ホーム > 技術系 > TinyMCEを特定のtextareaに対して無効にする方法

TinyMCEを特定のtextareaに対して無効にする方法

TinyMCEを、特定のフォームに対して無効にする方法についての解説です。

TinyMCEは、簡単に入力欄にWYSIWYGを導入できるので便利ですが、
デフォルトの設定だと全てのtextareaにWYSIWYGが導入されてしまうため、WYSIWYGがついてほしくない
textareaはどうしたらいいのか分からず少し調べました。

TinyMCEのバージョンによって設定方法が異なると思うので、自分が使っているバージョン(4系)についてです。

TinyMCEを導入する際に、ヘッダの部分に以下のような記述があると思います。

tinymce.init({
            selector: "textarea",
            branding: false,

この箇所を、以下のように書き換えます

tinymce.init({
            selector: "textarea#mce",
            branding: false,

こうすることで、「textarea id=”mce”」となっているtextareaのみがTinyMCEの対象になります。

ちなみに、classでもいけます。

tinymce.init({
            selector: "textarea.mce",
            branding: false,

idだと、1つのテキストエリアしか対象にできないので、複数のテキストエリアを対象にしたい場合は、クラスで定義するのが有効です。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9907
トラックバックの送信元リスト
TinyMCEを特定のtextareaに対して無効にする方法 - ITblog より

ホーム > 技術系 > TinyMCEを特定のtextareaに対して無効にする方法

フィード

ページの上部に戻る