ホーム > IT関係 > centos6でApacheのログ肥大化対策

centos6でApacheのログ肥大化対策

centos6で、Apacheのログが肥大化してサイトがクラッシュする事故が起きたので、対策を取ることにしました。

調べてみた結果、centos6の場合

/etc/logrotate.conf

このファイルにログファイルのローテーション数と間隔が入っているので修正するとよいということ。
開いてみると

# rotate log files weekly
weekly

# keep 4 weeks worth of backlogs
rotate 4

と、初期設定では1週間毎の間隔で4つのログファイルを作成するようになっているようです。
で、このくらいでサーバが一杯になってしまっていたようです…。

ディスク容量どんだけ少ないんだって話ですけど、ログは大事といえども、これまでの運用でそこまでログを活用したことがなかったので、以下の様に変更しました。

# rotate log files weekly
daily

# keep 4 weeks worth of backlogs
rotate 4

これで、少しはマシになるはず。これで様子見してみます。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
https://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9327
トラックバックの送信元リスト
centos6でApacheのログ肥大化対策 - ITblog より

ホーム > IT関係 > centos6でApacheのログ肥大化対策

フィード

ページの上部に戻る