをすると「symbol」と表示される、独自の型となっています。

何のために存在しているのか

何故このような機能が追加されたのかというと、
自分でユニークな値を設定したつもりでも、他の値と予期しない形で衝突することが
あるため、そのような状況を防ぐためです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9913
トラックバックの送信元リスト
JavascriptのSymbolについて解説 - ITblog より

ホーム > javascript | 技術系 > JavascriptのSymbolについて解説

フィード

ページの上部に戻る