ホーム > Laravel | 技術系 > homesteadの502 Bad Gatewayエラーに対処

homesteadの502 Bad Gatewayエラーに対処

Laravelでサイトを構築するのに、仮想環境でHomesteadを利用していたのですが、サイトへアクセスすると、最初だけ「502 Bad Gateway」というエラーが表示される状況に遭遇しました。

しかも、ずっと表示されるわけでなく、何回か再読込をすると解消するという謎の状況。

とりあえず、nginxのエラーログを見てみると、以下のエラーが。

[error] 2276#2276: *472 recv() failed (104: Connection reset by peer) while reading response header from upstream, client: 192.168.10.1, server: homestead.test, request: “GET / HTTP/1.1”, upstream: “fastcgi://unix:/var/run/php/php7.3-fpm.sock:”, host: “homestead.test”

このエラーで対処法をググっていろいろ調べていたところ、対処法が見つかりました

New Laravel (Homestead) installation: 502 Bad Gateway – *Refresh* – the website is displayed correctly | stackoverflow

以下の通りにすることで治りました。

まずは、/etc/php/7.3/mods-available/xdebug.iniを編集します

sudo vim /etc/php/7.3/mods-available/xdebug.ini

上記ファイルの行の頭に「;」を全てつけてコメントアウトします。

nginxと、php7.3-fpmを再起動します

sudo service nginx restart
sudo service php7.3-fpm restart

これで、502 bad gatewayのエラーは出なくなりました。

xdebugというのが、phpのエラーを詳細に追いかけるツールだそうで、それが有効になっていることの副作用的なかんじでしょうか?

何にせよ上記を無効にすることで治りました。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9877
トラックバックの送信元リスト
homesteadの502 Bad Gatewayエラーに対処 - ITblog より

ホーム > Laravel | 技術系 > homesteadの502 Bad Gatewayエラーに対処

フィード

ページの上部に戻る