ホーム > 技術系 > B木とB+木の違い

B木とB+木の違い

情報処理技術者試験の勉強をしていたら「B+木インデックス」というのが出てきていて、調べていたところ「B木」との違いがよくわからなかったので、メモ。

そもそもB木とは

自分的な解釈。
基本的に、データの検索性を高めるための多分木の木構造でのデータ格納方法。

B木とB+木の違いとは

B+木にはB木と違い以下のような要素があるようです。

・データ格納先のアドレスを末端の葉(リーフ)のみに格納する
・リーフ(葉)とリーフ(葉)を結ぶポインタを設ける

B+木
↑B+木の図

逆に言うと、通常のB木はノード(節点)にもデータが格納され、葉と葉と結ぶポインタはないということですね。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9538
トラックバックの送信元リスト
B木とB+木の違い - ITblog より

ホーム > 技術系 > B木とB+木の違い

フィード
リンク集

ページの上部に戻る