ホーム > IT関係 > Laravelのバージョンを確認する

Laravelのバージョンを確認する

Laravelのバージョンについては、コマンドラインで以下のコマンドで確認することができます。

php artisan –version

ただ、このコマンドをコマンドラインで使用したところ、以下のエラーが出ました。

Could not open input file: artisan

調べてみたところ、このエラーが出る理由としては、Laravelのプロジェクトフォルダに移動していないと駄目ということのようです。

Laravelで作成したプロジェクトのフォルダへ移動してコマンドを実行してみたところ問題なくバージョンが確認できました。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9544
トラックバックの送信元リスト
Laravelのバージョンを確認する - ITblog より

ホーム > IT関係 > Laravelのバージョンを確認する

フィード
リンク集

ページの上部に戻る