ITblog

Laravelで、404エラー permission deneidに対処

2019年02月18日

LaravelをCentOS、nginx環境にインストールしたのですが、初期設定完了後にサイトへアクセスすると、404エラーが発生しました。

エラーログを確認すると

permisson denied

が発生

phpファイルへのアクセスが拒否されているようです。

該当のエラーが起きているファイルやディレクトリを

chmod 777 エラーが起きているファイル

にしています。

結果、そこから先のファイルがさらにエラー

プロジェクトフォルダとファイルを全て777にしたらいけるんでしょうけど、それはそれでセキュリティに不安が残ります。

そもそも、nginx環境のphpのサイトで、プロセスを実行しているユーザってどのユーザなのでしょうか。

ps コマンドでプロセスを監視してみます。

すると

httpd php-fpm

となっていたので、ユーザ「httpd」が実行しているようです。

ユーザ「http」が属しているグループはどこなのでしょうか。

groups httpd

httpd : www

ということで、httpdユーザは、グループ「www」に所属していました。

プロジェクトフォルダのオーナーをwwwに変更してみます。

chown -R ユーザ名:www プロジェクトフォルダ名

これで、該当のフォルダのオーナーのグループが「www」になりました。

これで、サイトにアクセスするとエラーが消えて無事にサイトが表示されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。