ホーム > ゲーム > XBOX360

XBOX360のアーカイブ

「ライトニングリターンズFF13」の発売日が11月21日に発売決定!

ライトニングリターンズFF13の発売日が11月31日に決定!

開発中のスクウェア・エニックスの新作ソフト「ライトニングリターンズ・FF13」の発売日が、2013年11月21日(木)に決定したと発表がありました。

『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』発売日が11月21日に決定、数量限定BOXも【動画追加】 – ファミ通.com

スクウェア・エニックスは、2013年秋発売予定としていたプレイステーション3、およびXbox 360用ソフト『ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII』の発売予定日を2013年11月21日(木)と発表した。価格は7770円[税込]。スクウェア・エニックス e-STOREでは、数量限定で『ファイナルファンタジーXIII-LIGHTNING ULTIMATE BOX-』も発売される。

ライトニング リターンズ FFXIII [E3 Trailer (日本語版)]

ライトニングリターンズFF13公式サイト
https://www.square-enix.co.jp/fabula/LightningReturnsFFXIII/

このゲーム、興味が無いわけじゃないんだけど、発売日が11月だとモンハン4(9月)とポケモンXY(10月)がまだ終わってなくてプレイする時間がない気がする。
GE2も年末っぽいし、今年は後半はやるゲームが多すぎる気が。いいことなんだけどもうちょっと発売日がばらけてほしいよね。
ちなみに、このゲームってどんな位置づけのゲームなのかがいまいち分からない。FF13-2の続編っぽいかんじなんですかね?
FF13-2は最後のほうまでは進めたけどクリアしてないままだなあ、、、。

ダークソウル2の開発が決定!発売日は2014年以降とのこと

ダークソウル2の発売が決定!

フロムソフトウェア発売の人気ゲーム「ダークソウル」の続編「ダークソウル2」の開発が明らかになりました。

公式サイトがオープンし、トレイラームービーが公開されています。

ダークソウル2トレーラー

https://youtu.be/xOaTHylQDz8

トレーラーを見る限りでは、「これまでこんな高画質のゲームあったか?」というほどのハイクオリティなムービーとなっています。

ただ、気になる点としては、映像のクオリティに力を入れすぎて、肝心のゲームの面白さが損なわれることがないように希望しています。
(過去の人気作品で、いくらでもそういったゲームはあるので、F○とか、、、。)

また、情報によると、ダークソウル2では、シリーズの生みの親である宮崎氏は開発から外れているそうです。
(スーパーバイザーという立場になり、現在は別の作品の開発に力を注いでいるとのことです。原因については定かではありませんが、シリーズで業績を評価された結果、新規IPの開発を行っているのかもしれません。)

個人的には、デモンズソウルのシリーズは、日本最高峰のクオリティのゲームだと思うので、もちろん期待しないわけはないですが、来年度中に発売することはないようなので、発売まで首を長くして待つしかなさそうです。

ドラゴンズドグマ、他のプレイヤーと協力して討伐する「Ur-Dragon(ウルドラゴン)」戦動画を公開

今月末に発売を予定しているカプコンの新作ゲーム「ドラゴンズドグマ」ですが、共同して討伐する「Ur-Dragon(ウルドラゴン)」戦という要素があることが明らかになりました。

カプコン公式ブログ(海外)

ウルドラゴンとは、ゲーム中のとある場所に現れる巨大なドラゴンで、一定時間たつといなくなます。
ゲーム上の他のプレイヤーとで与えたダメージが蓄積されていき、討伐時に最後にダメージを与えたプレイヤーが報酬を得られる他、討伐に参加したプレイヤーも報酬を得られるそうです。

個人的にはこういったクエストが、上記だけではなく他にも多くあると楽しそうだなとは思います。
動画を見る限りクオリティも高そうですし、要素としては面白いですね。

「ドラゴンズドグマ」の海外ゲーム雑誌での評価

今月末に発売予定のドラゴンズドグマ。
海外の雑誌でのレビューがいくつかあがってきているようです。

EDGE
7/10

Game Informer(北米最大のゲーム雑誌)
8.5/10

上記の評価を見ると微妙なのかなと思う人もいるかもしれませんが、特に上の「EDGE」という雑誌は辛口な評価がつくことも多いようなので、7点といっても悪いかどうかはよくわかりません。
ちなみに、EDGEという雑誌での他のゲームの評価は以下のようになっています。

ダークソウル 9/10
スカイリム 9/10
ドラゴンズドグマ 7/10
FF13 5/10
ff13-2 5/10

ちなみに、Game Informerという雑誌での、他のゲームの評価は以下

スカリム 9.5/10
ff13 9.25/10
ダークソウル 8.75 /10
ドラゴンズドグマ 8.5/10
ff13-2 8/10

スカイリムは確かに素晴らしいゲームですが、個人的にはダークソウルのほうがスカイリムよりも好きですし、まあ点数といってもそのまま鵜呑みにはできないでしょう。
とはいえ、いいゲームなのでしょうが、トータルの出来としては何か物足りない部分があるのかもしれません。

「ドラゴンズドグマ」のマルチプレイ要素はなし(ただしオンライン要素はあり)

ドラゴンズドグマのマルチプレイ要素はなし

5月にカプコンから発売される新作ゲーム「ドラゴンズドグマ」ですが、「ダークソウル」のような、他のプレイヤーとのオンラインで一緒に冒険するマルチプレイ要素はないようです。

ただし、オンライン要素として、「ポーン」というプレイヤーの相棒のようなキャラクターをプレイヤー間同士で貸し借りするシステムがあるようです。

プレイヤーは、プレイヤー自身に加えて、プレイヤーの相棒として共に成長する「メインポーン」が一人、他のプレイヤーのメインポーンを借りてつれていくことができる「サポートポーン」二人と共に冒険をすることになります。

サポートポーンは、冒険の途中で変更することができるようで、「リム」という石碑のような場所で条件を指定して呼び出すことが可能です。

サポートポーンを、状況に応じて戦士系のものを呼び出したり、魔法使い系を呼び出したりと、色々と組み合わせを変えて楽しむことができます。

また、自分よりレベルの低いサポートポーンは無償で呼び出すことができますが、自分よりレベルの高いサポートポーンを呼び出すには、それ相応の代償が必要といったシステムになっているよです。

※追記

最新の情報で、全てのプレイヤーと強力して倒す(ウルドラゴン戦)」という新オンライン要素があることが明らかになりました。

カプコンの海外公式ブログCapcom Unityにて、『Dragon’s Dogma』の新要素となる“Ur-Dragon”バトルの詳細が公開されました。

“Ur-Dragon”はゲーム中のどこかに潜む巨大なボスドラゴンで、非同期で進行するオンラインエンカウンターという形式を採用、プレイヤーとポーンが与えたダメージとエフェクトは、ドラゴンが倒されるまでオンライン上の他のプレイヤーと共有されていきます。
“Ur-Dragon”を倒すには複数回のバトルが必要とされるそうですが、ダメージを与えた全てのプレイヤーが戦利品を入手でき、名前や日時が殿堂に記録される上、最後の一撃を見舞ったプレイヤーには最高級の報酬が与えられるとのこと。

なんとなくMMOっぽい討伐要素もあるということでしょうか。モンハンでいえば、MHFの「ラヴィエンテ」を彷彿とさせますね。

ドラゴンズドグマのオンライン要素「ポーンの貸し借り」についてまとめ

5月に発売されるカプコン発売の新作ゲーム「ドラゴンズドグマ」。

このゲームでのオンライン要素となる「ポーン」の貸し借りについて、当記事でまとめてみます。

情報については、ドラゴンズドグマの公式サイトからのものです。

ポーンとは

ゲームの重要な意味を持つ「ポーン」システム
ゲームの重要な意味を持つ「ポーン」システム

まず、ポーンとは、「人の外観を持った、人ならざる存在」という説明がされています。
各地に点在する古代文字が刻まれた「リム」と呼ばれる石を介して、ポーンを召喚することができます。

ゲーム中、主人公であるプレイヤー以外に、メインポーン1人、サポートポーン2人の合計4人でゲームをプレイすることになります。

メインポーンとサポートポーン
ゲーム中で、プレイヤーはメインポーン1人とサポートポーン2人と共闘する。

メインポーンとは、常にプレイヤーと行動を共にし、経験や知識を得て成長します。転職も6職種に可能です。
サポートポーンとは、オンライン経由で借りた、他のプレイヤーが育てたメインポーンです。オフラインの場合は、ゲーム内でスカウトすることが可能です。

各地にある「リム」に触れることで、条件を指定してポーンを召喚することができます。状況に応じたサポートポーンを選ぶことで、ゲームを有利にすすめることができるようです。

これらのポーンとの組み合わせや連携しての共闘が、ドラゴンズドグマのゲームの大きな魅力といえそうです。

また、プレイヤーの相棒である「メインポーン」は、他のプレイヤーに貸し出すことができます。
他のプレイヤーに貸して冒険をすることで、ポーンはその冒険上での知識を得て戻ってきて、モンスターの弱点など、旅先でプレイヤーに様々なアドバイスをしてくれるようになるといったこともあるようです。

メインポーンは他のプレイヤーに貸し出すことで、知識を得て戻ってくる
メインポーンは他のプレイヤーに貸し出すことで、知識を得て成長する

カプコンの新作「Dragon’s Dogma(ドラゴンズドグマ)」の発売日が5月24日に決定!B’zの主題歌も公開

Dragon's Dogma

カプコンがかねてから開発中の新作ゲーム「ドラゴンズドグマ」の発売日が5月24日になることが公式に発表されました。

また、主題歌が入った新しいトレーラーも公開されました。
主題歌を担当しているのはB’zで「into Free -Dangan-」という曲名。

主題歌も視聴できるトレーラーはこちらから。

PS3/Xbox 360『Dragon’s Dogma』4th TRAILER

トレーラーを見るだけでも、かなり力を入れた作品であることが見て分かります。
ここまで力を入れた新規タイトルはなかなかないと思うので、多くのゲームファンが期待する作品になるのは間違いないかと思います。

また、本作品には、バイオハザード6体験版のコードも付属しているとのこと。

2012年は、ドラゴンズドグマ、バイオハザード6,モンスターハンター4と、カプコン発の多くのゲームが楽しませてくれる一年となりそうです。

ドラゴンズドグマ公式サイト

「バイオハザード6」の発売が公式に発表!発売日は2012年11月22日、公式サイトもオープン

バイオハザード6の発売が公式に発表!

CAPCOMが世界に誇るサバイバルホラーゲーム「バイオハザード」シリーズの最新のナンバリングタイトルである「バイオハザード6」の発売と、発売日が公式に発表されました。

発売日は2012年11月22日と今年度末で、ハードはPS3、Xbox360、PCに対応しています。
希望小売価格は7,990円(税込)

CAPCOM:BIOHAZARD 6 公式サイト

https://www.capcom.co.jp/bio6/

公式サイトに詳しい情報はまだ掲載されていないですが、1stトレーラーが公開されています。

『BIOHAZARD 6』 1st Trailer

トレーラーを見る限りでは、グラフィックのレベルもこれまでのシリーズの中では最高レベルである他、映画のように練りこまれたストーリーや派手なアクション、盛り上げる音楽など、否応なく期待される高いレベルを感じさせる内容となっています。

キャラクターとしては、レオンやクリスなどのシリーズおなじみのキャラクターが登場する他、新しいキャラクターも何人かでてきているようです。

2012年度発売のゲームの中で、最も期待の高まる一作となるのではないかと思います。

また、発売はかなり先ですが、Amazonでも予約が可能になっています。

スクリーンショット

ホーム > ゲーム > XBOX360

フィード

ページの上部に戻る