ホーム > Xcode | 技術系 > Xcode+Swiftでじゃんけんアプリを作ってみた

Xcode+Swiftでじゃんけんアプリを作ってみた

最近勉強もかねて、簡単なiOSアプリを作ってみています。

今日は、練習も兼ねて簡単なじゃんけんアプリを作ってみました。

言語はSwiftでOSはiOS8.4、Xcodeのバージョンは7のベータ版です。

じゃんけんアプリの仕様

・相手のジャンケンの画像が表示されている
・相手が何の手を出した、勝ったか負けたか説明のテキストが表示される。
・こちらがジャンケンでどの手を出すかのボタンが3つ置いてあり、ボタンを押すとジャンケンが実行
・相手のジャンケンの画像が表示され、勝ったか負けたか、あいこかが表示される

アプリ作成の手順

1・Xcodeで新しいプロジェクトを作成して「Single View」で作成をする。

2・Storyboardへの配置

Storyboardに、こちらが出すグー、チョキ、パーに対応するボタンをそれぞれ画面に配置する。
相手の手を表す画像を設置するため、「UIImageview」を画面に配置する。
説明のテキストを表示するため「Label」を中央に設置する。
これらのオブジェクトをauto layoutを使って表示位置を調整する。

3・画像のアップロードと設置

グー、チョキ、パーを表す画像を表示するため、画像をそれぞれ準備してプロジェクトフォルダにアップロードする。
アップロードはドラッグ&ドロップでも行えるが、画面左下の「+」ボタンから「Add files to ~~」からアップロードしてもよい。

それぞれのジャンケンのボタンを画像化するため、ボタンのプロパティから画像を選択する。
※ 画像を選ぶと右側のプロパティ画面に画像を選ぶところがある。

相手の手を表すUIImageViewに画像を設定する。
※ 同様に右側のプロパティ画面から設置する。

4・じゃんけん処理コードの記述

Story Boadに設置したそれぞれのオブジェクトをViewControllerのコードにCtrlを押しながらドラッグしてOutlet接続を行います。

また、3種類のジャンケンボタンを右クリックすると表示されるメニューの「Touch Down」の右側にある◯をView Controllerにそれぞれドラッグしてボタンを押したときの関数を作成します。関数名は適当につけたらOKです。

以下は、私が作成した関数のサンプルです。

これで問題なければ実行できるはずです。

以下は、今回作成したアプリの画面キャプチャです。

ジャンケン画像1

ジャンケン画像2

ジャンケン画像3

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.itblog.jp/wp-trackback.php?p=9451
トラックバックの送信元リスト
Xcode+Swiftでじゃんけんアプリを作ってみた - ITblog より

ホーム > Xcode | 技術系 > Xcode+Swiftでじゃんけんアプリを作ってみた

フィード
リンク集

ページの上部に戻る