ホーム > PS3 | ゲーム > メタルギアライジング

メタルギアライジングのアーカイブ

メタルギアライジングプレイ評価/感想/レビュー(クリア済み)

メタルギアライジングレビュー

メタルギアライジングをノーマルモードをクリアしたので、感想を書こうと思います。
(メタルギアシリーズとしては、4のみクリア済みです。)

感想としては、普通に面白かったです。

まず、似たようなジャンルのゲームとして、最近プレイしたのが「バイオハザード6」「DMC デビルメイクライ」とこの「メタルギアライジング」なのですが、その3作の中では、明らかに一番メタルギアライジングが面白かったです。

個人的にはバイオハザード6が「凡作」、DMC デビルメイクライが「佳作」だとすれば、このメタルギアライジングは「秀作」というかんじがしました。
(ただ、「傑作」までいっているかというと、そこまでは至っていないような気がしますが)

まず、メタルギアライジングのどの点が優れているのかというと、まずは映画的な演出です。

個人的には、映画的な路線を重視したゲームというのはあまり好きではないのですが、唯一といってもいい映画的な作風がいいと思える作品がメタルギアシリーズです。 何故かというと言葉で説明するのが難しいのですが、一言でいえば「センス」です。

メタルギアライジングでも、メタルギア4ほどのストーリーの重厚さはないですが、それども小島監督ゲームらしい演出がゲームの随所に光ります。
随所に挿入されるムービーが見ていて引きこまれます。アクションシーンもただ激しいだけでなく、とても色気があってかっこいいです。

また、アクションゲームとしての面白さも感じました。
最初は操作になれずとっつきにくくかんじたのですが、やりこめばやりこむほど斬撃の爽快感や面白さが増してきました。
自分自身のプレイスキルも序盤に比べて終盤になると上がってきて様々なアクションができるようになってきたり、敵を素早く撃破できるようになって楽しくなってきます。
また、激しいアクションだけでなく、途中では従来のメタルギアシリーズのようなステルス的な要素もあります。

また、武器も途中で種類が増えてきたり、スキルも1周目ではコンプリートできないので、クリアすると2周目をプレイしてみたいという気持ちになります。

また、良い点だけではなく、マイナス面だと思う点も上げておきます。

それは、ラストのストーリーの失速気味です。途中にでてくる宿敵の「サムエル」なんかは非常によいキャラだったのですが、実質的なラスボスのキャラクターがあまりにも感情移入できずに魅力のないキャラクターだったので、どうも最後が今ひとつ盛り上がりませんでした。(最後が今ひとつ落としきれていないというように感じました。)

また、難易度は従来のメタルギアシリーズに比べると、特にボス戦が難しいので、アクションが苦手な人にとってはストレスを感じる部分はあるかもしれません。

ただ、総合的に見ても、最近でたアクションゲームの中では非常に良い出来だと思うので、メタルギアシリーズのファンの人もそうでない人も、プレイしてみる価値はあると思います。

総合評価:★★★★★ 5/5
ややマイナス面も感じましたが、それでも十分良作なゲームだと思いました。
ここ最近プレイしたアクションゲームの中では一番です。

【メタルギアライジング】「メタルギア・エクセルサス」戦攻略

メタルギアライジングで、「メタルギア・エクセルサス」戦の攻略です。

第一形態

あまりにも巨大すぎるロボットのような敵なので、どうしたら良いのかと思いますが、第一形態では、相手の繰り出す攻撃アームでの攻撃「すべて」がシノギでガードできます。

そのため、基本的にはすべて「シノギ」でガードしつつ、アームに攻撃を加えてダメージを与えていきます。

ある程度ダメージを与えると斬撃モードのチャンスになるので、次のモードへ移行します。

第二形態

ここで一旦チェックポイントになります。
月光を2体呼んできますが、本体が発射する火炎放射で月光は勝手に自滅するので、火炎放射を避けることだけに専念しておけばいいです。
ライフが少ない場合は、火炎放射を回避した直後に月光を斬撃モードで攻撃することで、斬奪でライフを回復できます。

火炎放射を3回ほどやりすごすと、第一形態と同じ行動パターンに移行するので、あとはシノギでしのぎつつダメージを与えていけば、斬撃モードのチャンスになるので、勝利です。
(その後は、画面表示にしたがってコマンドを入力していけばいいです。)

【メタルギアライジング】「サムエル」戦攻略

メタルギアライジングで、今回の雷電の宿敵ともいえるボス「サムエル」の攻略です。

第一段階(刀モード)

相手が構えているところを攻撃しても回避されて攻撃がなかなかヒットしません。

基本的には「シノギ」で攻撃を防ぎながら、ある程度攻撃してダメージを与えてからシノギをすると斬撃のチャンスができるので、斬撃モードで刀を持った手に斬撃くわえます。(攻撃するポイントはマークがでます。)

すると、刀をはじきとばすことができて、素手モードに移行します。

第二段階(素手モード)

刀がなくなって素手モードになりますが、基本は同じです。
とにかくシノギで攻撃を防ぎながら、攻撃を少しずつ当てていきます。

ただし、刀モードの時に比べると隙が少なく攻撃があてにくくなっていますが、攻撃のパターンは比較的単純なので、しのぎつつ隙を見て攻撃をいれていきます。

ダメージをある程度入れると刀を拾って、再度刀モードへ移行します。

第三段階(刀モード)

最後の刀モードはまた最初と同じです。シノギで攻撃をシノギつつ、隙を見て攻撃を入れていきます。

ダメージをある程度与えると勝利です。

【メタルギアライジング】サンダウナー攻略

メタルギアライジングで、ボス「サンダウナー」の攻略です。

サンダウナーは、盾で守られた第一形態と、盾がなくなった第二形態があります。

サンダウナーの第一形態(盾がある状態)

まず最初の携帯では、サンダウナーの盾を破壊することのみを目標とします。
(飛行機が狙撃してくるのがうっとおしいので手持ちに携行ミサイルがあれば撃ち落としてもいいですが、しばらく時間がたつとまた復活します。)

サンダウナーの盾を破壊するには、サンダウナーを盾で構えた状態を作り出す必要があります。

サンダウナーが盾を構えるには、何もしなくても盾で構えて防御の体制に入る場合もあるのですが、それ以外にもサンダウナーの攻撃を「シノギ」を成功させることで、サンダウナーは盾で防御の体制に入りますので、どちらでもいいです。(サンダウナーの攻撃をシノギを成功すると、サンダウナーの体制が崩れて「残」という斬撃のチャンスのマークがでますが、素早くサンダウナーは盾で防御の構えを取ります)

ここで普通に盾に攻撃をすると、爆発に巻き込まれてしまいます。
しかし、盾で防御をした状態で斬撃モードに入ると、盾に攻撃するラインを示す光の筋がでます。
ここに斬撃のラインを左スティックと右スティックで調整して斬撃を入れると、サンダウナーの盾での防御がはじかれた状態になります。

引き続き斬撃モードの状態を続けると、この状態でサンダウナーの盾と体を繋ぐ棒に斬撃を加える事で、棒を破壊して盾を分離させることができます。

一度で2個まで盾と体をつなぐ棒は破壊できますが、合計6個あるので、6個全て破壊すると盾が全てなくなった状態になり、一旦チェックポイントになります。(ここまでくるとゲームオーバーになっても盾を破壊した状態からやり直しになります)

サンダウナーの第二形態(盾がない状態)

サンダウナーの第二形態は、普通にバトルになります。

まずはサンダウナーの攻撃を「シノギ」をしたり、ダッシュでかわしたりしながら隙を見て攻撃を入れていきます。
(サンダウナーのしてくるオレンジ色の剣閃のような攻撃はシノギができないので要注意です。)

ある程度ダメージを加えるとサンダウナーが外に飛び移り、柱を折って手に持った状態で戻ってきます。

このときに、雑魚があわせて2~3体出現しますが、これはかなり雑魚なので、逆にすばやく斬奪をして体力回復をするチャンスです。

柱を振り回して攻撃するのはリーチがかなり広く速い攻撃なので危険ですが、水平方向の攻撃なので攻撃後にすかさず近寄ってジャンプすることで回避することができます。(うまく回避すると攻撃を入れるチャンスです。)

ある程度サンダウナーにダメージを加えると、サンダウナーがビルの屋上からヘリに逃げ、イベントに移行します。

【メタルギアライジング】リッパーモードについて

メタルギアライジングで、モンスーン戦の後雷電が使えるようになるリッパーモードについてです。

リッパーモードの使い方

エネルギーゲージが満タンのとき、L3とR3(左スティックと右スティック)を同時押しで、斬ることを楽しむ自分を開放するリッパーモードが使えます。

リッパーモードの効果

リッパーモードを発動すると、斬撃モードで切断していた敵を弱攻撃や強攻撃でも切断できるようになります。

発動中はFCゲージを消費し続けます。

FCゲージが空になるか、もう一度L3とR3(左スティックと右スティック)をを同時押しで元の雷電に戻ります。

リッパーモード中は攻撃力も飛躍的の上昇するため、敵の特殊装甲を簡単に破壊して切断可能な状態にできます。

【メタルギアライジング】モンスーン戦攻略

メタルギアライジングで、中盤の山場?ともいえるボスのモンスーン戦の攻略です。

けっこうやっかいなボスで最初は何回かやられるからもしれませんが、行動パターンさえ把握すれば決して倒せないボスではないです。

まず、ボス戦が始まってから最初のうちでやっかいな行動が、煙で周りを見えなくしての連続攻撃です。

ここはとにかく相手の攻撃を「シノギ(相手の攻撃タイミングに合わせて相手方向に左スティック+□)」でしのぎます。攻撃の予兆はしっかりとわかるので、タイミングよくシノギをすれば全部しのげると思います。

あと、厄介な行動が、ジャンプしてから押し倒してきての連続切りつけ攻撃です。
ここは、押し倒してきた直後に左スティックを動かす表示が出ると思うので、素早く反応して左スティックをガチャガチャすれば問題無く脱出できるはずです。(タイミングが遅れるとダメージをくらってしまいます)

その他の攻撃はダッシュやシノギでうまく回避していけばいいです。

この最初の状態では、モンスーンは攻撃した後(特にジャンプ攻撃をして着地した後等)にときどき隙ができるので、そこを集中して攻撃していきます。

ある程度ダメージを与えるとモンスーンが建物の上に飛び上がって、飛行機や車を投げつけてきます。
これは斬撃モードで切っていけば問題なくノーダメージできり抜けられると思います。
(また、車や飛行機を破壊すると回復アイテムなどが落ちていて入手できるので、入手しておきましょう。)

その次のモードで、モンスーンが紫色のオーラに包まれる状態になります。
この状態では、モンスーンに普通に攻撃をしても分裂してダメージを与えることができないので、厄介です。

ここではとにかく、モンスーンの本体に近づいて相手の攻撃を「シノギ」で凌ぐことです。
シノギに成功すると、斬撃モードのチャンスができるので、相手の頭部を正確に斬撃で攻撃します。(頭部以外に斬撃を放ってもダメージを与えられません。)
また、紫色の時には電磁グレネードを投げつけると、気絶状態にすることができるので、頭部を斬撃で攻撃することでもいいです。
また、通常の攻撃をし続けていても、頭部にさせることも可能です。(回避される確率も高いですが、、)

頭部への斬撃に成功すると、モンスーンの頭が吹き飛んで転がった状態になるので、転がった頭を斬撃モードで集中攻撃するといいです。

これを繰り返してある程度ダメージを与えると、再びモンスーンが建物の上に飛び上がって、今度は岩を転がしてきます。これはダッシュで問題なくかわせますが、連続して何度も転がしてくるので注意です。

それが終わると地上に降りてきますが、紫色のオーラがない状態では、普通にダメージを与えることができますので、モンスーンの攻撃の隙を見て攻撃をしていきます。紫色のオーラをまとうと「シノギ」で攻撃をしのいて攻撃のチャンスを作ることです。

あとは、この繰り返しでモンスーンを撃破できると思います。

慣れてきてシノギがうまくいくようになってくると、戦闘の途中で回復アイテムを入手できるので、それで十分に倒せるまでライフが持つと思います。

また、何回やっても厳しいと思った場合は難易度をイージーモードに下げると楽になると思います。

【メタルギアライジング攻略】「月光」の倒し方のコツ

メタルギアライジングで、「月光」の倒し方のコツについてです。

「月光」はメタルギアシリーズでおなじみの敵ですが、本作のメタルギアライジングでも度々登場します。

「月光」の攻撃パターンとしては、その長い足でキックをしてきたり、体当たり、ジャンプ攻撃をしてきたりします。

ただ、してくる攻撃は直接体を使った攻撃だけで、銃などで遠隔攻撃はしてきません。

そのため、楽に倒すポイントとしては、「シノギ」をうまく決めることが1つポイントです。
※「シノギ」の方法は、敵の攻撃のタイミングにあわせて敵の攻撃方向に左スティックを倒して□ボタンです。

体当たりについては、足で地面をかくような予備動作があるのでわかります。体当たりを「シノギ」でしのぐと△の連打になるので、ここで競り勝つと一撃で月光を倒すことができます。

また、蹴りについても同様にシノギでしのぐことができ、うまくシノギを決めると攻撃のチャンスがあります。

月光への攻撃のチャンスがうまれると、画面上に「○」や「○△」など、ボタンを押す表示がでるので、そのボタンをタイミングよく押すことで月光を斬撃で一撃で倒すことができます。

また、シノギなどを決めて斬撃のチャンスができると「斬」というマークが月光に出る場合があるので、その場合、残のマークが出ている箇所に斬撃モードで攻撃をすることでバラバラにすることができます。(斬撃モードで本体を倒すと、「斬奪」でライフ回復のチャンスもあります)

まともにやりあってもいいのですが、特に私のようなアクションの下手なプレイヤーはけっこう反撃をくらってしまうので、シノギを使うことで楽に倒せると思います。

【メタルギアライジング】「シノギ」の方法(タイミングやコツ)

メタルギアライジングで、重要なアクションが「シノギ」です。

シノギとは、敵の攻撃に向かって左スティックを1回倒し、タイミングよく□ボタンを押すことで、雷電の高周波ブレードで受け止め、凌ぐことができます。

シノギを成功させると、相手に大きな隙ができて反撃が容易になります。
シノギを成功させると敵がふらついて隙がでいるので、斬撃モード(L1長押し)などでいっきに攻撃をするチャンスです。

また、敵の攻撃によってはシノギができないものもあります。

メタルギアライジングでは特にボス戦などの強力な敵とのバトルではシノギをうまくすることでしか攻撃のチャンスをつくれないバトルもあるので、シノギを使いこなすことはとても重要です。

シノギをうまくできるようになるコツについては、できるだけ攻撃をぎりぎりまでひきつけてシノギをすることです。
(タイミングは、実戦でシノギを使って練習していくことが必要ではないかと思います。)

また、シノギを決めたい敵の行動をよく観察して、攻撃パターンを把握することもポイントです。

【メタルギアライジング】武器、兵器などのアイテムの装備変更、使い方

メタルギアライジングで、入手した武器や兵器の使い方についてです。

メタルギアライジングでは、十字キーの左か右を押すことで、装備変更のメニューを開くことができます。

メニューの中で、左から回復アイテム(RECOVERY)、サブウェポン(中央)、メインウェポン(右端)をそれぞれ変更することができます。

ランチャーや手榴弾などのサブウェポンは、装備した後、「L2」で構えて右スティックで照準を変更し、R1で使用(発射)することができます。

十字キーの左か右のボタンで装備のメニューを開くことができ、変更できる

十字キーの左か右のボタンで装備のメニューを開くことができ、変更できる

「メタルギアライジング リベンジェンス」体験版をクリアしたので感想など

メタルギアライジング体験版 レビュー

PS3で、メタルギアライジングの体験版をプレイしたので、感想を書いて見ます。
(ちなみに自分はメタルギアシリーズは4のみプレイしたことがあるといったレベルのユーザです^^;)

まず、本作について体験版をプレイした感想として、これまでのメタルギアシリーズと大きく違うと思った点をあげてみます。

1.主人公が雷電である
これはいわずもがな。雷電が完全にゲームの主人公です。

2.「斬撃」が攻撃のメインである
メタルギアシリーズといえば、これまでは「CQC」とよばれる体術や、銃撃や兵器が攻撃のメインでしたが、本作では、雷電の「斬撃」が攻撃の主力兵器となっています。(ランチャーや手榴弾などもありましたが、それらはサブウェポンで、メインウェポンは斬撃です。)
これにより、特にボス戦では「アクション性」がこれまでよりも、より高くなっているように感じました。

3.あらゆるオブジェクトを斬撃で破壊できる
これまでのシリーズでも破壊できるオブジェクトは破壊できましたが、本作では雷電の斬撃により、「え、これまで破壊できるの?」というくらい、フィールド上にある様々なオブジェクトを破壊することができます。
フィールド上にある木や箱はもちろん、場合によっては橋なども破壊してしまうことができます。
体験版ではフィールドが限られていましたが、本作ではこれによってどのような事が起こるのかが気になるところです。

これらの特徴により、メタルギアシリーズの特徴である「隠密行動」や映画のようなゲームの雰囲気はそのままに、独特のゲーム感ができていると思います。

体験版をプレイしたかんじでは、これまでのメタルギアシリーズとは一味違ったアクション性やスピード感などを感じることができ、本作の発売が楽しみだと思いました。

あと、体験版をプレイしていたところ、最後のボス敵(AIで動く犬?のようなボス)がやたらと強くて難しかったのですが、これは、L3+□ボタンを相手の攻撃のタイミングに合わせることで相手の攻撃をはじいて攻撃するチャンスを作り出す(しのぎ)ことができます。
これさえうまくできれば、それほど苦労せずクリアできました。(逆にこれがわからないと人によってはなかなか苦労すると思います)

ホーム > PS3 | ゲーム > メタルギアライジング

フィード

ページの上部に戻る