ホーム > IT関係 > メルカリをはじめて使ってみた感想

メルカリをはじめて使ってみた感想

メルカリ

これまでネットショップで売買をするのにはもっぱらヤフオクを使っていたのだが、新しいものも使ってみないと分からないということで、使ってみました。

以下、メルカリを使ってみた感想です。

メルカリの良い点

1.登録が簡単

サイトに登録をするのがまず簡単です。
本人確認やらややこしい作業が必要かなと予想していたのですが、かなり簡単に登録することができました。
口座情報などは後から設定が可能です。

2.出品が簡単

出品するのが簡単です。
使ってみたのは、本を出品する「メルカリカウル」というサービスがあってそれを使ってみたのですが、本の出品がバーコードをスマホで読み取ると登録でき、値段も売れ筋の価格が自動で登録されるというもの。
本1冊の登録に1分もかからないという手軽さに驚きました。

3.配送が簡単

配送も提携しているヤマトなどの配送所やコンビニを使うと簡単です。
スマホから生成したバーコードを読み取ることで送り主と宛先の情報が自動で登録されます。
手書きで住所や氏名、電話番号を書く必要が無いことには驚きました。

欠点

1・手数料を取られる

欠点としては、手数料を取られることがあげられます。
手数料は売上の10%取られるので、1万円の商品を売り上げたら1000円は手数料で取られてしまいます。
このため、高額の商品であればせっかく売れても手数料である程度取られてしまうのがネックです。
自分で経営しているネットショップであれば手数料をとられずにすむので、仮にそちらで売ることができるのであれば、そちらのほうが利益率は高いですね。

総合的な感想

総合的な感想としては、「とにかく簡単」ということは何よりもメリットとしてあげれます。
めんどくさい部分をシステム化・自動化して、利用者にとって取引が楽にできる形態がつくりあげられていると思います。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9603
トラックバックの送信元リスト
メルカリをはじめて使ってみた感想 - ITblog より

ホーム > IT関係 > メルカリをはじめて使ってみた感想

フィード
リンク集

ページの上部に戻る