ITblog

EC-CUBE2.11系でおすすめのサーバ選び

2012年04月03日

EC-CUBEでネットショップを作成するという方で、サーバをどこにしようかと悩む方は少なくないと思います。

個人的な見解でいえば、そこまで大規模なネットショップでないならば、サーバは比較的どこでも問題無いと思います。(動作保証がついていることは大事ですが)

ただし、問題となってくるのは、あまりないとは思いますが、商品点数が数千点を超えるようなショップを運営する場合です。

こういった場合、サーバのスペックが速度に反映されることもありますので、サーバもそれに適したサーバを選択することが重要になってくると思います。

ec-cube 2.11を使った場合、選択したサーバでどこまで速度が違うのかで、役に立つ記事が以下にあります。

「EC-CUBE2.11.0」いよいよリリース! 国内No.1ECオープンソースの最新版を徹底解剖
第3回 EC-CUBE 2.11.0 はどこまで速くなったのか
https://gihyo.jp/design/serial/01/ec_cube2011/0003

上記の記事はかなり参考になります。

1万商、カテゴリも30個、規格も各商品

としてテストした場合

サーバ:EC-CUBEクラウドサーバ(アドバンス)→メモリ2GB

バージョン TOPページ 商品一覧(あるカテゴリーの1ページ目を15件表示)
2.11.0 0.8秒 1.6秒

サーバ:EC-CUBEクラウドサーバ(ファースト)→メモリ500MB

バージョン TOPページ 商品一覧(あるカテゴリーの1ページ目を15件表示)
2.11.0 13秒 9.4秒

上記のように、サーバのスペックでここまで差がでてきます。

これは、PostgreSQLを使った場合でも、程度の差はあれ同じようです。

つまり、ある程度大規模ショップを展開するのであれば、それに見合ったスペックのサーバを契約しておいたほうがよいということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。