ITblog

phpmyadminでCSVインポートが途中できれるのに対処

2014年07月10日

とある案件で、CSVの大きなデータがあり、それをphpmyadmin経由でデータベースにインポートする必要がありました。

そこで、ローカルにテスト環境を構築し、phpmyadmiを入れて早速データインポートのテスト。

しかし、途中まで取り込みは成功するのに、何故か途中で画面が真っ白になってしまい、2万件ほどあるデータのうち7000件ほど出きれてしまう状態。

ネットでいろいろと対応策を探してみた。

まずはphpの設定を見なおしてみて、upload_max_filesizeや、post_max_size、memory_limitとか、、。

しかし、どれを設定してみてもうまくいかない。

しかし、最終的にはふとしたことがきっかけで対応することができた。

それは、はじめはCSVがShift-Jisの文字コードだったので、インポートもShift-Jisでインポートしていたのだけれど、テスト中間違えてURTF-8にして取り込むと、文字化けはしたものの、問題なく2万件全て登録できた。

ん・・・UTF-8だったらいけるのか?

ということで、CSVファイルをUTF-8で保存し直し、UTF-8でインポートし直してみると、、、うまくいきました。

ということで今回はこの方法で解決。
原因の詳しいところはわからずじまいだったが、文字コードに関する微妙な問題だったんだと思われる。

ちなみに、使っているPCはMACで、CSVを編集したり、UTF-8に変換するのは、CSVエディター2というソフトを購入して使っている。

1800円するので導入するのには少しためらいはあったが、最低限必要な機能はひと通り揃っているので問題なく今のところ使えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。