ホーム > ゲーム > レビュー

レビューのアーカイブ

ドラッグオブドラグーン3の評価

ドラッグオブドラグーン3 評価

PS3で発売されたスクウェア・エニックスのアクションゲーム「ドラッグオブドラグーン3」のプレイをしたので感想を書こうと思います。

Amazonなどのレビューを見ると軒並み低評価ですが、実際にプレイしてしてみた感想としては、大体同じようなかんじです。

決してクソゲーっていうこともないんですが、なんだか普通で、ゲームが、プレイしていて平坦なかんじなのです。

グラフィックはそこそこ綺麗で、マップを進んでいき、現れた敵をアクションで倒していく。
感覚的には、現れる敵こそ少なめですが、無双ゲーに近いようなイメージです。

で、ストーリーを進めながら武器を強化していき、ミッションなども進めていくという。

ストーリーはこのシリーズの特徴として、ダークな世界観ではあるのですが、3の特徴としては、会話に下ネタが多いということです。
荒廃した性とでもいうのでしょうか、そういうかんじです。

でまあ、ゲームをしていて個人的にはそれなりに楽しめるのでクソゲーっていうほどともないのですが、何かこう、ゲームに強く引き込まれるものがないんですよね。
全て予想の範囲内で、ただ淡々と敵を倒していくだけで作業感だけがあるというか、、。

このゲームの最初の作品のドラッグオブドラグーンが評価されていたのは、その限りなく鬱な世界観とストーリー性だったと思うのですが、本作ではその部分もそこまで引き込まれるようなかんじではないです。

個人的評価:★★★☆☆ 3/5

クソゲーってこともないですが、あえて買ってプレイするまではないかなというかんじでした。

ピクミン3 プレイ 評価/感想/レビュー

ピクミン3 レビュー

ピクミン3をプレイしてストーリーモードをクリアしたので、感想を書こうと思います。

ピクミン3は初プレイなのですが、感想としては、間違い無く良ゲーの部類に入るゲームでした。

良かった点

・ グラフィックがかなり綺麗。
・ ピクミンがかわいい。
・ 丁寧な作り。
・ 宮本氏特有の、謎解きの達成感の面白さ。

マイナス点

・ ストーリーモードはややボリュームが少ない

総合評価:★★★★★ 5/5
丁寧な作りで安心して遊べる良ゲーです。
確かにストーリーモードのみだとややボリュームは少なめですが、密度が濃くて楽しめました。

しかし、Amazonのレビューでけっこうネガキャンが目立ったのですが、これだけのゲームがネガキャンされ、かつ売れないようであれば、WiiUのみでなくPS4やXBOX Oneも含めて据え置き機のゲームの未来ははっきりいって暗いと思いました、、。
(HD画質対応のために開発費高騰→画質の良さはゲームの評価や売上にあまり関係ない→儲からないのでゲームメーカーは据え置き機から撤退、スマホやDSのゲームばかりに)

iPhoneアプリ「幻想クロニクル」プレイ 評価/感想/レビュー

幻想クロニクル

幻想クロニクル

iPhoneアプリの「幻想クロニクル」をプレイしたので、レビューを書こうと思います。

まず、このゲームですが、iPhone、iPad、iPod touchでプレイ可能なRPGのゲームです。
App Storeのレビューが軒並み高いのと、セール中で価格が350円なので思わず購入してしまいました。

プレイした感想ですが、iPhoneのRPGの中では、トップレベルで良い出来なゲームであることはほぼ間違いないと思います。
オーソドックスな、昔のスーパーファミコン時代のゲームを彷彿とさせるゲームです。

ゲームのつくりこみとしても、なかなか作り込まれていて、守護獣というシステムや、武器を強化して成長させていくシステムや、クエストも豊富なので、なかなかやり込めます。仲間との連携技などもあったりします。

クリアまでの時間は、12時間くらいでしたが、クリア後の要素もあるので、トータルで考えると結構長いです。
そのため、良く言えば長く楽しめますが、逆に、人によってはやや長く感じるかもしれません。

イラストも綺麗ですし、ストーリーや音楽もなかなか良く、全体的に高いレベルでまとまっています。
RPGが好きな人にはおすすめできるゲームです。

評価:★★★★★ 5/5
昔風のオーソドックスなRPGです。
iPhoneのRPGの中ではかなり高いレベルだと思います。RPG好きな方ならおすすめできます。

ダウンロードはこちらから
幻想クロニクル - Kotobuki Solution Co., Ltd.

iPhone/iPadゲームアプリ「Shadow Era」プレイ評価/感想/レビュー

ゲームプレイ中の画面

iPhone/iPadでのアプリ「Shadow Era」をプレイしたので、レビューを書きたいと思います。

まず、この「Shadow Era」というゲームですが、iPhone/iPadでプレイ可能な、TCG(トレーディングカードゲーム)です。
ゲーム自体は無料でプレイし、カードも全部集めることができるのですが、無料の場合は、すべてのカードを集めようと思うとけっこう大変なので、課金をすることで効率よくカードが集められるようになっています。(1000円も投入すれば、現時点ではおおよそほしいカードは集まるくらいです)

有料で購入可能なパック

有料で購入可能なパック。100円くらいの課金で、15枚入りのブースターパックを買うことができるイメージです。

カード購入画面

ゲーム内で手に入る通貨を使うことで、課金なしでもすべてのカードをそろえることは可能です。でもお金は少しずつしかたまらないので、課金なしで集めようとすると結構大変です、、。

TCGゲームとしては、「デュエルマスターズ」にけっこう近いようなイメージです。雰囲気的には、Magic the Gatheringっぽいかんじですが。

シングルモードには特にストーリーのようなものはなく、コンピューターと対戦してお金をためては、カードをそろえる、、というシンプルなものですが、オンライン対戦モードもあって、今のところ人が多いので、すぐに人と対戦することができます。さらにはオンライン対戦モードにはランキングがあって、勝つことでランキングがあがり、負けると下がります。この仕組みで、同じくらいのレベルの人が自動でマッチングされるようになっています。

オススメカードの紹介

さてさて、ここからはちょっとやりこんでしまったので、おすすめのカードの紹介とかをしたいと思います。

おすすめのHEROカード

Eladwen Frostmire

Eladwen Frostmire

3コストで、対象のAlly(敵クリーチャー)に4点のダメージを与えることができます。コストもけっこう安く、効果もかなり便利なので、非常に強力な上に、タイプがヒューマンメイジなので、デッキに入れることができる生物、スペルともに強力です。

高いレーティングの中では、非常な人気を誇っていて、上位はほとんどがこのHEROでしたw

おすすめのスペルカード

Sandra Trueblade

場にでたときに、敵のresource(資源)を破壊することができます。

連続して出そうものなら、相手は高コストのスペルに手が届かず、しかもそのまま攻撃できるので一気に攻勢をかけることができます(先行をとって、このカードを3枚くらい連打したら、ほとんどク○ゲーといううわさも、、)

Portal

Portal

場に出すと、自分の生物が、出たターンに攻撃をすることができるようになります。通常は出たターンには攻撃することができず、出した次のターンに相手の生物に攻撃してやられてしまったり、呪文やHERO能力で倒されてしまうことが多いので、出すことでゲームの展開がかなり有利になります。

Research

Research

毎ターンカードを引くことができるようになります。ゲームが長引いた場合に相手と大きく差をつけることができます。

Aeon Stormcaller

Aeon Stormcaller

ライフが8あり、このゲームの中ではかなり倒されにくいサイズに入ります。その上、こいつがでると、相手の生物は、こいつにしか攻撃できなくなります。コストは高いですが、制圧力があって強いです。

…と、まだまだありますが、長くなるのでこの辺にしておきます^^;

今後もカードが増えたりするらしいので、それが個人的に楽しみだったりしています。

iPhone/iPadのアプリですが、PC用もあるそうで、サイトにアクセスしてログインしたら、PCでもプレイ可能だそうです。(データはサーバのほうで持っているので)

管理人的評価:★★★★★ 5/5 (非常におすすめ)
1日くらいやりこめば、ほとんどやりつくす感はありますが、ひさびさに熱中してしまいました。
カードを集めたり、いろいろなデッキを組むのが楽しいです。
TCGが好きな人にはおすすめです。
無料ですが、少し課金をするくらいの気持ちでいたほうが、ストレスなく遊べると思います。

iTunesのレビュー/ダウンロードはこちらから(ダウンロードは無料です)
https://itunes.apple.com/jp/app/shadow-era/id412380301?mt=8

PC用のサイトの「Shadow Era」はこちら
https://www.shadowera.com/

Wiiソフト「ラストストーリー」プレイ感想/レビュー

ラストストーリー

Wiiで発売された「ラストストーリー」をプレイしたので、感想や個人的な評価を書きたいと思います。
(まだ最後までプレイしているわけではないですが、10時間ほどプレイした感想です。)

まずこの「ラストストーリー」というゲームですが、FFの生みの親である坂口博信氏や植松伸夫氏などのメンバーが中心となって制作されたことで話題を呼んでいる、Wiiでの大作RPGです。

ここまでプレイした感想としては、とにかく非常に丁寧に作られている、良質の、安心してプレイできるRPGであるということです。

■グラフィック
★★★★★ 5/5

まず、グラフィックに関してですが、大画面でプレイしたときにPS3のものと比べると若干荒いかんじはしますが、それでもWii最高のグラフィックといわれているだけあって、とてもきれいです。
よく、Wiiのオリジナルの大作RPGである「ゼノブレイド」と比較されますが、(ゼノブレイドもプレイしたのですが)、ラストストーリーのほうがだいぶきれいにかんじます。
1つ1つのマップが細部まで丁寧につくりこまれている印象です。

■ 音楽
★★★★★ 5/5

次に、音楽はFFシリーズでおなじみの植松伸夫氏が手がけているのですが、こちらも非常に良いです。
私は特典のサウンドトラック付きのものを購入したのですが、こちらのサウンドトラックも非常に良かったです。
個人的には、特に戦闘の音楽がお気に入りです。

■ ストーリー
★★★★☆ 4/5

ストーリーに関しては、(いわゆるよくあるような)王道的なストーリーではあるのですが、楽しめます。
キャラクターも個性的で魅力的なキャラクターが登場してきてよいかんじです。ストーリーの随所にムービーがありますが、ムービーも早送りにできたり、細部まで気配りがされていることをかんじます。
キャラクターが戦闘中や移動中にもよくしゃべるのが楽しいです。

■ バトル
★★★★☆ 4/5

バトルに関してですが、序盤のほうはあまりにもさくさく進みすぎて、簡単すぎないかと思ったのですが(ごりおしでどうにかなってしまう感)、物語が進むにつれて、敵が強くなったり出来ることが増えてきて、戦闘に深みがでてきます。敵によって武器を持ち替えたり、魔法サークルを有効に活用したり、戦略的な要素もあって楽しいです。スピード感のある戦闘です。
ただ、若干乱戦になってもごり押しでどうにかなってしまう感はありますね。。

まだ最後まではプレイしていないのですが、この先の展開が楽しみです。
オンライン対戦もまだやっていないので、その辺りもプレイしたら、また追記をしようと思います。

お勧め度:★★★★★ 5/5
細部まで丁寧に、良く作り込まれている良質の大作RPGというかんじです。
これまででWiiでプレイしたRPGの中では一番良いです。おすすめです。

iPhoneアプリ「イノティア戦記3~カーニアの子供たち~」プレイ 感想/レビュー

イノティア戦記3


iPhoneアプリ「イノティア戦記3~カーニアの子供たち~」をプレイしたので、感想を書きます。

さて、いきなりで何なのですが、イノティア戦記はイノティア戦記です。前作の「イノティア戦記2」と大きく変わった点はありません。

キャラクターのデザインが2頭身になってかわいらしくなったことなどは最初は違和感を感じるかもしれませんが、プレイしているうちに慣れて気にならなくなります。

ゲームとしては、クエストなどをこなしながら、ストーリーを進めていくアクションRPGです。
主人公のクラスやスキルの配分などによって、自分好みのキャラクターを育てていくことが出来る楽しさがあります。

若干作業的ではありますが、丁寧に作られていて、安心してプレイできる面白さがあります。
前作をプレイした方なら、細かい変更点はいくつかあるものの、前作と同じ雰囲気で安心して遊ぶことができるでしょう。

似たようなゲームとしては、MMORPG「Red Stone」に近いようなかんじです。
(Red Stoneが、MMOではなくなったかんじ)

おすすめ度:★★★★☆ 4/5
RPGが好きな方や、前作のファンにはおすすめです。
大きく進化した点などはあまり観られないですが、値段の分だけは十分楽しめると思います。

ダウンロードはこちらから
イノティア戦記3~カーニアの子供たち~ - Com2uS Inc.

DSソフト「二ノ国 漆黒の魔導士」プレイ 感想/レビュー

二ノ国

Nintendo DSソフト「二ノ国 漆黒の魔導士」をプレイしたので、感想を書きたいと思います。

まず、このソフトですが、レベル5が、スタジオジブリとタッグを組み、アニメーションはスタジオジブリ、音楽は久石譲という、なんとも豪華なタッグで制作されてています。

それと、なんとも斬新(というか業界初)なのは、購入するときに「マジックマスター」というなかなかの大きさの本が同梱されており、ゲームを進めるのに必要な情報や呪文がここに書いてあることです。

このため、ゲームを進めるときは、常にこのマジックマスターという本を近くに置いて、必要なときに取り出しながら、呪文をソフト上にタッチペンで描いたりしながら進めていくことになります。

このゲーム、ここまで説明した時点で、非常に意欲作であることはいうまでもありません。
今成長しているレベル5ならではの意欲的な作品であるといえるでしょう。

さて、数時間プレイしてみて感じたことは、非常にレベル5らしい作品であるということです。僕がこのゲームをプレイしてみてかんじたことは、ジブリっぽさではなく、むしろレベル5っぽさでした。
具体的にいうと、レイトン教授シリーズと、ゲームをプレイしていて感じる雰囲気が非常に似ています

タッチペンで操作をすることを前提に操作設計がされていたり、至るところで謎解きのようなチャレンジがあったり。それこそマジックマスター本を引っ張って解読しながら進めるかんじです。
ゲームの雰囲気としては、レイトン教授+ドラゴンクエストというかんじに近いです。

ですので、レイトン教授シリーズが好きな人には楽しめるソフトかと思います。
また、正直しょっちゅう本を開くのは多少煩わしさを感じる部分もあるのですが、そういったところを楽しめるかどうかでしょう。

個人的にこのゲームをプレイして残念だったのは、戦闘のつまらなさです、、。
特に、イマージェンというモンスターを仲間にして育てていくのですが、今ひとつ、このイマージェンが、どうにも育てたくなるような魅力的なキャラクターが少ないのです。ポケモンやドラクエに比べ、デザインがジブリなのが悪いのかどうかは分かりませんが、あまりぐっとくるようなイマージェンがいません、、。
また、なつき度というシステムがあって、かわいがればかわいがるほどイマージェンがよく成長するみたいなのですが、イマージェンが増えてくると、この作業感にも煩わしさをかんじてきます、、。
そして戦闘にも、今ひとつ緊迫感がないというか、難しく考えることなくさくさくと進めてしまいます。

ストーリーやアニメーション、音楽は文句無しに力が入っていて良い作品ですし、世界観はすばらしいものがあるので、ゲームとしてやり込もうと思わずに、ストーリーや世界観を楽しんで、映画を見るようなイメージであまり回り道をせずにさくさくと進める方が、楽しめるかもしれません。

管理人的評価: ★★★☆☆ 3/5
世界観や音楽、映画作品としては良い出来。
ジブリファンというよりも、レイトンシリーズが好きな人にはお勧め。
合う人と合わない人がいる、ユーザを選ぶゲームだと感じました。

ホーム > ゲーム > レビュー

フィード

ページの上部に戻る