ホーム > iPhone | アクセサリ > iPhone4Sのケース、バンパー、アクセサリや周辺機器などまとめ

iPhone4Sのケース、バンパー、アクセサリや周辺機器などまとめ

国内では10月14日(金)に、いよいよ最新のiPhoneであるiPhone4Sが発売されます。

そこで、iPhone4Sで使うことができる周辺機器やアクセサリなどを当ブログではまとめてみました。

iPhone4Sは外見の形状、サイズについては基本的にはiPhone4とほぼ同じですが、消音ボタンの場所など、微妙にiPhone4と異なる部分もありますので、ケースなどのアクセサリや周辺機器購入の際には、注意が必要です。

1)液晶保護フィルム

iPhone4Sでは、iPhone4で使うことができた液晶保護フィルムをそのまま使うことが可能です。

iPhone4Sのデフォルトでは、画面はむき出しの状態なので、表面に指紋や汚れ、傷などがつきやすい状態のため、ほぼ必須ともいえる商品です。様々な種類のフィルムが色々なメーカーからでていますので、好みで選ぶとよいでしょう。

また、ケースやバンパーを購入時に、フィルムがセットになっているものもあるので、よく確認しておくとよいでしょう。


アンチグレアタイプ(つや消し)タイプなので指紋が目立ちません。2枚セットです。

気泡が入らない液晶保護フィルムです。

iPhoneの全面/側面/背面をシートで保護します。入った気泡も時間の経過とともに消えて行くことも特徴です。

光沢タイプの保護シートです。表と裏両方に付けられます。

厚さ0.1mmの超薄型フィルム。
一度剥がして隙間のゴミなどを掃除したあとの再貼付が可能です。

透過度が高く、貼っていることを感じさせない液晶保護フィルムです。

2)ケース、バンパー

iPhoneを保護する、または、デザインの見栄えを自分好みにするケース、バンパーです。ケースやバンパーをつけることで、本体が傷ついたり、汚れがつくのを防ぐことができます。

iPhone4とiPhon4Sの形状は変わっていないように見えますが、日本でソフトバンクから販売されていたiPhone4と、iPhone4Sでは、消音スイッチの場所が僅かに異なるため、その点だけは注意が必要です。

そのため、iPhone4Sのケースを購入する際には、念のため「iPhone4S対応」と確認できるものを購入するのが安全です。

iPhone4とiPhone4Sの形状の違い

iPhone4Sのケースは、デザインから機能まで、非常に多くの種類あるため、自分の好みのデザインや機能がついたものを購入すればよいと思います。

また、ケースと保護フィルムがセットになっているものもあるので、購入前によく確認しておくとよいでしょう。


液晶保護シートセットの本革のケースです。

iPhone4S専用のクリアケースです。※10月28日発売予定

現在世界一薄い(0.5mm)iPhone4/4S用のケースです。

厚さ1mmのiPhone 4/4S用の世界最薄バンパーです。液晶保護フィルムも付属しています。

カラーバリエーション豊富なiPhone4/4Sケースです。液晶保護フィルムもセットになっています。

人気の「Minimal Skin Case」がiPhone4S仕様で登場。液晶保護フィルム付き。
※11月1日発売予定

透明度が高く耐久性に優れたTPU素材を使用したiPhone用ケースです。
液晶保護フィルム付き。

メタリック調の、ポリカーカーボネート製ジャケットです。
サイドのスリットデザインが特徴です。

iPhone4 をスマートに保護できる バンパーフレームタイプの ケースです。
液晶保護フィルム付き。

3)スキンシール

iPhone4Sのデザインを個性的でおしゃれに演出するシールです。
いろいろなデザインのものがあります。下記で紹介するものは、表、裏、側面に装着するもので、何度も貼り直し可能です。画面部分はくりぬきですが、PCサイトから、同じデザインの壁紙をダウンロードできます。


ブラックモデルでもホワイトになります。

4)ワイヤレスキーボード

ワイヤレスキーボードがあると、長文を書きたいときなどにはより効率よく作業ができるようになると思います。

ワイヤレスキーボードは、Appleの純正のキーボード(6,800円)もありますが、持ち運びに便利な、サードパーティ製の折りたたみ式のキーボードも人気です。

5)モバイル充電器

iPhone4Sのバッテリー駆動時間はiPhone4とほぼ同じくらいあるようですが、充電器があると、いざというときに使用時間を延長することができます。充電器には色々な種類がありますが、eneloopモバイルブースターがおすすめです。1つ持っておくと、iPadや、その他のモバイル機器の充電にも使うことが出来ます。


大型サイズです。満タン状態だと、1回は十分フル充電可能です。

小型サイズです。満タン状態だと、1回とちょっとフル充電可能です。

スティックタイプの充電器です。

6)ヘッドホン

iPhone4Sにははじめからイヤホンがついていますが、ワイヤレスのヘッドホンや、より音質の良いヘッドホンを利用可能です。iPhoneはbluetooth対応なため、ワイヤレスのヘッドホンがおすすめです。


小さく、ポケットに入れても違和感のないサイズです。

斬新なデザインが特徴のワイヤレスヘッドホンです。

大きさでは最も小さなサイズの部類のワイヤレスヘッドホンです。

耳掛け型のワイヤレスヘッドセットです。

7)USB接続ケーブル

iPhone購入時には最初からPCと接続するケーブルがついていますが、1つだけだとなくなったり、持ち運びや、なくなったときや故障したときに困るので、追加や予備のケーブルを購入しておくと便利かもしれません。


iPhoneとPCをUSBで接続する、巻き取り式のケーブルです。

8)Apple Digital AVアダプタ

Apple Digital AVアダプタ

Apple Digital AVアダプタがあれば、iPhoneの画面を、家のテレビのスクリーンに映し出すことが出来ます。ミラーリング機能を使うことで、iPhone4Sの画面に表示されている内容と全く同じものを、テレビやプロジェクタに表示できます。主に動画の再生などに役に立つと思います。

必要な商品は、Apple Digital AVアダプタのみです。商品は3,980円(税込)で購入できます。

こちらのアダプターはiPhone4でも使えるみたいですが、ミラーリング対応(画面をそのまま映す)に対応しているのは現時点ではiPad2とiPhone4Sのみのようです。

Apple Digital AVアダプタは、Apple Storeから購入できます。

9)タッチペン

指を使わずに入力ができるペンです。

iPhone4Sは指で入力がしやすいように作ってあるので、絶対必要ということはないでしょうが、絵を描いたり、細かい部分を操作する際などはあるとより便利になるかもしれません。

その他周辺機器やアクセサリ

その他の周辺機器やアクセサリについてまとめてみました。


iPhoneのドックコネクタ接続部分を保護するカバーです。

iPhoneのイヤホンジャック(イヤホンを差し込む穴)のキャップです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=3752
トラックバックの送信元リスト
iPhone4Sのケース、バンパー、アクセサリや周辺機器などまとめ - ITblog より

ホーム > iPhone | アクセサリ > iPhone4Sのケース、バンパー、アクセサリや周辺機器などまとめ

フィード

ページの上部に戻る