ホーム > 技術系 > MySQLのビュー内でのサブクエリとビューの扱いについて

MySQLのビュー内でのサブクエリとビューの扱いについて

MySQLで、複数のテーブルを組み合わせた処理を行うときに、ビューは便利な機能です。

ビューを使うことで、よく使うテーブルの組み合わせで都度構文を組み立てる必要がなくビューを呼び出すとよいだけに簡素化されます。

ただし、ビューでも定義するときに、複雑な処理のビューを作ろうと思った場合、注意する必要があります。

まず、ビュー内でサブクエリを呼び出すのは、特定のバージョンまではできなかったのですが、最新のバージョンではできるようになっているようです。
MySQL 5.7、MariaDBなら10.2以降はできますが、それ以前のバージョンではできません。

その場合で少し複雑なビューを作ろうと思った場合、複数のビューを組み合わせることで実現可能です。

まずビューの中で呼び出そうと思っていたサブクエリにあたるビューを定義し、そのビューをビューを定義する際に呼び出すといったやり方です。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9675
トラックバックの送信元リスト
MySQLのビュー内でのサブクエリとビューの扱いについて - ITblog より

ホーム > 技術系 > MySQLのビュー内でのサブクエリとビューの扱いについて

フィード
リンク集

ページの上部に戻る