ホーム > iPad | iPhone > iPhone4とiPadを両方使って感じたこと

iPhone4とiPadを両方使って感じたこと

iPadも、iPhone4もどちらも発売してから割とすぐに購入しました。それで、どちらもだいぶ使い込んだのですが、感じたことをまとめてみます。

※iPadは3ヶ月、iPhone4は2ヶ月ほど使ってみたことになります。

まず、最初に思うことは、「iPhone4最強」ということです。

よく、「iPhone4とiPadのどちらかを買おうと思うんだけど、どっちが良いか」なんて言うことを聞かれることがありますが、その場合、私ならiPhone4と即答します。

iPadを買ってはじめのころは、まずiPadの処理速度通信の速さバッテリーの持ちなど、ほとんどの点で私が以前使っていたiPhone3Gを上回っていたので、少しでかけるときは、iPadをどこにでも持っていっていました。

しかし、iPhone4がでてからというもの、まず、処理速度、通信の速さはiPadをほぼ同レベルかiPhone4のほうが若干良いくらいで、バッテリーの持ちに関しても以前のiPhone3Gに比べると格段に改善され、外出中にバッテリーが切れることがかなり少なくなったため、iPadが持っていた圧倒的なアドバンテージはほとんどなくなってしまいました。

現状で、iPadがiPhone4より優れている点は、「画面の大きさ」「タイプのしやすさ」「iPad専用アプリ」くらいの程度になってしまいました。それでも、やはり画面が大きいのは嬉しく、ゲームをしたりや本を読むのは、iPhoneの小さい画面よりは見やすいので、自宅で使うときはiPadをメインで使います。

というわけで、iPadを使わなくなったということはないですが、以前ほど重宝しなくなったことは確かで、iPadは自宅中心での利用になってきています。出かけるときはiPhone4でたいてい足りますね。。長時間でかけるときは、バッテリーの持ちの関係でiPadがあると安心ですが。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=1155
トラックバックの送信元リスト
iPhone4とiPadを両方使って感じたこと - ITblog より

ホーム > iPad | iPhone > iPhone4とiPadを両方使って感じたこと

フィード

ページの上部に戻る