ホーム > 技術系 > Twitter開発者アカウントに軽い気持ちで申請したらリジェクトされた

Twitter開発者アカウントに軽い気持ちで申請したらリジェクトされた

1開発者として、Twitterの開発者用アカウントを取得してTwitter APIの使い方の練習をしたみたいと思ったので、とりあえず開発者用のアカウントに登録しようと試みてみました。

やってみたいと思ったのは、とりあえず勉強がてらということで、特定のツイートをタイムラインで検索して、特定のワードを含むツイートがあった場合に自分に通知するというアプリ。

それで、このTwitterの開発者用のアカウント、以前は取得が誰でもすぐできたらしいのですが、厳格化されているらしく、使用目的やアプリの仕様について詳しくTwitterの審査チームに伝えないと申請が通らなくなっているらしいです。

とりあえず最初に審査が来たのですが、Twitterチームからの返答としては

——————————————–

以下の情報を追加でください

・ あなたの使用例では、政府や公共機関がTwitterのコンテンツや情報にアクセスします
・ あなたの製品ややサービスや政府や公共機関が使用する特殊な使用例です

——————————————–

という内容だったのですが、ユーザとして政府や公共機関は想定していないので、それらはユーザとして使用しないということで返答しました。

すると返答として要約すると、

———————————————–

もっと詳しい仕様やユースケースをくれ

———————————————–

という内容のメールが来たので、具体的な仕様や想定例について最初に書いていた内容を詳しく書いて返信しました。
すると

————————————————-

あなたのTwitterの開発者用アカウントは許可されませんでした。
関心を持ってくれてありがとうございました。

—————————————————-

という返事が・・・。
さらに開発者用のアカウントにアクセスして、アプリのページにアクセスすると

————————————————-

あなたはアプリを作成できません。
あなたの開発者アカウントはリジェクトまたは凍結されたのでアプリを作成できません。

————————————————-

と表示されました。

申請した内容に問題があったのかと思い、メールで、何が問題があったのか教えて欲しいと送ったのが返事がなく、かつ、別のプランで再申請は可能かと書いたところ、これも返事がありませんでした。

正直、これは不親切極まりないと思ったのですが、調べてみたところ、同じアカウントで再申請できる箇所が今のところ見当たらないので、申請したTwitterアカウントを開発者アカウントとして使用することはできないようで、別のTwitterアカウントを作成して、そのアカウントから再申請するしかないようです。

開発者に対してTwitterの運営が厳しくなっている昨今の事情に加えて、ポリシーや解説が全部英語なので、それらのハードルが高い開発者としては、なかなか苦労が強いられますね・・・。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9829
トラックバックの送信元リスト
Twitter開発者アカウントに軽い気持ちで申請したらリジェクトされた - ITblog より

ホーム > 技術系 > Twitter開発者アカウントに軽い気持ちで申請したらリジェクトされた

フィード
リンク集

ページの上部に戻る