ホーム > Linux | 技術系 > データベースのバックアップをDropboxへ転送する方法

データベースのバックアップをDropboxへ転送する方法

サイトの運営をしていて考える必要があることは、ウェブサイトのバックアップをどう取るかです。

仮にバックアップを取っていない場合、何らかの問題が起こってサーバ上のデータが消えた時に、取り返しがつかなくなります。

サーバ上のデータが消える原因としては、作業ミス、サーバのハッキング、サーバ会社川野問題など、様々なものがあります。

これらの問題に対処するための方法もまた多様で、サーバ自体を多重化することなどもありますが、基本はバックアップを取ることです。

中でもデータベースは、毎日変化する場合もあるため、こまめにバックアップを取ることが求められます。

バックアップを取る基本は、cronでデータベースのダンプファイルをサーバ内の特定のバックアップフォルダに保存することですが、この場合、サーバ自体が消えてしまったときにバックアップがありません。

そのため、サーバ自体の障害に対応するためには、サーバの外部ストレージにデータを定期的に退避させておくことも重要になりますが、手動でやると手間がかかります。

1つの方法として、Dropboxにバックアップデータを転送する方法があります。

Dropboxは無料である程度の容量までは使用できるため、バックアップを取る方法の1つとして優れています。

ただし、セキュリティ的には100%安全とはいえないので、顧客の個人情報を含む場合の方法としては推奨できません。

手順についてなのですが、Git Hubで、Linux系のOSからDropboxにファイルをアップロードするシェルスクリプト(dropbox_uploader.sh)が公開されているので、それを利用する方法は簡単なのでおすすめです。

具体的な手順としては、Qiitaの以下のページに詳しく掲載されていますので参考にするとよいと思います。

さくらVPSのデータのバックアップに Dropbox を使ってみる

流れとしては、サーバにdropbox_uploader.shをアップロードして実行権限を与え、必要なDropboxへのアクセス情報(トークン情報)を設定してやるとシェルスクリプトが利用可能になるので、あとはcronで実行することでDropboxへ好きなタイミングでアップロードできます。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9618
トラックバックの送信元リスト
データベースのバックアップをDropboxへ転送する方法 - ITblog より

ホーム > Linux | 技術系 > データベースのバックアップをDropboxへ転送する方法

フィード
リンク集

ページの上部に戻る